宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

ラットガードとは

ラット・ガードとは、船の勾留ロープにつけるネズミよけの金属板のことを言います。
勾留ロープを伝ってネズミが船の中へ侵入しないようにする円形、もしくは、円錐形、四角形のアルミなどで出来た板です。切れ目が一箇所入っていてそこにロープを挟めるように取り付け、ネズミ返しの要領で使います。風で飛んでいかないよう重石の付いているものも見かけます。長い時間を海上にいる船に、ネズミが入り込むと、航行中に必要な食料を食べられてしまったり、大事な貨物をかじられたりと問題が発生するからです。外航船には、検疫法でネズミや害虫の駆除が義務付けられていて、その証明書を持っていないと運航を止められたりすることもあります。昔の船には、ネズミ駆除のために猫を乗船させていたという話もあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる