旅館の仕事情報

旅館のフロント(受付)の仕事内容/給料(年収)

旅行先の旅館に到着した際、一番最初に旅の疲れを労い、笑顔で出迎えてくれるフロントという存在がいます。そのフロントの仕事内容ややりがい、給料などの待遇を詳しく見ていきたいと思います。

この記事の見出し

旅館のフロント(受付)の仕事内容を教えて

旅館のフロント(受付)の仕事内容をざっくり言うと

旅館のフロント(受付)のお仕事は、主に宿泊客のチェックイン・チェックアウト業務、予約管理業務、電話対応・クレーム処理対応などのお客様対応の業務を中心に従事します。

宿泊されるお客様の問い合わせ先の窓口であるフロントは、仲居や調理場、清掃など各部署との連携を図りながら、お客様の要望や困りごとにできる限り対応し滞在期間中を快適に過ごしてもらえるよう努める旅館運営の中心的な存在です。

またフロントの業務は、

  • お客様とのお金のやりとりがある。
  • お客様の貴重品を預かる。
  • 宿泊予約の管理を行なう。
  • 旅館の代表としてお客様とのやりとりを行なう機会が多い。

など、ミスや案内不足があると旅館の信用問題に発展する仕事内容が多いです。

そのため、細心の注意を払って業務に携わるという心構え、また、丁寧な言葉遣いや接客マナー、気配りができるかなど高い接客スキルが必要な仕事となります。

フロントのお仕事は基本的には旅館の玄関口に設置してあるフロントにて待機し、常にお客様の存在を意識していなければならない気が張るお仕事ですが、その分お客様から直接“ありがとう”の声を頂ける機会も多いため、人と接することが好き、人に喜んでもらうことが好きな方にはやりがいに繋がる魅力ある仕事といえるでしょう。

旅館のフロント(受付)ってどんな役割の仕事?

旅館のフロント(受付)は、お客様のチェックイン・チェックアウト、顧客情報の管理、予約の管理、外線・内線の電話対応、周辺の観光案内や交通機関の案内などの業務を主に旅館のフロントや受付にて待機しお客様対応中心のお仕事です。

また、お客様が快適に滞在できるよう、お客様の詳細な情報や要望を仲居、調理場、清掃係などの旅館の各部署に共有し、指示を出す司令塔ともいえる存在です。

旅館のフロント(受付)って具体的にどんな仕事や業務をするの?

旅館のフロント(受付)の具体的な仕事内容を一日の流れで見ていきます。

 

朝の業務は、前日から宿泊されているお客様のチェックアウト対応が主な仕事となります。

夕飯時、お部屋の冷蔵庫の飲み物の利用、部屋付けや館内の有料施設の利用を伝票と共にお客様と間違いがないかを確認し宿泊費を清算、領収書を作成しお客様を送り出します。

チェックアウト業務は時間帯でお客様が集中することも多く、またお金を扱う業務となるので、手早く、確実にを心がけて仕事を進めていきます。

 

宿泊されているお客様のチェックアウトが全て完了したら、レジの締め作業を行い金額のやりとりの間違いがないかを確認します。

また、午後のチェックインに向けてのお客様情報の確認し、場合によってはお部屋の振り分けや接客担当の仲居の振り分けを行い、午後に備えます。

 

午後のチェックインまでは、旅館によっては日帰り温泉に来館されたお客様の受付対応やランチ営業の対応がある場合があります。

 

夕方からは、チェックイン対応が主な業務となります。

お客様が到着されたら 、宿泊台帳に記入を頂き、予約情報を確認すると共に接客担当の仲居を内線で呼び出します。

 

旅館の場合は、お部屋案内、館内説明や食事時間の案内などは仲居が対応する事が多いため、接客担当の仲居が到着次第、お客様の引き継ぎを行い、お客様を仲居に任せます。

 

団体のお客様が到着された時や、担当の仲居が手が離せない時、また旅館の方針によっては仲居ではなくフロントがお部屋案内、館内説明を行う場合もあります。

 

チェックイン業務が落ち着き次第、お客様にご記入頂いた宿泊台帳の情報や夕食時の飲み物伝票などをPCに入力するなどの事務作業を行います。

 

また、時間帯関係なくお客様の電話対応、宿泊予約の管理や貴重品預かり、部屋の鍵の管理などもフロントの大切な業務となります。

電話対応は、外線では宿泊を検討している方からの旅館についての問い合わせや宿泊予約などの対応があり、内線では当日に宿泊されているお客様からの困り事や疑問点などの問い合わせがあるので、フロントで対応したり、必要であれば仲居や売店など関係部署へ取次を行います。

 

宿泊予約に関する業務は、インターネット、電話からの予約を受けたり管理します。

宿泊予約の重複や、電話での料金やプランのご案内に不備があると後々に大問題に発展しますので細心の注意を払い予約に関する業務に携わります。

 

他、フロント業務が落ち着いた時や、夜間帯(ナイト)などは、館内巡回などの業務もある場合もあります。

館内設備に不備がないか、温泉施設にて温泉の温度の確認、脱衣所の簡単な清掃、忘れ物確認、飲水の補充などを行う事もあります。

また、仲居の業務の補助や売店でのレジ打ちや袋詰めなどの業務に携わる事もあります。

 

旅館の規模が大きいと従業員数が多いため、各業務ごと専門のスタッフがいますが、規模が小さいとフロント業務以外にも仲居や売店などのサポートに入ったり兼任したりすることもあるため、柔軟な対応が必要となります。

旅館のフロント(受付)のやりがいや大変さはどんなところ?どんな人に向いてる??

旅館のフロント(受付)は、“何かあったらとりあえずはフロントに”という事もあり、旅館に関する全ての問い合わせ先はフロントです。

問い合わせ内容は、旅館の設備や食事について、周辺観光や天気、時にはクレーム処理対応と多岐にわたるため幅広い知識と接客に関するマナーや丁寧な言葉遣い、気配り・気遣いができるかが重要となります。

また、朝のチェックアウトは、バスや新幹線などの公共交通機関の利用を予定しているなど、時間がないお客様も多く、またチェックアウトする時間も集中する傾向にあるため、いかに早く1組の手続きを完了させるか、かつ丁寧な接客を行うかがお客様が最後まで満足して帰られるかのキーポイントとなります。

 

旅館の顔として常に笑顔で丁寧な接客を行い、幅広い業務をこなすことはとても大変ですが、お客様と直に接する部署の為、お客様からの感謝・お褒めの言葉をダイレクトに頂ける機会が多く、そういった言葉を頂く事がやりがいにと繋がる事が多いでしょう。

その為、人に喜んでもらう事が好きなホスピタリティがある方、高度な接客スキルを身につけたい、活かしたいと考えている方に向いている仕事と考えられます。

 

旅館は観光地に立地していることが多い為、お客様の層も赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃん、国内だけではなく海外からのお客様と様々な為、人と接することが好き、日々いろんな人と接してみたいという方にとって魅力ある仕事といえるかもしれません。

旅館のフロント(受付)の給料・年収を教えて

旅館のフロント(受付)の給料・年収をざっくり言うと

旅館のフロント(受付)の給料は、旅館のランクや、規模によって差がありますが、新卒・未経験者の場合は、時給900円~1.100円程度で月給15万円~20万円程度が多く、年収にすると230万円~300万円程度になることが多いようです。

中途採用や経験者の場合は、時給1.000~2.000円程度で月給20万円~30万円程度、年収にすると300万~450万円程度となり、更に高級旅館のフロントマネージャーなどの役職になると年収550万円程度の収入が見込めるようです。

残業や深夜労働が発生した際は最低限は法に則った割増賃金が支払われます。

しかし、月給に残業ありきでみなし残業手当(固定残業代)が組み込まれている場合がありますので、後々のトラブルにならないように募集内容や面接の際にしっかりと確認しましょう。

 

賞与・ボーナスは年1~2回支給している旅館も多いですが、旅館はお客様ありきの運営になるので、自然災害や天候により客足が遠のき業績が悪化した際は賞与・ボーナスが不支給の年がある可能性も高いです。

 

年収は旅館によっては経験を積んでもなかなか上がらないという所も少なくありませんが、経験を積めば即戦力を募集しているランクが高い旅館もありますので、転職して年収を上げていくという方法をとる方も多いようです。

旅館のフロント(受付)の給料(年収・月給・時給)はどのくらい?

旅館のフロント(受付)の給料は、新卒や中途、経験の有無、旅館のランク、規模、経営状況による金額の差があります。

具体的な金額がどの程度になるかを表にまとめました。

年収 230万円~550万円程度
月収・月給 15万円~45万円程度

※賞与は別

日給 7.200円~20.000円程度

※一か月あたり20日働いた場合で計算

時給 900円~2.500円程度

※一日あたり8時間働いた場合で計算

旅館のフロント(受付)に手当(深夜・残業など)や賞与・ボーナスはあるの?

旅館のフロント(受付)で、深夜労働、残業が発生した際は法に定められている最低限の割増賃金は付きます。

旅館によっては更に上乗せの手当が設定されている場合もあります。

旅館の給料形態によっては月給にみなし残業手当(固定残業代)が組み込まれていることがある為、募集内容や面接の際やしっかりと確認しましょう。

他には、家族手当や住宅手当などを設定している所もあります。

賞与・ボーナスは、旅館のランクや経営状況、業績によりますが年に1回~2回支給と規定しているところが多く、平均的には年1回ほど支給しているところが多いようです。

しかし、旅館は観光地に立地していることが多く、雪が少ない・多いや自然災害により客足が遠いて業績が悪化した等の理由により、賞与・ボーナス支給なしとなる年が発生することも少なくないようです。

旅館のフロント(受付)の勤務形態や働き方を教えて

旅館のフロント(受付)の勤務形態や働き方をざっくり言うと

旅館のフロント(受付)は旅館の方針によって、深夜勤務もある24時間での交代制、6:00~23:00間での交代制のどちらかであることが多く、いずれも実働8時間、休憩1時間も設定です。

24時間での交代制の場合、深夜帯の勤務が発生します。

勤務時間(拘束時間)17:00~翌9:00で仮眠時間4~5時間といった勤務時間に設定している旅館は少なからずはありますが、ほとんどの旅館では実働8時間の休憩1時間の通しシフトになっているなっており、従業員の負担が少なくなるよう配慮されています。

基本的にはシフト制になっており、平日で交代で休みを取ることになります。

休日は月7〜8日に設定されている事が多いですが、繁忙期や人手不足などにより月4日程度になる場合もあります。

入職の際の研修は、先輩フロントスタッフについて実地にて仕事の流れを学ぶ形になります。

規模が大きい旅館などに新卒で入った場合は、社会人マナーや接客マナー、言葉遣いや所作などの導入教育がある場合もあります。

 

また、マナー講座や英語・中国語研修などのスキルアップ研修を設けている旅館もあります。

旅館のフロント(受付)の勤務時間(労働時間)・休憩はどれくらい?

旅館のフロント(受付)の勤務時間は、

  • 24時間での交代制での実働8時間程度
  • 6:00~23:00間での交代制での実働8時程間

などと、旅館の方針によって勤務時間帯が変わります。

休憩は実働8時間の場合は間に1時間の休憩時間を設けている旅館が多いです。

旅館のフロント(受付)の業務に深夜の仕事や残業はあるの?仮眠はとれる?

旅館のフロント(受付)は旅館によって深夜の時間帯(ナイト)の勤務があります。

基本的には実働8時間の通し勤務に設定している旅館も多い為、仮眠時間の設定がない旅館が多いようです。

小規模旅館や人手が少ない旅館、旅館の方針などで、勤務時間(拘束時間)17:00~翌9:00で仮眠時間4~5時間ほど設けている所もありますが、ほとんどの旅館では深夜帯でも実働8時間の仮眠なしの勤務、または深夜帯の勤務がないようです。

残業は繁忙期やチェックインが遅いお客様がいる等により発生します。

フロントは交代制のシフトであることが多いため、人手不足などではない限り1日1~2時間程度の残業であることが多いようです。

旅館のフロント(受付)の業務にシフトや休みはあるの?

旅館のフロント(受付)は、基本的には早番・中番・遅番の3交代制でシフトを組んでいる事がほとんどです。

休みも土日以外の平日で交代で取得してきます。

月7~8日の休日を設定しているところが多く、繁忙期は月4日程度の休みとなる場合もあります。

旅館のフロント(受付)の通勤の方法や研修の有無についても教えて

通勤方法は基本的には自由です。自家用車、バスや電車の交通機関など、自身の通いやすい通勤方法をとることになります。

旅館の敷地内や近辺に寮を完備している事も多く、その際は徒歩圏内、または旅館で送迎バスを用意していることもあります。

研修は先輩のフロントスタッフについてOJTでの実地研修にて仕事を学ぶことがほとんどです。

新卒での就職の場合は最初の数週間は、導入教育として基本的な社会人マナーや接客マナー、言葉遣いや所作などを学ぶ機会を設けている旅館もあります。

また、旅館によっては、マナー講座や英語・中国語研修などのスキルアップ研修を設けている旅館もあります。

旅館のフロント(受付)の一般的な雇用形態を教えて

旅館のフロント(受付)の一般的な雇用形態ざっくり言うと

旅館のフロント(受付)の雇用形態は、アルバイト・パート、派遣社員、契約社員、正社員と様々です。

アルバイト・パート、派遣社員から正社員へのステップアップも可能で、頑張りをそういった待遇で還元してくれる所が多いようです。

旅館は、繁忙期や土日祝日にお客様が集中することもあり、忙しい時期だけ派遣社員が入ったり、土日祝日のみ勤務のアルバイト・パートを雇っている事も多いです。

その際のアルバイト・パートは常勤のフロントスタッフのサポート的業務がメインになる場合もあり、フロントに並んでいるお客様の誘導や団体客の案内、伝票整理など比較的簡単な業務を任される事になります。

 

フロントのお仕事は多様な働き方ができる場合も多く、自身のライフスタイルの変化ややる気によって働き方を変えていける事が魅力的ともいえます。

旅館のフロント(受付)の一般的な雇用形態・契約の種類

旅館のフロント(受付)の雇用形態は、アルバイト・パート、派遣や契約・正社員と様々な雇用形態で募集が出ています。

旅館は観光業のため、土日祝日、大型連休や繁忙期にお客様が集中し、反対に閑散期などはお客様が少ないため、正社員・契約社員を少人数にし、繁忙期に集中して派遣社員を雇ったり、土日祝日だけ入るアルバイト・パートを雇うことが多いです。

アルバイト・パート、派遣から頑張りが認められれば正社員へのステップアップも多く、自分のライフスタイルの変化に合わて働き方を変化させていくことが可能です。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり あり あり

パートやアルバイト(バイト)だとどんな仕事をするの?

旅館のフロント(受付)のアルバイト・パートでも基本的には正社員と同じ仕事内容になります。

旅館の方針によっては正社員のサポートとしての勤務になる場合もあり、お客様の誘導や伝票整理など比較的簡単な業務を行ない、お金のやりとりや予約管理業務などの旅館運営に関わる重要な仕事が免除されている事もあります。

旅館のフロント(受付)の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方を教えて

旅館のフロント(受付)の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方をざっくり言うと

旅館のフロント(受付)になるには、旅館のフロントの求人募集を探し応募するか、派遣会社に登録して、旅館を紹介してもらいましょう。

即戦力を募集している旅館では、フロントや接客業の経験や知識、英語や中国語などの語学などのスキルが必要ですが、未経験歓迎としている旅館では、基本的な社会人スキル、丁寧な言葉遣いがあれば応募する事に問題はありません。

 

就職活動の際の履歴書や職務経歴書には、中途やフロントや接客業経験者で転職の方はその経歴を重点的に掲載し、即戦力になることをアピールしましょう。

新卒や接客業未経験者の方は、過去の部活動やクラブ活動、会社でのエピソードを交え自身の人柄や継続する事が苦にならない事、社交性やコミュニケーション能力がある事をアピールし、接客業に向いているという事を伝えると良いでしょう。

 

また、志望動機には接客業で頑張りたい理由、応募した旅館で働きたい理由を熱意を持って明確に伝えると面接者に良い印象を持ってもらい採用されやすい傾向にあります。

 

旅館のフロントに就職したい場合は、求人募集情報誌、ネットの求人サイト・転職サイト、旅館のHPの求人募集やハローワークなどから自分の希望に合う求人を探しましょう。

また、派遣社員として勤務したい場合は、全国の観光地のサービス業に特化した派遣会社が多数存在するので、そういった派遣会社に登録して自分の希望の条件を伝え、派遣先を紹介してもらいましょう。

旅館のフロント(受付)になるにはどうすればいいの?キャリアステップは?

旅館のフロント(受付)に就職したい場合は、旅館のフロントの求人に応募するか、観光地のサービス業に特化した派遣会社に登録して紹介してもらう方法が有効です。

 

キャリアステップは明確にはありませんが、フロントの経験を積むことによりマネージャーなどの管理職を任されたり、旅館の企画や運営側に携わるなどのステップアップや、更にランクが上の高級旅館への就職などが考えられます。

旅館のフロント(受付)で働くには英語や中国語が必要?

また、最近は日本の最高のおもてなしを受けれるとして旅館に宿泊される外国人観光客は急増している為、英語や中国語での接客をする機会が多々あります。

 

フロントへの転職を考えたときに、英語や中国語が話せる事は優遇され就職に有利となり採用されやすいですが、絶対に話せることを重視している旅館はあまり多くはありません。

 

外国のお客様が多い旅館では、英語・中国語の基本的な接客用語のマニュアルを作成している事が多く、スキルがない方はそういったマニュアルを参考に日々外国語に触れながら学んでいく事ができます。

その為、元から話せる方はもちろんのこと、話せない方も語学面でのスキルアップに繋がります。

 

しかし、英語や中国語に精通している方の募集もあるため、旅館のフロント募集の求人内容はしっかり読み、自分のレベルに合っているかを確認してから応募するようにしましょう。

旅館のフロント(受付)に採用されるのに必要なスキル、経験や資格はあるの?

旅館のフロント(受付)に採用されるのに必要なスキルや経験、資格は、旅館の求めている人材によって変わります。

即戦力になる人を募集している場合は、フロントや接客業の経験、PC操作のスキル、英語・中国語・韓国語のスキル等が採用されるのに必須条件となっている場合があります。

 

新卒や、未経験者歓迎と謳っている旅館は、挨拶がしっかりとできるか、言葉遣いがきちんとしているか、やる気があるか等の基本的社会人マナーがあれば問題ありません。

面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツはある?

面接での志望動機を聞かれた際は、なぜ旅館のフロントで働きたいか、なぜこの旅館で働きたいかの内容を明確にして志望動機の内容に盛り込むと面接者へ熱意が伝わり、印象が良くなり採用されやすい傾向にあります。

 

履歴書、職務経歴書作成の際は、中途採用の場合でフロントの経験者や接客業経験者の転職の場合はその経歴を重点的に書くと良いでしょう。

新卒や接客業未経験の方は、長期的に働いていける事、社交性がある、協調性があるなど、接客業に向いている事がアピールできるよう、過去の部活やクラブ活動、会社での自身の人柄が出るエピソードを交え内容を盛り込むと採用に向けいい印象を与えるでしょう。

 

旅館のフロント(受付)の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

 

旅館のフロント(受付)の求人募集、就職・転職情報は、正社員や契約社員、アルバイト・パートなどで旅館に直接雇用されたい場合は、求人情報誌やネットの転職サイトや求人サイト、働きたい旅館が決まっている場合は、旅館のHPにも求人情報を掲載している場合があるので確認してみるといいでしょう。

また、ハローワークに求人を登録している場合もあるのでそちらも確認してみましょう。

 

派遣社員での勤務を希望している場合は、観光地のサービス業に特化している派遣会社が多数あるのでそういった派遣会社に登録し、旅館のフロントの勤務をしたいという事、働きたい勤務地の希望を伝えて派遣先を紹介してもらいましょう。

観光地のサービス業に特化した派遣会社は、ネットの求人サイトなどに情報が掲載しているのでそちらを確認してみましょう。

 

旅館のフロントは、サービスのプロとして日々お客様のおもてなしに尽力します。仕事中は常にお客様の存在を意識してなければならない気が張りますが、直接“ありがとう”の言葉が貰えるやりがいがあるお仕事です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる