宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

温泉とは

日本は火山が多い国で、世界の中でも温泉の数が多く、泉質や湧出量も豊富で、温度も高いことで知られています。

温泉とは、環境省の温泉法によると、地面から湧き出る温水が摂氏25度以上のもの、又は指定された物質が1つでも含まれた鉱水、水蒸気、そのほかのガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、温泉1Kgあたりのの含有量が規定を満たしていることが条件となっています。また、温泉の出る場所一帯を温泉と呼んだりもします。指定物質は、溶存物質(ガス性のものを除く)、遊離炭酸、リチウムイオン、ストロンチウムイオン、バリウムイオン、フエロまたはフエリイオン、第一マンガンイオン、水素イオン、臭素イオン、ヨウ素イオン、フッ素イオン、ヒドロひ酸イオン、メタ亜ひ酸、総硫黄、メタほう酸、メタけい酸、重炭酸ソーダ、ラドン、ラジウム塩とされています。温泉というと、温かい水が自然と湧き上がる場所を想像しますが、指定された物質が規定以上の量あれば、冷たい水でも温泉と認定されます。また、最近東京都の特別区でも温泉が見つかっていますが、人工的に採掘をして出た水で、上記の条件を満たし、温泉成分分析の登録分析機関に認められれば温泉として開発することが可能です。 日本人は昔から湯治などを行う習慣があり、病後の身体を休めたり、治療のために温泉地に向かいました。現在は身体をリラックスさせることとレジャーが結び付いて観光地化し、宿泊拠点となっています。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる