旅館の仕事情報

旅館の料理長(調理)の仕事内容/給料(年収)

旅館には和食やイタリアン、中華といったさまざまな料理を提供している店舗があり、トップの人材として厨房を引っ張っている料理長が存在しています。いったいどのようにすれば旅館の料理長になれるのかや、仕事内容や給与面についても見ていきましょう。

この記事の見出し

旅館の料理長の仕事内容を教えて

旅館の料理長の仕事内容をざっくり言うと

旅館の料理長は和食料理店の場合は板長や板前と言われており、調理部門のレストランの厨房の最高責任者であり、円滑に業務を進めていくうえで重要な役割を果たしています。また料理長の仕事内容はさまざまで、従業員の育成や指導を行ったり季節ごとの新しいメニューを考えたりもします。その他にも料理で使用する調理器具の管理や食材の管理、店舗の売上の管理も行っており多くの業務を任されています。

そのため厨房内の中では人一倍忙しく動かなければならなく大変な一面もありますが、旅館に認められて採用された人物でなければ務めることのできない大切な仕事なのです。さらに自身の力を試すことのできる職でもあるので、料理の調理に関する仕事を極めたいという人には向いているやりがいのある仕事といえるでしょう。

また通常のレストランとの違いはほとんどなく、旅館のレストランや料理店の場合は店舗が独立している一般的なレストランと違って、旅館の施設内にあることが普通です。

勤務時間についてはレストランの営業時間に沿っていることがほとんどであるため、通常は午前8時ごろから午後9時頃の間の8時間程度となることが多いでしょう。そのため旅館のフロントのように夜間の勤務となることがありませんので、他部署と比べると比較的規則正しい生活を送りやすいといったメリットがあります。

旅館の料理長は具体的にどんな仕事や業務をするの?

旅館の料理長は和食料理店では板長や板前と言われており、厨房の管理を任されるほかに季節ごとに新たな料理のメニューを考えたり、売上の管理なども行います。立場的には厨房内の最高責任者であるため、部下にあたる従業員への指示を仰いだり、お客様へのサービスで至らない点があった場合は指導しなければなりません。

また料理に欠かせない食材の管理や人件費の管理、料理の際に使用する調理器具などの備品についても管理を行う必要があります。責任者であるゆえ、サービス向上のためにやらなくてはならない仕事は多いですが、ひとつ一つの業務は厨房を円滑にまわしていくために重要なのです。部下の指導に関しては、マニュアルに沿った作業手順を守れているかを確認していなければ作業時間のロスに繋がる恐れがあります。

その他にも人件費や食材の費用なども把握していなければ売上が高かったとしても、利益が少なくなっていしまうことも考えられるのです。このようにサービス向上に繋げて、調理や部下の育成などすべての作業に力を入れることで、快適な職場作りができるとともに旅館側からも信頼されるということなのです。

旅館の料理長の勤務時間はいつ?

旅館の料理長の勤務時間は、午前8時~午後21時程度の時間帯のうちの8時間程度であることがほとんどです。旅館のフロントやマネージャーなどは昼夜問わず働くことが多いですが、旅館の料理長はレストランの営業時間に合わせて勤務することとなるため、上記のような勤務時間となっているのです。そのため他の部門に比べると、規則正しい生活を送ることができる面では大きなメリットといえるでしょう。

また旅館によってはシフト制でないケースも存在しており、毎日決まった時間帯に働くことも可能なのです。そのため自身のライフスタイルに合った働き方のできる旅館を見つけることが重要であるといえるでしょう。

一般的なレストランの料理長と旅館の料理長の仕事は何が違うの?

一般的なレストランではシェフといった呼称ですが、旅館の日本食料理店では板長や板前と言われています。

旅館の料理長の仕事内容は、一般的なレストランと比べるとほとんど違いはありません。またホテルの料理長についても同じような業務内容となっていますが、和食専門店かイタリア料理の専門店なのかでは求められるスキルが異なります。ですが最高責任者として厨房の管理を任されることや人材の育成、売上の管理といった基本的な業務自体は変わりないのです。

また一般的なレストランは店舗自体が独立した形となっていますが、旅館の和食料理店や西洋レストランは施設内又は旅館に隣接しているといった違いがあるので注意しておきましょう。

旅館の料理長のやりがいや大変さはどんなところ?どんな人に向いてる??

旅館の料理長のやりがいは、自身で創作した料理をお客様に提供して喜んでもらえることでしょう。多くの業務をこなさなければならない中で、新たメニューを提供するためには時間がかからることもあります。ですが料理長のみが許される特別な仕事なので誰もができるわけではないのです。また厨房内の最高責任者としてすべての従業員の統率をはかるため、トラブルが発生した場合は責任を負う立場です。それでもリーダーとして、レストランを引っ張っていく担い手として働くことのできる、魅力あふれた仕事でもあるのです。

旅館の料理長の給料・年収を教えて

旅館の料理長の給料・年収をざっくり言うと

旅館の料理長の年収は、他の旅館スタッフと比べると比較的高く400万円~700万円程度です。厨房内においても最も年収、月収共に多い仕事となっており、高い技術を習得できるとともに、安定した年収や月収を得ることができるのも特徴の一つです。また月収は30万円~50万円程度となっており、旅館によっては年に二度の賞与が支給されることもあるので給料面でも優遇されています。

残業自体はあまりなく、忙しい日でも2時間程度となっているため業務時間帯も安定している傾向があります。

旅館の料理長の給料(年収・月給・時給)はどのくらい?

年収 400万円~700万円程度
月収・月給 30万円~50万円程度

※賞与は別

日給 15,000円~25,000円程度

※一か月あたり20日働いた場合で計算

時給 1,800円~3,000円程度

※一日あたり8時間働いた場合で計算

旅館の料理長に手当(深夜・残業など)や賞与・ボーナスはあるの?

旅館の料理長が残業を行った場合、旅館の他の部署のスタッフと同様に、法律に基づいて計算された金額が上乗せされて支払われます。通常の勤務では一日に8時間程度の労働を行いますが、8時間以上の労働に対しては、基本給(給料)をもとに計算された時給の1.25倍が時間外労働の残業手当として支給されるのです。また深夜の労働も同様で、給料を時給換算した金額の1.25倍となったおり、深夜の時間帯(22時~5時までの間)が時間外労働となった場合はさらに時給の1.25倍された金額が支給されるので、通常の給料を時給換算した1.5倍の金額を受け取ることができるのです。ですが旅館の料理長の労働環境では残業になることはほとんどなく、通常の勤務では深夜勤務になることもありません。ですので深夜勤務についてはあくまでも参考程度に覚えておくと便利です。

また旅館によっては毎月の給与とは別に、年収に影響を与える賞与が支給されるケースもあるため、求人募集に応募する際は年収やボーナスなどの給料面についても確認しておくとよいでしょう。支給される場合は基本的には年に二回、給料とは別に夏の賞与と冬の賞与が支給されます。ですが旅館によって支給月や時期が異なることもあるので、自身でしっかりと確認しておきましょう。

旅館の料理長の勤務形態や働き方を教えて

旅館の料理長の勤務形態や働き方をざっくり言うと

旅館の料理長の勤務時間は、早朝から夜の間の8時間程度です。休憩時間は最低でも1時間以上の確保されており、しっかりと休息を取ることができます。また夜遅くまで働くこともありますが、シフト制となっているため、出勤自体はお昼頃からです。ですが基本的には深夜帯の勤務はありませんのであまり気にする必要はないでしょう。

休日についてはシフト制となっている企業がほとんどで、平日や土日祝日に関係なく休むことになります。

旅館の料理長の勤務時間(労働時間)・休憩はどれくらい?

一般的な旅館の料理長の勤務時間は8時間程度です。また日中の時間帯に働くことができるため、夜間や深夜の勤務が難しいケースでは非常に助かります。労働時間内の休憩については法律で定められたとおり、6時間以上の労働に対して1時間以上の休憩時間が設けられるようになっています。そのためしっかりと体を休められる時間が確保できます。また休憩時間は毎日決まった時間に取ることができないケースもあり、厨房内の状況を見て休憩を早めたり遅くしたりすることもあります。

旅館の料理長に深夜の仕事や残業はあるの?

旅館の料理長の仕事は、基本的には日中の勤務となっており深夜の仕事はありません。また残業についてもほとんどないケースが多く、忙しい時期には1時間~2時間程度の残業をすることがあります。ですが残業の有無については、旅館によって異なることもあるので事前に確認しておくと良いでしょう。

また旅館によっては、早朝の6時からの勤務や夜の23時頃までの勤務になることもあります。ですが労働時間自体は8時間程度なので、安心して働くことができます。

旅館の料理長の仕事にシフトや休みはあるの?

料理長の休みは土日祝日などの固定された日ではなく、シフト制であることがほとんどです。そのため平日が休みになることが多くなるため、土日祝日に休みたい人には向いていないかもしれません。ですが月々の休みの日数自体は8~9日程度となっており、事前に申告していれば土日祝日に休むことも十分可能なのです。ですので出勤がシフト制であることに不安を覚えている方でも安心して働くことができます。

旅館の料理長の一般的な雇用形態を教えて

旅館の料理長の一般的な雇用形態をざっくり言うと

旅館の料理長の雇用形態は、基本的には正社員であることが多いです。旅館によっては契約社員での募集を行っていることもあり、勤務の状況や勤続年数などを考慮した上でのちに正社員になることが可能なケースも存在しています。

またアルバイトやパート、派遣社員での募集を行ってはおらず、厨房の責任者として指揮する立場にあるため、正社員または契約社員での雇用になります。そのためフルタイムで働くことが可能で、社会保険などもしっかりと完備されているので将来的にも安定した職といえるでしょう。またアルバイトやパートとして厨房で働いたのちに、料理長へ昇進できるケースもあるので自身の経験が浅い場合はそういった企業を探してみるとよいです。

旅館の料理長の一般的な雇用形態・契約の種類

旅館の料理長は厨房のスタッフを指揮する立場にあるため、アルバイトやパートでの募集は行っておらず、正社員または契約社員での雇用になります。また問題が生じた場合においても、責任を取るべき立場である料理長がアルバイトやパートだと、企業の立場としても問題があると判断されているためこのような雇用形態が一般的になっているのです。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 なし あり なし あり

契約社員だとどんな仕事をするの?

雇用形態が契約社員の場合でも、仕事ないよう自体は正社員とほとんど変わりありません。ですが給与面や将来的な安定性を考えると、正社員での雇用よりも怠るのは否めません。

仕事内容としては正社員と同様に、厨房内のスタッフの教育や食材、調理器具の管理、レストランの売り上げの管理などが挙げられます。責任者としても何か問題が生じた場合は迅速に対応しなければならない点も正社員と同様です。

また契約社員として就職するメリットも存在しており、経験が浅く正社員での採用が困難である場合においては、自身のスキルアップや今後の成長に繋げていけるチャンスもあります。

旅館の料理長の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方を教えて

旅館の料理長の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方をざっくり言うと

旅館の料理長になるには必要な資格はありませんが、料理に関する知識や経験が必要です。またレストランによっては料理長からSVに昇進することも可能です。

料理長を目指すにあたって、料理の専門学校やスクールに通っておくとのちのステップアップがスムーズに進む可能性が非常に高まります。専門学校に通わない場合でも、見習いとして修行を積むことで料理長を目指せますが前者よりも時間がかかってしまう可能性が高いです。

面接の際に気を付けるポイントは、事前に志望動機を考えておくことと履歴書に記入した内容を把握しておくことです。また自身のアピールポイントは面接官に伝わりやすいようにはっきりと大きな声でウケ越えたえするように心がけましょう。

料理の料理長の求人を探すには2つあり、ハローワークを利用する方法と転職サイトを利用する方法があります。新卒なのか中途なのかや、自身の状況に合わせてうまく活用することでスムーズに就職、転職活動を行うことができるのです。

旅館の料理長になるにはどうすればいいの?キャリアステップは?

旅館の料理長になるためには経歴が必要になります。日本食の料理店の場合は日本食レストランでの経験が必要で、中華やイタリア料理店においても同様のことが言えます。また旅館によっては料理長からSVに昇進することが可能なケースもあるため、今後のキャリアステップを考えているのであれば、そういった企業に応募してみると良いでしょう。

旅館の料理長になるには料理の専門学校やスクールに通う必要はあるの?

旅館の料理長になるためには経験が必要となるため、料理について学ぶことのできる専門学校や専門のスクールに通うことで、豊富な知識を短期間に集中して習得することが可能です。また専門学校やスクールに通わなくても、レストランや日本食の料理店でスタッフとして下積みすれば料理長を目指すこともできます。ですが専門学校やスクールに通わない場合は、仕事をこなしながら知識や経験を積むこととなるためある程度の期間が必要になってしまいます。そのため最短で料理長を目指すのであれば専門学校やスクールに通う方が得策と言えるでしょう。

旅館の料理長に採用されるために必要なスキル、経験や資格はあるの?

旅館の料理長は専門的な知識を要するとともに、現場の責任者として従業員の統括をしなければならないのである程度の年数の経験が必要です。経験年数や必要なスキルについては各旅館ごとに異なっているため、応募する前に求人募集要項から確認しておく必要があります。また資格については特に必要ではなく、上記のとおり経験やスキルが重要視されています。

旅館の料理長の面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツはある?

旅館の料理長の求人に応募したのちに行われる就職面接では、志望動機や仕事の経歴、希望する勤務日数などさまざまなことを質問されます。質問事項の中でも重要となるのが志望動機となっており、料理長の仕事に興味を持った理由や役割の重要性や経歴などをしっかりとアピールすることで面接官の関心を引くことができます。また自身で考えた内容を、自信を持って受け答えすることが採用の可否で非常に重要なポイントでもあるため、必ずしも型に沿った返答である必要はありません。

また就職面接の際には面接官が履歴書を確認しながら質問するので、記載した内容はしっかりと覚えておきましょう。そうすることで、面接官の質問に対してすぐに回答できるので、良い印象を与えることができます。

履歴書に記入する際は丁寧にきれいな字で書くことを心がけることや、記入漏れの無いように書き終えた後に確認しておきましょう。

主に正社員での募集の場合は、履歴書の他に職務経歴書の提出を求められる場合もあります。ですがアルバイトの雇用形態では基本的に履歴書のみ必要となることがほとんどです。職務経歴書に記載する内容は、今まで勤めた会社の入社、退社年月日と従事していた担当部署や業務内容、業種などです。履歴書と違って細かく記載しなければなりませんので、虚偽の記載の無いように記入しましょう。

旅館の料理長の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

旅館の料理長の求人は、各都道府県にある職業安定所や転職サイトで探すことができます。

職業安定所で仕事を探す場合は、直接施設に行って求職者登録をする必要があります。施設内には求人閲覧専用の機械が設置されており、閲覧のみ未登録の人でも可能となっています。ですが新卒や中途問わず、求人募集に応募する場合には必ず求職者登録が必要となっているため、未登録の場合は応募することができません。

応募する際は求人票を窓口に提出することで、企業に連絡をして面接の日程や必要な書類の確認を行うことができます。

メリットとしては、紹介状を書いてもらえるので個人で応募するよりもスムーズに求職活動ができることや、求人掲載情報はインターネットからも閲覧可能となっているため、自宅にいても新着の求人を確認できること、中途採用でも簡単に応募できるといったことが挙げられます。

転職サイトで求人募集情報を探す方法ですが、スマホやパソコンからいつでも検索することができます。また転職サイトにはさまざまなものが存在しており、すべての職種を扱っているサイトや運送業や一部の業種に特化したサイトなどがあります。さらに、会員登録をすれば新着の求人情報や、お得な情報などをお知らせしてくれるサイトも存在しており、ほとんどのものが無料で登録することができます。

このように新卒や中途などの違いに合わせて自身にあったものを利用するとスムーズに就職活動が行えるととも早期採用が可能になるのです。

 

旅館の料理長はお客様の優雅なひとときに一役買う重要な仕事です。仕事のやりがいとともに自身で考えたオリジナルのメニューを提供して喜んでいただける楽しみもあるのです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる