ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの仕事/マナー/給料

ホテルにあるレストランやバー、ラウンジで働くウェイターは身のこなしがスマートでとても素敵ですよね。この記事ではホテルで働くウェイター(ウェイトレス)・ホールの仕事についてご紹介します。

この記事の見出し

ホテルのウェイター/ウェイトレスとは

レストランでお客様と接するサービスマンのことをウェイターまたはウェイトレスといいます。ウェイターは男性、ウェイトレスは女性スタッフのことを指す言葉です。一般的に飲食店でホールスタッフと呼ばれる仕事のことをいいます。

ホテルのレストランで働くウェイター・ウェイトレスは大きく分けて、お客様をお迎えし、メニューやおすすめの料理・飲み物を提案し注文をとる業務、お客様に料理や飲み物を提供する仕事、お客様に快適な食事の時間を提供するために料理の量や味、そして雰囲気づくりなどにも気を配る役目をもっています。

具体的なウェイター・ウェイトレスの仕事の内容を箇条書きにすると、

  • 開店前にテーブルセットや備品のチェック、補充
  • お客様をお迎えし、注文をとる
  • タイミングを見計らって料理や飲料を提供する
  • 料理が口にあっているか、量は多かったり少なかったりしないかを確認し必要に応じて対応する
  • 料理や飲料など、追加の注文を提案する
  • お会計後、お客様を笑顔でお見送りする

といった業務が中心になります。

ホテルのウェイター/ウェイトレスのマナー

ウェイター・ウェイトレス・ホールの基本的な仕事は、ホテルのレストランやバー、ラウンジでお客様に料理や飲み物を提供するのが基本です。しかしファミリーレストランのホールスタッフのように、ただ単に料理や飲み物を提供するだけではありません。そこにはホテルのウェイター/ウェイトレスのマナーがあります。

レストランにいらっしゃったお客様をお迎えし、席までご案内。お客様の食事の目的に合わせて、楽しく心地よい食事の時間を提供することもウェイター・ウェイトレスの大切な役割とマナーの要素です。なので営業時間中は常にお客様の動きや表情を観察し、食事を満喫しているか、料理や飲み物はお口に合っているか、量は多くないか…などをしっかりと把握しなければなりません。

例えば、接待でレストランを利用するお客様は商談がメインとなり、食事のスピードが遅いことがあります。お客様の様子を伺い、料理を提供するスピードをコントロールします。また、料理を食べるスピードが遅かったり、残している場合は料理の量が多かったり、苦手な食べ物があるということが考えられます。その際には次の料理から量を少なめに作ることを提案したり、苦手な食材を抜くことを提案することでお客様の満足度があがります。

ホテルのレストランでは、ただ美味しい料理を楽しんでもらうだけでなく、快適な時間を過ごしていただけるような対応をとることもウェイター・ウェイトレスの重要な役目とマナーなのです。

一般的にウェイター・ウェイトレスの仕事といえば「料理を運んでお皿を下げるだけ」というイメージをお持ちの方が多いでしょう。しかしホテルのレストランを利用される方は、美味しい食事や飲み物以上の質の高いサービスを求める方がほどんどです。食材や料理・飲料に関する知識、食事の際のマナーなど学ぶべきことも多くあります。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの仕事内容

ここではウェイター・ウェイトレス・ホールの業務内容について具体的にお伝えします。

ウェイター・ウェイトレスといっても、ホールスタッフとしての業務以外にさまざまな役割がありますので、それぞれの役職ごとにも簡単に触れながら役割をご紹介します。

ホテルのラウンジ/ホールのレセプショニストの仕事内容

レセプショニストとはレストランの受付(レセプション)を担当するスタッフです。

ホテルによっては、レセプショニストはレストランのスタッフと別の部署として独立している場合もあります。レストランに来店するお客様が一番最初に会うのがレセプショニストのため、美しい立ち振る舞いや言葉遣い、マナー、ホテルによっては英語力も問われる仕事です。

ホテルのラウンジ/ホールのバスボーイの仕事内容

ホテルのレストランに配属され、一番最初に担当するのがこのバスボーイと呼ばれるポジションです。パートやアルバイトで入社した場合もまずはバスボーイを担当することが一般的。バスボーイとは、ウェイター・ウェイトレスの補助業務を担当する役割を担います。

バスボーイの仕事は、食器類を片付ける、テーブルクロスやナプキンなど、リネン類のセッティング、お皿やナイフ・フォークなどのシルバー類を磨きあげる、など、いわゆる「裏方」の仕事です。バスボーイとして、レストランの仕組みや料理や飲料についての知識を学びながらウェイター・ウェイトレスを目指します。

ホテルのラウンジ/ホールのウェイター/ウェイトレスの仕事内容

レストランで接客を担当するのがウェイター・ウェイトレスで、メインのお仕事は、キッチンからホールに料理を運ぶ、什器の準備など、キャプテンのサポート業務、などになります。

キャプテンがスムーズに接客を行えるようにサポートするのがウェイター・ウェイトレスの主な役目です。ホールやお客様、キャプテンの様子をしっかりと把握し行動することが求められます。

ホテルのラウンジ/ホールのキャプテンの仕事内容

ホテルのレストランで、接客をメインに行うのがキャプテンの役割となり、お客様にメニューの説明をし、注文をとる、料理の提供やお皿を下げる、といった業務を担当します。また、お客様の様子や状況をしっかり把握し、食事の進み具合をキッチンに伝えてコース料理のペースを調整するのもキャプテンの役割です

食材や飲料に関すること、またホテルの周辺の状況から最新のニュースまでお客様と話をする機会もあるため、様々な経験と知識が必要とされます。

ホテルのラウンジ/ホールのソムリエの仕事内容

ワインをはじめ、飲料すべての責任をもつ役割をもつのがソムリエです。レストランでは食前酒や食後酒、コースの内容に合わせたワインの提案とサービスを行います。ワインはもちろん、飲料すべてに関する幅広い知識が求められます。

ホテルのラウンジ/ホールのマネージャーの仕事内容

マネージャーはレストランの責任者となり、直接お客様に料理や飲料を提供することはほとんどありませんが、お客様とのコミュニケーションやレストランの運営などレストラン全体の管理をする役割をもっています。

ホテルのウェイター/ウェイトレスの一日の仕事内容

次にウェイター・ウェイトレスの一日の業務の流れの一例をご紹介します。

【遅番/ディナー担当の場合】営業時間17:30~22:00のレストランを想定

15:00 出勤 早番から引き継ぎをうけ、その日のディナーの予約を確認

15:15~ ディナータイムの準備…予約に合わせてテーブルセットの確認/ナイフ・フォークなどシルバー類の補充/メニューのセット/テーブルや椅子が汚れていないかを確認、必要であれば掃除・交換/テーブル装花のチェック(必要であれば花屋に連絡し交換してもらう)/テーブル上の塩コショウなどの補充

16:00~ 休憩/食堂で食事をとり、ディナータイムに備える

17:00~ ディナー前のミーティング/マネージャーやキャプテン、シェフからその日の連絡事項や注意事項を伝えられる

17:15~ 予約とテーブルの最終チェック

17:30~ レストラン開店/お客様をお迎えし接客を行う/オペレーションがスムーズに進むように自分の担当業務を行う/常連のお客様のテーブルには必ず挨拶に伺う

21:30~ ラストオーダー/お客様にラストオーダーを伺い、シェフに伝える

22:00~ レストラン閉店/食器の片づけ/翌日のランチタイムの予約に合わせたテーブルセット/ディナータイムで使用した食器やナイフ・フォークなどシルバー類を磨きあげる/食材や飲料の消費期限を確認、必要に応じて発注作業を行う

23:30 退勤

このように、レストランの営業中だけでなく準備や片づけもウェイター・ウェイトレスの大切な仕事です。

お客様を気持ちよく迎えるために、テーブルをはじめ装花や椅子、店内全体を美しさを保つためにチェックを行うのもウェイター・ウェイトレスの重要な役目です。

ウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの大変なこと/きついこと/やりがい/向いてる人

ウェイター・ウェイトレス・ホールのやりがいは、お客様が喜んでくれることに尽きます。これは、どんなサービス業に携わる人にも共通のやりがいではないでしょうか。

さらに自分自身の知識や接客レベルが上がると、おすすめしたものをお客様が注文してくれる機会が増えていきます。自分のサービスにより、高価なメニューが販売できレストランの売り上げが上がることは非常にやりがいを感じる瞬間です。

レストランだけでなく社会で必要なマナーを学ぶこともできるため細やかな心配りができる人に向いてるといえます。

ホテルでは朝食から深夜のバータイムまで、営業時間が長いことが特徴のひとつ。そのため、長時間労働はある程度覚悟しておく必要があります。

重たい食器類を運ぶことや、営業時間中は立ちっぱなしであることから体力に自信がある人が向いているでしょう。病弱な人や体力がない人にはきつい仕事かもしれません。体力があり、さらにお客様を楽しませたいという気持ちを持ち、料理や飲料に対する探究心がある人にはぴったりの仕事だといえます。

よって、ホテルのレストランのウェイター・ウェイトレスに向いているのは、お客様が喜んでくれる姿に喜びを感じる人、料理や飲料に対する探究心がある人、細やかな心配りができる人、体力がある人などの適性を持った人が該当しやすいです。

ホテルのウェイター/ウェイトレスの給料(年収)

ホテルのウェイター/ウェイトレスの給料(年収)の平均はどのくらい?

年収 250万円~400万円程度
月収・月給 16万円~33万円程度
日給 8,000円~1万6,000円程度 

※一か月あたり20日働いた場合

時給 1,000円~2,000円程度 

※一日あたり8時間働いた場合

一般的なホテルのウェイター・ウェイトレスの平均的な給料は下記のようになるでしょう。

  • 年収 250~400万円程度
  • 月収 16~33万円程度
  • 日給 8,000~1万6,000円程度
  • 時給 1,000~2,000円程度

役職によって収入は大きく変わりますが、新卒で入社してしばらくは都心で一人暮らしをするのが少しきついと感じるかもしれません。ただし、役職を上げるごとに給料・年収は上がっていきます。

また、ホテルのウェイター・ウェイトレスは残業や深夜勤務が比較的多い仕事で、深夜手当や残業手当は勤務時間に応じて支給されます。賞与・ボーナスはホテルによって条件が変わりますが、支給されるホテルが多いです。

応募するホテルの求人情報にしっかり目を通し、給与や待遇の条件をしっかり確認しましょう。

ホテルのウェイター/ウェイトレスの手当(深夜・残業など)や賞与・ボーナス

ホテルのウェイター・ウェイトレスは残業や深夜勤務が比較的多い仕事です。

深夜手当や残業手当は勤務時間に応じて支給されます。深夜に営業しているレストランやバー勤務のウェイター・ウェイトレスは月収に加え深夜手当が加算されます。

また賞与・ボーナスはホテルによって変わりますが、基本的には支給されるホテルが多いです。

その年の業績により賞与・ボーナスの金額は変わる場合があります。ホテルによって、賞与・ボーナスの規定は変わるので求人情報や募集要項をしっかりチェックしてみましょう。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの勤務形態や働き方を教えて

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの勤務時間(労働時間)・休憩はどれくらい?

ホテルのウェイター・ウェイトレスの勤務時間は実働7.5~8時間、休憩1時間程度が一般的です。

繁忙期やイベントが行われる際には残業が続くこともあります。休憩はランチタイムとディナータイムの間の時間でとることが一般的です。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールに深夜の仕事や残業はあるの?

ホテルのウェイター・ウェイトレスの仕事では、店舗によって深夜の仕事や残業があります。

たとえば24時間営業のレストランやラウンジ、深夜まで営業しているバーなどは深夜勤務が必ずあります。シフトで早番、遅番、深夜番と別れている場合がほとんどです。

ホテルのレストランでは残業は比較的多いといわれています。勤務先のホテルの方針にもよりますが、繁忙期やイベントが行われる際には残業をする機会が増えるでしょう。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールにシフトや休みはあるの?

ホテルのウェイター・ウェイトレスはシフト勤務であることがほとんどです。

休みは月間8~9日程度が主流です。シフトにより休みが決まりますが、月に何日かはこの日に休みたいという「希望休」をとることができる場合もあります。

ホテルの立地にもよりますが、多くのホテルのレストランは土日が込み合います。そのため、休みは平日に交代でとる場合が多いです。

ホテルのウェイター/ウェイトレスになるには

ウェイター・ウェイトレスになるためには大きく、新卒採用に応募、中途採用に応募、パート・アルバイトから社員登用を目指す、という3種類の方法があります。うち、バスボーイとして入社し、ウェイター・ウェイトレス→キャプテン→マネージャーとキャリアアップしていくのが一般的です。

ホテルのレストランでウェイター・ウェイトレスになるために専門学校やスクールに行くのは必ずしも必要であはありません。働きながらスキルや経験をつけていけるため、未経験でも入社することは可能です。

また、ウェイター・ウェイトレスに採用されるために必要なスキルや資格については、おもてなしの精神をもっていること、モチベーションが高いこと、体力があること、の3点が重要です。スキルや資格については働きながら身につけることができます。大切なのはポテンシャルの高さと熱意、長時間の立ち仕事に耐えうる体力をもっていることです。

新卒採用でホテルのウェイター/ウェイトレスになるには

大学や短大、専門学校を卒業後に新卒で入社する方法です。専門学校の場合、ホテル系の専門学校やトラベル系専門学校からホテルのレストランを目指す人が多いです。一般的な就職活動と同様に求人情報を探し、採用試験を受けて入社します。

中途採用でホテルのウェイター/ウェイトレスになるには

ホテル業界は転職が多いのが特徴のひとつでもあります。そのため、中途採用の求人はウェブ上で多く見つけることができます。各ホテルの採用情報のページでウェイター・ウェイトレスの募集がないか、またはホテル系求人サイトをチェックしてみましょう。レストランでの勤務経験が無かったとしても、契約社員として採用してもらえるパターンもあります。

パートやアルバイトでホテルのウェイター/ウェイトレスになるには

ホテルのレストランでパート・アルバイトをしており、やる気やモチベーションの高さが認められ社員として採用されることもあります。

どうしても働きたいレストランがある場合、まずはアルバイトとして即戦力になることをアピールするのもひとつの手段です。ウェイター・ウェイトレスになるには、いきなり就職しなくてもホテルのレストランで働く方法があるということを頭に入れておきましょう。

ホテルのウェイター/ウェイトレスのキャリアステップ

ホテルのウェイター/ウェイトレスのキャリアステップは、

バスボーイ→ウェイター・ウェイトレス→キャプテン→マネージャー

という風にステップアップしていきます。求人情報に各ポジションごとに募集があるのでチェックしてみてください。

ウェイター・ウェイトレスとして働く中でソムリエの資格やバーテンダーの資格をとることで専門職につくことも可能です。

ホテルのウェイター/ウェイトレスになるために料理の専門学校やスクールに通う必要はあるの?

ホテルでウェイター・ウェイトレスになるために、何かの専門学校に通う必要はありません。しかしホテルに就職する人の中にホテルやトラベル系の専門学校を卒業したスタッフが多いことも事実です。専門学校に通っていなくても、飲食店でのアルバイトの経験が役立つことがあります。

ウェイター・ウェイトレスの仕事は現場で実際に仕事をしながら覚えていくことが多いため、専門学校に関しては重要ではありません。

ホテルのウェイター/ウェイトレスなるのに必要な資格

ウェイター・ウェイトレスに採用されるために必要なのは、おもてなしの精神をもっていること、モチベーションが高いこと、そして体力くらいです。

絶対に必要なスキルや資格はありません。

スキルや経験はホテルのレストランで実際に働く中で身に着けることが多いため、入社時のスキルよりも体力やお客様を喜ばせたいという気持ちの方が大切です。長時間の立ち仕事であり、勤務時間も長いことから体力がないときついかもしれません。

中途採用の場合、飲食店での勤務経験やソムリエやバーテンダーの資格を持っていると優遇される場合があります。

ホテルのウェイター/ウェイトレスの髪型/メイク

髪型やメイク・服装に関しては、勤務先のホテルによって規定が異なります。レストランでは飲食店のため、清潔感があることは絶対に必要です。爪は短く切り、髪は食べ物に入ることのないようにしっかりとまとめます。

男性は髪をジェルやヘアスプレーでしっかりと固めます。

女性も髪の長い人はしっかりとまとめます。シニヨンや夜会巻きのウエイトレスが多いですね。前髪は目にかからないようにしっかりと固めます。

メイクは日系ホテルだとシンプルめに、外資系ホテルの場合は華やかなスタイルを求められます。

飲食店なのでネイルは基本的にはしない方が良いですが、ホテルによっては指先を美しくみせるためにナチュラルなネイルを推奨されることがあります。

髪型やメイクが気になる場合は、面接を受ける前に実際にホテルに見に行ってみるといいでしょう。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの雇用形態

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの一般的な雇用形態・契約の種類

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり あり あり

ホテルのウェイター・ウェイトレスの雇用形態には、正社員、派遣社員、契約社員、アルバイト・パートと様々な雇用形態があります。

パートやアルバイトの場合、まずはバスボーイという役目を担います。バスボーイの仕事は、食器の片づけやテーブルクロスなどリネン類のセッティング、お皿やフォークなどを磨き上げるというったいわゆる裏方業務です。

ホテルのレストランの接客では豊富な経験と知識が求められるため、まずはレストランの業務に慣れることからはじめます。

また、ホテルのレストランには「配膳会」という日雇いの派遣システムがあります。その日のオペレーションを運営するために人員が不足している場合、配膳会に登録しているスタッフを日雇いで雇うシステムです。これはホテルやブライダル業界独自の雇用形態です。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールはパートやアルバイト(バイト)だとどんな仕事をするの?

ホテルのレストランにパートやアルバイトとして採用された場合、まずはバスボーイと呼ばれる仕事につきます。

バスボーイの仕事は、食器類を片付ける、テーブルクロスやナプキンなど、リネン類のセッティングを行う、お皿やナイフ・フォークなどのシルバー類を磨きあげる、といったいわゆる裏方業務です。

飲食店での勤務経験があったとしても、ホテルのレストランでの仕事内容は独自のルールがあるため基礎から学ぶ必要があります。ホテルでの接客は豊富な経験と知識が求められるため、まずはレストランを運営するために必要な準備や片づけから取り組みます。

パートやアルバイトを長く続けていると、ウェイター・ウェイトレスの仕事をやらせてもらえる場合もあります。また、パート・アルバイトから、やる気やポテンシャルを見込まれて契約社員・正社員として採用されることもあります。

ホテルの派遣社員(配膳会)はどんな仕組み?どんな仕事をするの?

ホテルのウェイター・ウェイトレス業界には「配膳会」という派遣スタッフのシステムがあります。その日のスタッフがたりない場合、配膳会と呼ばれる派遣会社に属するスタッフが日雇いで勤務するというシステムです。配膳会のスタッフは時給で勤務しています。

また、配膳会のスタッフブライダル業界でも活躍しており、人員不足や急なパーティーの開催などに対応しています。

配膳会のスタッフは「給仕のプロ」であり、どんなホテルや宴会場でも仕事をこなすことができます。ホテルのウェイター・ウェイトレスの仕事に興味を持ったら、配膳会に登録してホテルの仕事をのぞいてみるのも面白いかもしれませんね。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールに就職・転職するための方法や求人募集の探し方

ここからは、ホテルのウェイター・ウェイトレスの仕事に就職・転職するためにはどうしたら良いかについてお伝えします。

就職面接では、「自分がどのようにお客様を楽しませることができるか」「コミュニケーション能力の高さ」、「ゆくゆくはお客様の満足だけではなく、店舗の売り上げに大きく貢献したい」といった点をアピールできるとポイントが高いです。レストランで勤務することをイメージし、自分ができること、やりたいことを明確にしておきましょう。

求人情報は、インターネット上で探すことができますので、各ホテルのホームページにある採用情報や、ホテル系の求人サイトから検索してみてください。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツ

ホテルのレストランで勤務することを希望する場合、面接や履歴書で「自分がどのようにお客様を楽しませることができるか」、「コミュニケーション能力の高さ」、「ゆくゆくはお客様の満足だけではなく、店舗の売り上げに大きく貢献したい」、という内容を伝えると好印象です。この辺りを踏まえた上で志望動機を考えてみましょう。

レストランで働く上で大切なこととして、

  • お客様を満足させること
  • スムーズにオペレーションを行うこと
  • 売り上げを上げること
  • 効率よく仕事に取り組むこと
  • キッチンスタッフや他部署のスタッフとのコミュニケーションをとること

などが挙げられます。

これらの内容について、自分の経験やスキルと照らし合わせた上で履歴書や職務経歴書を作成するとよいでしょう。また、レストランでの最低限のマナーや各料理のコースについて、食料や飲料に関する知識も学んでおくとよいかもしれません。その上で、募集要項にしっかりと目をとおしそのホテルが求める人材についても考慮した上で志望動機を考えてみてください。

ホテルのウェイター/ウェイトレス/ラウンジ/ホールの求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

ホテルのウェイター・ウェイトレスの求人情報は、ウェブ上で検索することができます。各ホテルの採用情報ページに求人情報が記載されている場合もあります。ホテル系の仕事に特化した求人サイトもあるので、それらもチェックしてみてください。

パート・アルバイトの場合は、アルバイト情報誌に求人情報が載っていることがあるのでそちらもチェックしてみましょう。

 

ホテルのレストランでお客様に求められるサービスのレベルは非常に高いです。しかし自分のサービスでお客様が喜んでくれることは非常にやりがいのある仕事ですよ。ぜひ仕事情報をチェックしてみてくださいね。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる