ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルのバーテンダーの仕事/なるには/年収/資格

ホテルにはおしゃれな雰囲気の、夜の街に存在するようなバーが併設されていることがあります。今回はホテルのバーテンダーになる方法や仕事内容について詳しく見ていきましょう!

ホテルのバーテンダーの仕事

ホテルのバーテンダーの仕事内容

仕事内容はカクテルを作ることの他にも、お客様と会話をしてコミュニケーションとったり、開店前の準備や清掃などがあります。そのためそれぞれのカクテルの作り方をマスターして、日頃からスキルアップを図ることを意識していなければなりません。

勤務時間は夕方~深夜ごろまでのホテルがほとんどで、一般的なバーよりも営業時間が短い傾向にあります。また来店されるお客様の多くはホテルにご宿泊される方なので、通常のバーと比較すると相対的に常連客よりも初めてご利用される方の割合が高くなっています。一流ホテルのバーにもなると、会社の役員や著名の方などが多く来られるので丁寧な対応が求められます。

また業務内容が接客業ですので、お客様から直接お褒めの言葉をいただける機会が多く、仕事をしながらやりがいを感じられる瞬間が数多くあります。お酒の作り方ひとつにおいても微妙な味の違いが出てくるので、バーテンダーひとりひとりの個性が発揮できる楽しみもあり、日々スキルアップを図ることで最高の味を見つけ出すことができます。

バーテンダーは日々成長していける楽しさと、多くのお客様との会話を楽しむことができる素敵な仕事なのです。

ホテルのバーテンダーの具体的な仕事内容

バーテンダーの仕事内容はお酒を作ることはもちろん、お店を開ける前の準備や清掃、お客様とコミュニケーションを取りながらお話することなどです。バーの醍醐味はなんといっても店内の雰囲気ですので、お客様に満足していただける場と美味しいお酒、楽しい会話などを提供することが求められます。ですがお客様の中には、一人で静かにお酒を楽しみたいという方もいるので、一人ひとりにあった接客をしなければなりません。

またバーのメニューを決めるのもバーテンダーの仕事であり、メニューにあるお酒の作り方はすべて覚えてすぐにお客様に提供する必要があります。知識が乏しいと働き始めはきついかもしれませんが、一度覚えてしまえば問題なく業務に携わることができるでしょう。

バーテンダーにとって重要な業務は、お客様にひとときの休息の場を提供することと言えます。

バーのバーテンダーとホテルのバーテンダーの違い

街角で見かけるようなバーと、ホテルのバーでの仕事内容はほとんど同じです。ですが一般的なバーでは常連客が多く見受けられますが、ホテルのバーの場合は宿泊されるお客様が遠方から来られることが大半なので常連客が少ない傾向にあります。また労働時間にもかなりの違いがあり、一般的なバーでは、閉店時間が3時や4時頃になる店舗が多いので、ホテルのバーのスタッフよりも労働時間も長くなります。

また利用する際の金額も比較的ホテルの方が割高になる場合が多く、テーブルチャージの他にサービスチャージが加算されるために、一流ホテルでは2人で1杯ずつ飲むだけでも5,000円程度の費用が必要になることもあります。そのため一流ホテルでバーテンダーになるには、価格に見合ったサービスを提供出来るように数多くの経験が必要になるので一般のバーのスタッフよりもワンランク上を目指さなければならないのです。

ホテルのバーテンダーの給料(年収)

ホテルのバーテンダーの給料(年収)はどのくらい?

年収 250万円~500万円程度
月収・月給 20万円~35万円程度 ※賞与は別
日給 8,000円~15,000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 1,000円~1,800円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

ホテルのバーテンダーの年収は、250万円~500万円程度となっておりかなりの幅があります。また月収は20万円から35万円程度であり、年収や月収に振れ幅があるのは新卒での採用が少なく、一流ホテルのバーテンダーはスカウトで中途入社することが多いためです。そのため一流ホテルの年収は、一般のホテルに比べると比較的高い傾向にあります。また日給や時給に関しても同様で、雇用形態の違いによって月収が大きく違います。

アルバイトやパートの場合の給料形態は時給となっており、勤務時間に関しては3時間程度の短時間勤務で働くことも可能です。そのため空いた時間に働くのであれば問題ありませんが、多く稼ぎたいのであれば正社員として雇用してもらうのが最も良いでしょう。正社員だとボーナスが支給されることがありますが、アルバイトの場合だと支給されないことがほとんどなので年収に関してもかなりの差が出てきてしまうのです。

また残業はほとんどありませんが、勤務時間が深夜に及ぶので深夜手当が支給されます。

ホテルのバーテンダーの手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

ホテルのバーでは営業時間が決まっているため、残業になることは基本的にはありません。営業時間外の労働についても、開店前の準備や閉店後の後片付け程度なので残業が少なくなっているのです。また勤務時間が夕方から深夜になるので、深夜手当として割り増しされた賃金が支払われます。労働基準法では、使用者は労働者に対して深夜手当として時間給の1.25倍の給料を支払うこととなっており、万が一違反した場合は事業所が罰せられます。また深夜手当が支給される時間は22時~5時となっており、バーのスタッフの仕事では勤務時間の半分程度が当てはまるので労働時間の割に給料が高くなっているのです。

年収に大きく関わる賞与については、雇用形態の違いによって変わってきますが、正社員の場合だと支給されるケースが多いです。賞与の金額は各ホテルによって異なりますが、一流ホテルのバーテンダーにもなると月給の3ヶ月分程度が支給されることもあります。また賞与が支給されないケースも存在するので、事前に面接の際や求人情報などから確認しておくとよいでしょう。

ホテルのバーテンダーの勤務形態/働き方

ホテルのバーテンダーの勤務時間(労働時間)/休憩/深夜仕事/残業

ホテルのバーテンダーの労働時間はアルバイトの場合だと3時間~4時間、フルタイムで働正社員の場合は8時間程度です。

また勤務時間帯は夕方から深夜にかけてが最も多くなっており、ホテルによってはお昼ごろから深夜の時間帯までの間の交代制となっていることもあります。

一般的なホテルのバーでは、16時~24時といった勤務時間となっていることが多いですが、稀にこの勤務時間とは別に土日の日中のみ2時間程度バーを開いているケースもあります。またホテルや運営企業によってバーの開店時間や閉店時間に違いがあるので、面接や求人情報などから確認してみるとよいでしょう。

休憩時間に関しては、6時間を超える労働をした場合は最低でも1時間以上の休憩時間を取るよう法律で決められています。ですが忙しい時間帯などは休憩時間をずらすこともあるので、まとまった時間を休憩したり毎日同じ時間に休憩するのは難しいこともあります。

勤務時間帯が遅いことから、一日に労働する時間の半分程度が深夜帯の勤務になります。そのためほとんどの場合は日中は自宅でゆっくりして、夕方ごろに出社する流れとなります。朝起きるのが苦手な人には向いているかもしれませんね!

またバーテンダーの仕事では残業になることはほとんどなく、決まった時間に退社できることが多いです。ですので月収はあまり変動しませんが、もともとの給料自体が高く設定されているケースが多いです。

ホテルのバーテンダーの仕事のシフト/休み

休日や出勤に関してはシフト制になっているホテルが大半です。ホテルは平日よりも休日に宿泊客が増える傾向にあるため、シフト制を採用してバランスよく休日を設定しています。そのため休みが平日になることがほとんどなので、土日祝が休みになることはあまりありません。

ですが定期的に休みが取れるので、5日働いて2日休むよりも3日働いて1日休みたいと考えるのであれば働きやすい環境といえるでしょう。

ホテルのバーテンダーの雇用形態

ホテルのバーテンダーの雇用形態は正社員はもちろん、アルバイトやパート、契約社員での募集があります。派遣社員での募集はありませんが、基本的にはどの雇用形態においても仕事内容に違いはありませんが、給料形態が月給や時給になるといった違いがあります。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり まれにあり なし あり

パートやアルバイトの場合でも仕事内容は正社員とあまり違いはありません。開店前の準備から始まり、お客様にお酒を作って提供し、状況に応じて会話をしたりもします。時にはお客様からのリクエストに応じてカクテルを作ることもあるので、臨機応変に対応しなければならないこともあるのです。そのためアルバイトといえども、お酒に関する知識は最低限身に着けておく必要があります。

また正社員とアルバイトは、給料形態や労働時間に大きな違いがあります。アルバイトの場合だとホテルによっては2時間~3時間程度の労働時間で求人をだしているケースもあるので、多く稼ぎたいのであれば正社員のほうが良いでしょう。

またアルバイトは正社員よりも権限が少ないため、メニューの選定などはできません。ですがホテルによっては給料形態が時給になるだけで、仕事内容や権限についてはほぼ同じといったケースもあるので求人票をよく見て応募してみましょう。

ホテルのバーテンダーになるには

ホテルのバーテンダーになるにはどうすればいいの?

ホテルのバーテンダーは、業界未経験者や学生でもなることが可能です。ホテルのバーの求人情報には未経験者可や大学生可と記載されているこも多く、この場合はアルバイトでの採用となっています。正社員で働きたいのであれば、一般のバーで修行をしたりお酒の知識を身に着けてからでないと採用されのは難しいでしょう。正社員での募集の場合は、業界経験者やお酒に関する資格などを取得している必要があり、下積み期間が必須となってきます。またホテルによっては、アルバイトで入社したのちに正社員になることもできるので、未経験で正社員を目指しているのであれば面接の際に聞いてみるとよいでしょう。

さらに開業して自分の店を構えたいという場合は、未経験でも独立できるので特に経験や資格なども必要ありません。ですが、一流ホテルのバーに勤めていた経験やバーテンダーに関する資格を取得しておいた方が、”特別な店”として話題になる可能性が高くなるので、ステップアップとしてバーテンダーを経験してみるのも良いでしょう。

ホテルのバーテンダーに採用されるのに必要なスキル、ソムリエなどの資格、試験などはある?

ホテルのバーテンダーになるには特に必要な資格や経験はありません。アルバイトとして働く場合は未経験でも採用されますが、正社員での採用や一流ホテルの場合はバーテンダーとしての経験や資格が必要になることも多いようです。

ホテルのバーテンダーになるのに必要な資格は基本的にはありません。一流ホテルのバーだと資格が必要になるケースもありますが、一般のホテルのバーで働くのであれば気にする必要はないでしょう。

一流のホテルで資格が必要な場合は、日本バーテンダー協会が実施している「NBA認定バーテンダー」や「IBAインターナショナルバーテンダー」、一般社団法人日本ホテルバーメンズ協会認定の「HBAバーテンダー」、「HBAビバレッジアドバイザー」などのさまざまな認定試験のうちいずれかのを取得していれば採用されやすくなります。

日本ソムリエ協会のソムリエの資格については、一般的には高級レストランや一流ホテルのレストランでは必要になる資格ですが、バーテンダーにはほぼ必要ない資格といえるでしょう。

またバーテンダーの専門学校やバーテンダースクールなどもあるので、資格試験に興味があれば通ってみるのもいいかもしれません。

ホテルのベーテンダーのやりがい/大変なこと/向いている人

自身の注いだカクテルを飲まれたお客様から、「美味しかったよ」とお褒めの言葉をいただく瞬間がやりがいを感じられる場面といえるでしょう。またお客様に満足していただいて、またホテルをご利用される際にもう一度ご来店いただけたなら更に喜びを味わえます。カクテルの種類やお酒の作り方に関しては数千種類もあるといわれており、知識を習得するまでは仕事内容がきついと感じることもあるかもしれませんが、覚えてしまえば自身のスキルとして一生の武器となります。

また自身の手でオリジナルのカクテルを作ってみたり、多くの人たちと会話をしてみたいという人にはとても向いている仕事でもあります。経験を積み重ねるごとにスキルアップできる職業なので、自身の成長を楽しみながら業務に励むこともできる素敵な仕事といえるでしょう。

ホテルのバーテンダーの仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方

面接の際の注意点は、志望動機をしっかりと考えておくことと自身の強みはすべて伝えるということです。履歴書や職務経歴書についても誤字や脱字がないように気を付けて記載するように心がけましょう!

ホテルのバーテンダーの求人募集を探すには、ハローワークや転職サイトを利用して検索すると効率よく自身にあった企業を見つけることができます。

ホテルのバーテンダーの面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツ

求人募集から応募した際に行われる就職面接では、志望動機やバーテンダーとしての実務経験の有無、アルバイトの場合は希望する勤務日数などを質問されます。その中でも採用の可否に大きな影響を与えるのが志望動機です。中途で応募する際はホテルのバーテンダーの仕事をしてみたいと思った理由や、お酒の知識がどの程度あるのかや自身の強みを伝えるようにを心がけましょう。また新卒やアルバイトでの就職面接でバーテンダーとしての経験がない場合は、やる気があることを伝え今後の目標などについて話してみると良いでしょう。どちらの場合においても、企業人とって必要な人材と思われることが大切になるので、自身の言葉ではっきりと伝えられるよう心がけてください。

就職面接では、事前に用意する履歴書や職務経歴書の内容も重要になります。丁寧な字で記入漏れの無いように書くことはもちろん、記入する項目には就職面接の際にも質問される志望動機もあるため面接官に分かりやすいように記入することが大切になります。

また職務経歴書はアルバイトの場合は提出不要であることが多いですが、正社員での募集の場合は必要となるケースがあります。記載する事項は履歴書と似たような内容ですが、職務経歴書の場合は今までの経歴の詳細をきにゅうするようになっています。前職での役職や携わっていた業務など細かく記さなければならないため、記述ミスの無いように注意しましょう。

ホテルのバーテンダーの求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

ホテルのバーテンダーの求人は、各都道府県にある職業安定所や転職・就職サイトで探すことができます。ハローワークから求人募集に応募する場合は、事前に求職者登録をしなければなりません。施設内には求人閲覧専用の機械が設置されており、求職者登録を行っていない場合でも閲覧は可能となっています。ですが新卒や中途問わず、ハローワークの求人募集に応募する場合には、未登録の場合は応募できませんので必ず求職者登録を行うようにしてください。

またスマホやパソコンからでは転職サイトを利用することで、24時間昼夜問わず求人募集を探すことができます。転職サイトには数多くの種類があり、すべての職種を取り扱っているサイトや一部の業種に特化したサイトなどがあるので自身の使いやすい転職サイトを利用してみるとよいでしょう。応募する際は転職サイトに登録しなければならないことがほとんどなので、各サイトの登録ページから登録を行ってください。基本的には登録無料となっているので、いくつかの転職サイトに登録しておくと便利です。

 

ホテルのバーテンダーはおしゃれな雰囲気のバーで働くかっこいい存在です。お客様に最高の一杯を提供して満足していただける瞬間はバーテンダーとしてやりがいを感じられるでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる