宿泊・トラベル・レジャー用語辞典

外湯とは

外湯とは、地域住民や地域外から訪問してくる観光客が気軽に利用できる日帰りの入浴施設のことを指します。民間企業が運営していることもあれば、まちが運営していることもあります。また、まちの有志によって管理されている共同浴場もあります。以前は、宿泊施設に浴場がなかったため、宿泊客には外湯を利用してもらっていました。しかし、掘削技術の発達によって源泉から湯を引いてくることができるようになったため、浴場を併設した宿泊施設も誕生しました。内湯の誕生です。内湯が増えていくにつれ、外湯の衰退が目立ちましたが、兵庫県の城崎温泉や群馬県の草津温泉、長野県の野沢温泉など、多くの外湯が残り利用客でにぎわっている温泉地もあります。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる