宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

RevPAR(Revenue Per Available Room)とは

RevPARとはRevenue per available roomの略で、販売可能な客室1室あたりの売上のことです。

ADRが客室売上を「販売した客室」で割った指標であるのに対して、RevPARは、同売上を「総客室数(Available Room)」で割った指標になります。客室価格や稼働率をもとに経営状態を解析するための指標です。

ホテルの経営状態を示す指標に、客室稼働率と平均客室単価があります。一般的に、この2つはトレードオフの関係(稼働率を上げるために料金を下げれば客室単価は下がる/客室単価を上げれば稼働率が下がる)にあることから、両方を高いレベルで維持することは、理想的ではあっても困難です。そこで、この2つの指標を掛け合わせて(客室稼働率×平均客室単価)算出する値「Rev PAR」がより重要視されるKPIとして知られるようになりました。Rev PARでは、実際に利用されずに損失となった客室を含めたホテルの一室当たりの売上げ高を把握することができるため、そのホテルの収益性がより高い精度で把握することができます。また、景気の変動や繁忙シーズンなどの需給バランス、インターネット予約の動向などで日単位で発生する一室料金の変動など、様々な要因で日々変化していく市場にも、REV PARの最大化を意識しておけば、客室稼働率や平均客単価の設定を調整することで対応が可能となるのです。

ホテルの経営状況を知りたい場合、ADRのみに着目するのは不十分です。なぜなら売れた客室の平均単価がいくら高くても、売れ残った客室数が多ければそれは良い運営状態とは呼べないからです。一方、RevPARは総客室数で割った数字になりますので売れ残った部屋が多いとその分低く算出されますので、施設全体として収益体制が整っているかどうかの判断に使うことが出来ます。RevPARを算出するにはADRx客室稼働率(売れた客室数/総客室数)からも計算することが出来ます。ちなみに業界専門紙などでADRやRevPARといった指標ランキングをチェックすることが出来ます。両方のランキング上位に名を連ねるホテルこそ、集客・収益率ともに優秀な人気施設であると言えます。当指標改善のためには、施設やブランドの付加価値向上も必要になってきます。そのためには、快適な客室空間を提供するための人員や、海外からの観光客に対応出来る高い語学力を持った人材も求められますが、ホスピタリティ産業分野においても近年では人材不足問題が深刻化しており、優秀な雇用確保も課題となっています。

算出方法は二通りあります。まずひとつは、売上に対する販売可能な客室数の割合がどのくらいかを算出するという方法です。もうひとつは、平均客室単価(ADR)に稼働率(OCC)を掛けて算出する方法です。 たとえば、客室数が50室、平均客室単価が5,000円、稼働率が80%、営業日数が90日とします。この場合、営業日数90日の売上は、「50室×5,000円×80%×90日=1,800万円」であることがわかります。 一つ目の方法で算出すると、1,800万円÷4,500室(50室×90日)=4,000円となります。二つ目の方法で算出すると、5,000円×80%=4,000円となります。どちらの計算方法を用いても、計算結果に差はありません。 RevPARは、宿泊業における最も大切な比率のひとつです。なぜなら、客室価格と稼働率を基準として計算するので、その施設の収益性を把握することができ、経営状況の把握や改善に役立ちます。ただし、この指標はあくまで客室1室あたりの指標であり、RevPARが高ければ収益が高いとは限りません。この指標が低くても客室数が多ければ総売上は大きくなります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる