ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルマン(ホテルスタッフ)の仕事内容/種類(職種)/やりがい

ホテルマン(ホテルスタッフ)とは

ホテルマンって何?

ホテルマンとは、ホテルで働く従業員の総称であり、それぞれの持ち場ごとにホテルをご利用になられるお客様にご満足いただけるようなサービスを提供するための役割があります。ホテルは24時間365日、休むことなく営業していることが通常であるため、部署ごとに個々の力が充分に発揮できなければお客様に不快な思いをさせてしまうこともあります。仕事をする上ですべてのお客様に最高のおもてなしをし、ゆったりとした最高の時間を提供するためには、個々の力を充分に発揮することと共に各部門同士の連携が必要といえます。これらの注意点をしっかりと守り、仕事に情熱をもって取り組み、ホテルの方針に従順であることが立派なホテルマンといえるでしょう。

またホテルマンとは、ホテルの業務に従事している男性のことを指しており、ホテルに勤めている女性のことはホテルウーマンと呼ばれています。また各企業ごとの最高責任者である支配人や、各部門ごとに配属されているホテルスタッフすべてが当てはまるため、役職や勤続年数などに関係なくホテルマン又はホテルウーマンと呼ばれているので覚えておきましょう。

つまりホテルで働くすべての人があてはまるということであり、任されている仕事内容が異なっていたとしても、すべての従業員がお客様に満足していただけるように職務にまっとうする立派な仕事ということなのです。

ホテルマンとホテリエの意味と違いはあるの?

呼び方は違いますが意味合いとしては同様で、ホテルに勤めている人、又は支配人のことを指しています。ですがホテルマンは男性のことを指しており、女性の場合はホテルウーマンと呼んでいることからそれぞれを使い分けなくてはいけませんでした。そこで新たに使われ始めたのがホテリエという言葉で、ホテリエの場合は男女関係なく使用できるのが特徴といえるでしょう。一般的に認知度の高い呼称で説明するならば、医療系の仕事現場で看護婦と呼ばれていたのが男女関係なく使用できる看護師という言葉で使われ始めたのと同様です。

またもう一つ大きな違いとしては、ホテルマンは勤めている人の総称ではありますが、どちらかといえば経営者、支配人などの責任ある立場の人物の呼称として使用されることが一般的です。その点、ホテリエは役職や仕事内容、男女の違いなど分け隔てなく利用される呼び名であるため、業界内では広く用いられており使用しやすいといった利点とともに、話し相手にも意味が伝わりやすいといったメリットもあるのです。

ホテリエという言葉はフランス語からきており、フランスのホテルに勤めている人のことを”Hotelier”と呼んでいることから、男女関係なく利用できる呼称として日本でも利用されるようになったのです。

このように言葉は違いますが、意味としてはほとんど変わらないので、どちらを使用したとしても間違いではありません。

ホテルマンはどんな仕事か

ホテルマンの職種

一言でホテルマンといってもさまざまな職種が存在しており、すべての部署ごとに役割が振り分けられています。ホテルでは、フロント担当や客室清掃員、営業、広報担当などが存在しており、支配人やマネージャーもホテルマンと呼ばれています。

このようにホテル内の職種のほとんどに当てはまる言葉でありますが、一般的なイメージとしては黒服に蝶ネクタイ、オールバック(男性の場合)で清潔感のあるのがホテルマンと捉えられています。ですが、フロントスタッフや支配人などはイメージ通りかもしれませんが、ご紹介した通り営業や客室清掃員なども含まれているため、容姿は一般的なイメージと異なることもあるのです。

そのためホテルマンという言葉では、話が通じないといったこともあるので注意が必要であるため、ホテリエという呼称を用いてみると良いかもしれません。

それでは、実際にホテルマンの仕事内容について、次の項目で各部署ごとに任されている職務について見ていきましょう。

ホテルマンの職種一覧

その他にもホテルには様々な仕事があります

ホテルマンの仕事内容

ホテルマンの仕事内容はそれぞれの役職や職種によって異なっており、どの仕事もホテルを健全に運営していく上で重要な役割を果たしています。

まず、最高責任者でもある支配人の仕事内容は、各部署への的確な指示や施設内の定期的な見回りなどを行います。また最も重要なポジションとして捉えられているため、適任と認められた人物でなければ選任されることはありません。

次に客室清掃員の仕事では、アルバイトや契約社員としても活躍できるケースもあり、ホテルをご利用になられたお客様の客室内のベッドメイキングや浴室内の清掃を行います。

また、広報担当や営業の仕事内容は、主に本社でのデスクワークや外回りの業務が中心となっており、ライバル企業に負けないように常に新しいことにチャレンジしていく魅力あふれた仕事です。

このように部署ごとに違った仕事を任されており、それぞれがホテルの運営に欠かせない存在として従事しているのです。

ホテルマンの役職と仕事の役割

ホテルマンの役職には、総支配人(又は支配人)やジェネラルマネージャー、ナイトマネージャーなどが存在しており、ホテル内の責任者として重要な役割を果たしています。特に総支配人は、何かしらの問題が発生した場合に責任を負わなければならない立場でもあるため、日頃から社員教育やマニュアルの徹底に力を入れています。また総支配人が不在の際は、ジェネラルマネージャーや深夜の支配人でもあるナイトマネージャーが同様の役割を果たし、各部署とうまく連携を取りながら問題が発生しないように努めています。お客様からの苦情や火災が発生した場合などは、各ホテルごとに定められたマニュアルに沿って指示をするため、緊急時に備えてしっかりと把握しておくことが必要なのです。

どのような事態においても役職上の責任者がしっかりと指示を行うことで、二次災害や新たなトラブルを未然に防ぐこともできるため、ホテルにとってはとても重要な役割を担っているのです。

ホテルマンのやりがい

ホテルマンのやりがいは、ホテルをご利用になられるお客様に快適に過ごしていただくことはもちろん、自身の頑張りが評価され、感謝の気持ちを言葉にしていただけることでしょう。すべてのお客様から感謝の言葉をただけることはありませんが、言葉にしなくてもサービス内容に満足していただいていることも多く、さらにサービスの質を向上させることで、より多くのお客様にもう一度足を運んでいただける可能性を高めることができます。そのため、常に向上心をもって業務に励むことができる職場でもあり、各部署ごとの仕事内容は異なりますが、社員が一体となって一つの目標に前進していくことのできるメリットのある、非常にやりがいのある楽しい仕事といえるでしょう。

また支配人やマネージャーなどの責任者の業務では、自身の考え一つでホテルの売上やお客様の満足度に直接影響を及ぼすこともあるため、成果を実感しやすいといったメリットや今後の自身の成長の糧になる機会も多く存在するため、やりがいを実感しながら業務に携わることができるのです。

客室清掃員やフロントスタッフの場合も同様で、支配人やマネージャーのようにホテル品質の向上に大きな力を持っていなかったとしても、個々の接客態度やお客様への配慮などを積み重ねることでご利用になられるお客様に何度も足を運んでいただけることで楽しい思いや、やりがいを感じるとともにホテルの売上アップにも貢献することができるのです。

ホテルマンの大変なこと・辛い部分

ホテルマンにとって辛い部分や大変なことは、ホテルマンあるあるで知られているように、ホテル自体が24時間365日営業しているので、シフト制の勤務に慣れなければならない点や、長期休暇の取得が難しいといった点、繁忙期には激務になるなどが挙げられます。またどの部署においても共通なのが、お客様目線になって業務に取り組まなければばならないため、接客業としての心得を消して忘れてはならないのです。万が一お客様にとって不快な事案が発生すればトラブルのもとにもなりますし、直接お客様から叱責されてしまう可能性もあります。そのため自身がストレスを抱えて辛い思いをしないように、マニュアルに沿った接客とお客様に納得していただける対応をするよう常に気を付けなければならないので大変な一面もあるのです。ですが前項でも解説した通り、不快な思いを抱かせないようにすることも大切ですが、さらにワンランク上の接客やサービスをして、お客様に満足していただけた場合などは感謝されることもあるので大変なことばかりではありません。

またほとんどの職種に共通する辛い部分についてですが、繁忙期の激務に加え、業務中は基本的に立ちっぱなしになるため休憩時間以外は座ることができません。そのため足腰に負担が掛かるため、慣れていないとつらく感じてしまうかもしれませんが、日に日に業務をこなしていくうちに、激務や立ちっぱなしの業務にも慣れてくるのであまり気にする必要はないでしょう。

客室清掃員の仕事では、限られた時間の中で客室の清掃業務を済まさなければならないので、スムーズに作業を進めていかなければならない点は大変なことといえるでしょう。ですがこちらも上記の内容と同様で、日に日に作業効率も上がっていきますし、次第に簡単に時間内に作業を終えることができるようになるでしょう。

このようにホテルマンあるあるで知られているように、ストレスを受ける場面やさまざまな大変なことやつらい部分がありますが、そのほとんどが業務に慣れてしまえば苦にならないようなことが多いです。

ホテルの夜勤とシフト

ホテルマンのシフト

ホテルマンの仕事は、ホテルが24時間365日休みなく営業していることから、基本的にはシフト制となっており平日や休日に関係なく働いています。またゴールデンウィークや年末年始などは利用客が増加する傾向があるため、通常の営業よりも人員を増やして対応するケースもあるため休みを取得しにくいこともあります。ですが一般的なホテルでは、休日の日数自体は月に7日~9日程度あるため、しっかりと体を休めることできるのです。またシフト制のメリットとしては、3日勤務して1日休んだり、希望すれば2連休の取得も可能となっているため、自身の都合に合わせて休みを取得できます。そのため希望する休みの日を事前に申告していれば、個人的な用事があればしっかりと休むことができるのです。

また勤務する時間帯についてもシフト制となっていることが多く、日によって出勤する時間帯や退社する時間帯が異なることがあります。そのため生活リズムをしっかりとコントロールして、体調を崩さないように充分に気を付けなければならないのです。

このようにホテルでの仕事は、土日祝日に休むことが難しい反面、定期的に休日が振り分けられていることからコンスタントに休むことができるメリットもあるのです。

ホテルマンの夜勤

ホテルマンは日勤だけではなく、夜勤の勤務が必要なケースが存在しています。支配人については、夜間に支配人の代役としてナイトマネージャーがいることから日勤での勤務が主流となっています。ですがフロント業務では、定期的に日勤と夜勤の勤務を繰り返すのが一般的であるため、出勤する時間の誤りがないように自身のシフトはしっかりと把握しておく必要があります。

また夜勤の場合の一日の労働時間は、日勤の時と比べると3時間~4時間程度長くなっていますが、その分休憩時間が多く設けられており、ベッドの備え付けられた個室で仮眠を取ることができます。ですので拘束時間は日勤の時よりも長くなりますが、実質的な労働時間はほとんど変わりないということになのです。

一日の労働時間がバラバラになるため、体調面での心配がありますが、夜勤のシフトは日勤のシフトとバランスよく組まれている上に休日をはさんでシフトの交代をするケースがほとんどなのであまり心配する必要はありません。

このようにホテルマンは部署によっては夜勤での勤務になることもあるので、体調面には充分に気を付けましょう。

ホテルマンの休みと生活

ホテルマンの休みはシフト制となっているため、月によって自身の休日が土日祝日又は平日に振り分けられるのかは分かりません。基本的には休みがバランスよくシフトが組まれるので、月に1度か2度程度は土日祝日に休みが振り分けられることが多いです。またホテルマンには連休がほとんどなく、短いスパンで定期的に休日が割り振られています。ですが希望休を提出していれば連休を取得することも可能なので、休みの日には事前に計画を立てて旅行や行楽を楽しむことも充分に可能です。またホテルによっては月に一度は2連休になるようにシフトを組んでいるケースもあり、従業員の私生活が充実するように配慮しているケースもあるので、そういったホテルでは働きやすい環境が整っているといえるでしょう。

フロント業務などの夜勤と日勤が必要な部署では、日勤の場合は早朝に起床し、夜勤の場合は夕方ごろに起床するようになるため、自身のシフトをしっかりと把握して、業務中に睡魔に襲われることのないようにしっかりと睡眠を取る必要があります。このようにホテルマンはシフトにあった生活リズムを作ることが大切なので、業務に支障の出ないように私生活や休日を過ごすように心がけましょう。

ホテルマンの適性と向いている人

ホテルマンの仕事の特徴は、お客様を相手に対応するのが一番の役割であるため、コミュニケーション能力の適性やお客様への配慮のできる人に向いているといえるでしょう。また適性として、ホテルマンは電話対応やパソコンの操作が必要なケースもあるので、マニュアルに沿った対応ができることや基本的なパソコン操作ができるとより良いでしょう。

つまりホテルマンの適性があり向いている人は、コミュニケーション能力があり、マニュアル通りに動くことができる人といえるでしょう。

ホテルマンの出世とキャリアプラン

ホテルマンのキャリアプランに関しては、部署によってかなり違いがありますが、支配人を目指しているのであれば支配人候補としてキャリア採用されるのが一番の近道です。ホテルマンのなかでも位の高い支配人に出世するためのキャリアプランは、支配人候補として入社したのち、フロント業務や電話対応などの下積み期間を経て1年~2年程度でなることができます。ですが未経験の場合は候補として採用されることは難しいため、ホテルマンとして出世のためには業界内でのキャリア経験が必要になるのです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる