旅館の仕事情報

旅館の番頭とは、仕事内容/給料はどうなっているのか

旅館には、旅館運営に関わる裏方メインの番頭さんという職業の人がいます。そんな縁の下の力持ちな番頭の仕事内容、働き方や給料を詳しくみていきたいと思います。

この記事の見出し

旅館の番頭とは

旅館の番頭とはどんな役割か

旅館の番頭というお仕事は、主にマネージャーや支配人という位置づけの旅館の運営や従業員管理などを行なう管理職の番頭と、接客や清掃など宿泊業務全般に携わる何でも屋的な位置づけの番頭に主に分かれます。

もう少し具体的に説明すると、旅館の番頭は、旅館によって位置づけが変わり、主に2つの役割に分かれます。

一つは、お客様の接客、庭掃除や館内清掃、電球を変えるなどの館内設備の整備、調理場での盛り付けやお皿を並べるなどの調理補助や布団の上げ下げなど宿泊業務全般を担う”何でも屋”的な役割の番頭です。番頭の他に、内務や仲番と呼ばれることもあります。

もう一つは、全体の宿泊客の把握、管理、仲居・フロントスタッフの採用や教育管理、シフト管理、旅館の運営に関わるお金の管理などいわゆる”マネージャー”や”支配人”に位置づけされる番頭が存在します。

そういった旅館によって番頭の役割には大きな違いが出ますが、今回は様々な業務を担う”何でも屋”な役割の番頭について詳しく見ていきたいと思います。求人募集としても多いのはこと“何でも屋”の番頭の役割です。

番頭がいる意味

番頭のとは上述した通り、旅館によってその役割が異なるものの、よく比較される女将との違いは、女将は主に表立ってお客様と接する機会が多いですが、マネージャーに位置づけられている番頭は従業員の管理や、旅館の管理業務等の裏方に回ることが多いです。

また、女将の補佐的な存在の番頭もいれば、逆に旅館のトップとなる存在が番頭で、女将がその補佐となっている旅館もあります。

なお大規模の旅館で、フロント、仲居、清掃、調理場などの専任スタッフが十分な人数を揃えている場合は番頭は存在しないことが多いです。

逆に旅館の規模が小さくなるほどフロント・仲居・清掃の業務の区分けが薄くなり、担う業務量は増えていく傾向にあります。

旅館の番頭の仕事内容

番頭の仕事をかんたんに説明すると

番頭は旅館によっては内務や仲番ともいわれ、仕事内容としては、宿泊されるお客様の接客、駅への送迎バスの運転、客室・館内・温泉・お庭などの清掃、電球替えや障子の張り替えなどの施設管理、調理場での盛り付けやお皿を並べたり等の簡単な調理補助やお客様のお部屋案内の際の荷物運びや食事の配膳・片付け等の仲居の手伝いなど部署の垣根なく様々です。

旅館全体の状況を把握し、お客様が快適に滞在できるよう館内設備の整備や、人手が足らないところや手薄になっている部署のヘルプに入るといったルーティン化された業務をこなすのではなく、状況に応じて優先順位をつけ柔軟に業務に対応していきます。

旅館の番頭の具体的な仕事

旅館の番頭の具体的にどのような業務があるかを見ていきます。

朝の出社後は、

  • 宿泊客の朝食準備。調理場の人達が盛り付けしやすいよう器を並べたり、盛り付けなどの調理補助
  • 調理場からお客様の配膳を担当する仲居へと料理を運ぶ。
  • 朝食会場で朝食を取っているお客様の部屋へ出向き布団を片付け、朝食から戻られたお客様がチェックアウトの時間まで快適に過ごせるよう部屋を整える。

お客様のチェックアウトが始まったら、

  • 旅館の送迎バスの運転
  • チェックアウト済みのお部屋のお客様の忘れ物がないかのチェック
  • 使用済みのタオル、浴衣やシーツ、湯呑みなどのの回収
  • お部屋清掃
  • 夜の宿泊客の為の浴衣やタオル、シーツやお茶菓子、湯呑みなどを人数分準備
  • 温泉の清掃
  • 館内の清掃
  • 玄関・庭の清掃

などを清掃スタッフと手分けして午後のお客様のチェックインに向けて準備を進めていきます。

午後は、

  • 最寄り駅に到着されたお客様の送迎バスの運転
  • チェックインされたお客様の荷物をお部屋まで運んだり、団体客のお部屋案内の手伝いなど仲居の仕事のサポート
  • 定期的に温泉の温度管理や浴場の脱衣所を軽く清掃し、常にお客様が快適に利用できるように保持
  • 夕食会場の準備
  • 調理場が夕食の盛り付けをしやすいように器を並べたり盛り付けなどの調理補助
  • 盛り付けが終わった料理を夕食会場、部屋食担当の仲居へ届ける
  • お客様の夕食時間の合間、夕食後に布団を敷き、気持ちよく就寝できるよう部屋を整える
  • 夕食会場の片付け、翌日の朝食の準備

などの業務があります。

また時間帯関係なく、電球切れの交換や破れた障子の張り替え、畳や壁の補修など旅館内の設備の整備にも気を配ります。

番頭の仕事は旅館によって仕事内容が異なることが多く、規模の大きな旅館はフロント、仲居、清掃、送迎でそれぞれ専任スタッフがおり番頭が存在しない場合もあれば、老舗の旅館や規模が小さい旅館は専任スタッフはそこまで配置せずに、状況に応じて不足な部分を番頭でカバーするという方針であることが多いです。

旅館の番頭のやりがいと大変さ

繁忙期などは休む間もなく旅館内を動き回ることになり、また、お客様の接客やいろいろな部署とのやりとりや調整が多いので、体力面でも精神面でも余裕がなくなって大変な時もあります。

しかし、番頭の仕事は誰かの困りごとを手助けする機会も多いので、自分の働きで誰かの負担が軽減したり、”ありがとう”という感謝の言葉をもらえる場面が多々あるため、人とコミュニケーションをとることが苦にならない方や自分の努力・気遣い・頑張りで感謝の言葉をもらえることにやりがいを感じる方には向いている仕事といえるでしょう。

 

旅館の番頭は、部署の垣根なく旅館運営に関する様々な業務を担当することになり、その時その時で状況を判断して、環境を整えたり手薄になっている業務のサポートに入ったりします。その為、周りを見て自分の手が必要な所を判断して行動する状況判断能力や視野の広さ、お客様の接客はもとより旅館内の様々な部署のスタッフとやりとりするので、人とコミュニケーションを取ることが苦にならない方が番頭の仕事に向いていると考えられます。

 

番頭の仕事は旅館の規模が小さくなるほど兼任する業務が増えていく傾向にあります。

旅館内の各部署で“困った時は番頭さん”という事も多く、清掃から接客、調理補助から設備管理と旅館を運営する為の業務全てを把握しつつ、繁忙期などは休む間も無く旅館を走り回らなければならず、体力面でも精神面でも余裕がなくなったりと大変な事も多いお仕事です。

番頭の仕事は誰かの困りごとを手助けする機会も多いので、自分の働きで誰かの負担が軽減したり、”ありがとう”という感謝の言葉をもらえる場面が多々あるため、そういった自分の努力・気遣い・頑張りが人の喜びや感謝に繋がる事がやりがいとなり仕事の活力となるでしょう。

旅館の番頭の給料/年収

旅館の番頭の給料/年収

旅館の番頭の給料は、旅館の規模や経験の有無で差が出ます。

旅館の番頭の給料は、新卒や業界未経験者だと年収250万円から300万円程度、月収にすると15万円~18万円で時給だと900円から1000円程度からスタートとなる募集内容が多くみられます。

経験者による中途採用や勤続年数が長くなってくると給料は、年収350万~400万円程度、月収20万~30万円で時給だと1200~1500円程度の収入になる事も多く、高級旅館クラスになってくると年収500万円、月収35万円程度の収入も見込めるようです。

年収 250万円~500万円程度
月収・月給 15万円~35万円程度

※賞与は別

日給 7.200円~14.400円程度

※一か月あたり20日働いた場合で計算

時給 900円~1.800円程度

※一日あたり8時間働いた場合で計算

旅館の番頭の手当(深夜・残業など)/賞与(ボーナス)

旅館の番頭での勤務中に、深夜労働、残業が発生すれば最低でも法に則った割増賃金が発生します。

旅館によっては更に割増で深夜・残業手当や、番頭長やマネージャーなどの役職がついた際の役職手当、家族手当、住宅手当、食事手当を設定している所もあり、頑張りをしっかりと給料に反映している旅館もあります。

番頭長やマネージャー等の役職つけば役職手当、他に家族手当や住宅手当を設定している旅館もあります。

賞与・ボーナスは年1~2回支給と設定している事が多いですが、賞与・ボーナスの支給条件を“業績による”としているところがほとんどなので、自然災害や景気により支給なしということもあると認識しておきましょう。

旅館の番頭の勤務形態や働き方を教えて

旅館の番頭の勤務時間(労働時間)・休憩

旅館の番頭の勤務時間は、6:00~22:00の実働8時間であることが多いです。

休憩は6:00~15:00などの通し勤務だと1時間の休憩時間と通常は決まっています。

6:00~10:00に勤務し、一旦休憩に入りまた16:00~21:00に勤務するといういわゆる”中抜け”の勤務の場合は休憩時間が3時間~5時間程度に設定されていることが多いです。

旅館の番頭に深夜の仕事や残業はあるの?

旅館の番頭で繁忙期の際やお客様の状況によっては深夜労働や残業が発生します。

また、番頭の仕事として夜間にフロントとして待機しているナイトマネージャーとしての業務がある場合もあります。

その際は深夜中心の勤務時間となります。

旅館の番頭の仕事にシフトや休みはあるの?

旅館の番頭は旅館によって人数が異なり、旅館に番頭が1人だけの場合や5~10人ほど在籍している場合もあります。

番頭が数人の場合はシフトでの勤務となり、休みも交代で取得していきます。

番頭が1人の場合は勤務時間・休みが固定されている時もあれば、お客様の状況に応じての出勤となります。

休日は月4~8日程度で設定されていることが多いです。繁忙期には月4日以下の休日となってしまうこともあります。

旅館の番頭の通勤の方法

旅館の番頭として勤務する際の通勤方法は基本的には自由となります。

車やバス、電車、旅館によっては従業員送迎バスが存在しているので、その中で自分のライフスタイルにあった方法で通勤することが可能です。

旅館の番頭の研修

研修は、先輩の番頭がいるのであればその先輩に数週間ほどついて回り、実地にて仕事を学んでいくOJTの研修方法をとられていることがほとんどになります。

新卒や業界未経験者の場合は、フロント、仲居、調理場、清掃などの部署に数週間~数か月所属し、研修として仕事を学び、各部署の業務・旅館の全体像をつかめたら番頭として勤務していくという研修の場合もあります。

旅館の番頭の一般的な雇用形態を教えて

旅館の番頭の一般的な雇用形態の種類

旅館の番頭の雇用形態・契約は、正社員・契約社員、アルバイト・パート、派遣社員とそれぞれの契約で募集しています。

番頭の仕事は多岐にわたり、さらに番頭の仕事は旅館の全体を把握して自ら状況を判断して動ける人材が必要なため、旅館を営業するための全体の知識が必要ということで、旅館としては継続して長期で働いてもらう事を見込んで正社員での募集が多いです。

また、アルバイト・パート、派遣社員の場合でも頑張りが認められ、正社員へスカウトされるという機会もあります。アルバイト・パートや派遣社員からスタートし、仕事が認められて正社員へステップアップできる旅館も多いため、自分のライフスタイルに合った働き方ができると言えます。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり あり あり

旅館の番頭の仕事はパートやアルバイト(バイト)だとどんな仕事をするの?

アルバイト・パートの契約での番頭の仕事も基本的には、正社員・契約社員、派遣社員の仕事内容と同じになります。

しかし、朝だけ、夕方だけの短時間での時間帯の勤務の場合は盛り付けなどの調理補助と、仲居の配膳の手伝いだけだったり、調理補助、宴会場の片付けなど簡単な仕事内容ということもあります。

基本的に番頭は宿泊業務の全般を担当することもあり、朝から夜までのフルタイムで勤務し柔軟に業務に対応できる人材が必要なため、そういった短時間での勤務の募集はそこまで多くはないようです。

旅館の番頭になるには

旅館の番頭になるにはどうすればいいの?

旅館の番頭になるには、正社員・契約社員、アルバイト・パートの場合は番頭の募集を行っている旅館に応募し採用してもらうことにより番頭としての就職が可能です。

派遣社員の場合は、旅館などの観光地のサービス業に特化した派遣会社に登録し、番頭として働きたいことや自分の希望する条件を伝え紹介してもらうことによって番頭になる事ができます。

番頭のキャリアステップとしては、番頭長やマネージャー等の昇進や運営側への転身等、他のさらにランクが上の旅館への転職等が考えられますが、あまり明確にステップアップしていく職種ではない為、自分自身でこれからのキャリアを考え計画して行動していくことが大切となります。

また、経験を活かしさらにランクの高い旅館への転職なども考えられます。

旅館の番頭になるのに専門学校やスクールに通う必要はあるの?

旅館の番頭になる為に新たに専門学校やスクールに通う必要はあまりありませんが、過去にサービス業や観光業の専門学校やスクールに通っていた経歴があれば就職の際に優遇されると考えられます。

旅館の番頭に採用されるのに必要なスキルや資格はあるの?

旅館の番頭に採用されるのに最低限必要なスキルは、基本的な社会人スキルですが、周りを見て自分の手が必要な所を判断して行動する状況判断能力や旅館の全体を見渡せる視野の広さ、お客様の接客、様々な部署のスタッフとやりとりをするためのコミュニケーション能力などのヒューマンスキルがある程度備わっていると採用されやすい傾向にあります。

また、近年の外国人観光客の増加により英語や中国語等の語学スキルがあればそれも採用に有利となります。

旅館の番頭の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方を教えて

旅館の番頭の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

旅館の番頭の求人情報は、正社員・契約社員、アルバイト・パートの場合はお近くのハローワークや旅館等のサービス業に特化している求人情報雑誌や旅館があるエリアの求人情報誌、折り込みの求人広告、ネットの就職・転職求人サイトや働きたい旅館が決まっている際は旅館のHPなどにも募集が掲載していることもあるので確認して就職活動を行うと良いでしょう。

派遣社員の場合は、旅館やホテル等の観光地のサービス業に特化した派遣会社が複数存在するので、そこに登録し番頭として働きたいことやどこのエリアの旅館で働きたいかの希望をだし、条件のあった旅館が見つかり次第、紹介してもらうことになります。

サービス業に特化した派遣会社もネットに求人募集を出していたり、派遣会社のHPに詳細な旅館の求人を掲載していたりするのでそちらを確認してみましょう。

旅館の番頭の面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツはある?

旅館の採用面接での志望動機を聞かれた際や履歴書の志望動機を書く際は、番頭の仕事を希望している理由、つまりどうして番頭という仕事を希望しているかという点、そしてなぜこの旅館で働くことを希望しているかを明確にして伝えると採用担当者に好印象となります。

履歴書や職務経歴書には、新卒や未経験者の場合は過去に部活などの長期的に活動してきた実績やエピソードを交えて、コミュニケーション能力がある事、長期的に働ける事などをアピールし、中途採用などの経験者は、過去に勤務していた所でどのような実績があるか、どんな業務をこなしてきたかを明記して即戦力で働ける事を明記すると採用に至る確率が上がります。

経験者の中途採用や転職の場合は、番頭の仕事と通じるような経歴があればそれを中心に詳細に明記し、即戦力となることをアピールすると採用成功とつながる確率が上がるでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる