ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルの営業(セールス)職の仕事内容/給料(年収)

ホテルのセールスと言うとどういうイメージでしょうか。何を売るのか、どういう方をお相手するのかなど仕事内容や給料・就職・転職に関することなど分かりやすくご説明いたします。

ホテルの営業(セールス)職/営業部門とは

ホテルの営業(セールス)職/営業部門はホテルの売り上げに直結する重要な部署になります。

セールスでも細分化されているケースもあり「宿泊セールス」「宴会セールス」と細分化されていたり、営業の「マーケティング部」も存在します。大きなホテルは細分化していますが、小中規模のホテルでは何役もこなさなくてはならない事もあります。

ホテルの集客営業

まずは宴会場や客室などホテルの商品をいかに効率的に稼働させるか、同じスペースでも客単価をいかに高く売るかがホテルの営業(セールス)職/営業部門の腕の見せ所です。複数のスペースを効率的に販売するには団体に使ってもらうことが近道です。この団体に入ってもらうための営業活動することが一般的な役割です。

宿泊セールスは客室が中心となるので、旅行会社の商品参入やバスツアーの受け入れなど営業企画に近く、個人利用から団体まで幅広く業務にあたります。

ホテルの宴会営業

ホテルでもっとも利益率が高いのは実は宿泊よりも宴会による売上であることが少なくありません。

宴会セールスはレストランの企画であったり、地元の宴会を誘致します。わかりやすく言えば、クリスマスディナーや忘年会プランなど、こちらも企画から販売まで業務にあたります。

そのためホテルの営業(セールス)職/営業部門はシーズンごとのイベントや会社のイベントに合わせて宴会営業を行っていきます。

ホテルの営業(セールス)職の仕事内容

ホテルの営業(セールス)職/営業部門は、ホテルというスペースと演出・備品・料理などをお客様のニーズに合ったものを販売することがその役割です。電話窓口・外回り営業・企画書作成・マーケティングなど具体的な仕事内容はさまざまです。また、当日はスムーズに運営されるように受け入れの先頭に立って現場業務を取り仕切ることも大切な仕事です。

セールス(営業)には、必ず相手が存在します。法人企業や組合などもありますが、一番多いのは「旅行会社」です。旅行会社も個人の旅行を売るより、団体を売った方が効率的と考えています。そして旅行会社の強みは交通も併せて販売できるので、お客様にとっても窓口が一つで済むので頼みやすいので、ホテルへ直接ではなく旅行会社に依頼します。旅行会社から問い合わせを貰うために、日ごろから顔出しやコミニケーションを取ることが営業業務の基本です。

そして、お客様⇔旅行会社⇔ホテルの流れになりますので、ホテルの窓口として仕事をします。

では、「ホテルの窓口」として具体的な仕事内容を見てみましょう。

ホテルの営業(セールス)職の仕事:問い合わせの対応

お客様(旅行会社)からまずは問い合わせが入ります。まずは空き確認として、利用日・人数・必要な宴会場・客室や希望内容が伝えられます。その情報を基に、空き状況の確認やホテルとして対応が可能かどうか判断します。

ホテルの営業(セールス)職の仕事:企画書の作成

受け入れが可能であれば企画書を作成します。見積書・会場レイアウト・食事メニュー例なども企画書に組み込まれます。お客様の要望をよく理解したうえで作成することがポイントですが、お客様が想像していなかったプランを提案して客単価を上げていく事も大切です。

ホテルの営業(セールス)職の仕事:手配

契約に至った案件について、ホテルの現場へ手配します。客室や料理・宴会場・備品など、さまざまなセクションへ手配します。ホテルによっては、ここで現場担当へ引き継ぐ場合もあります。

直前までお客様との打ち合わせは続きます。最近はメールでのやり取りが中心ではありますが、時にはお客様から提案を求められたり、急に担当者が変わったりと様々な場面が出てきます。正確に進めることでお客様から信頼されれば、別案件や次年度の利用につながっていきます。

ホテルの営業(セールス)職の仕事:当日の受け入れ作業

ホテルによっては当日の受け入れ業務を先頭に立って行う場合があります。ホテルによっては当日の受け入れ業務を先頭に立って行う場合があります。特に打ち合わせを行ってきた担当者が当日に近くにいるとお客様も安心します。

以上が1件の案件に対する流れです。お客様が利用するための『総合プロデューサー』の役割です。ホテルの顔としてやりがいのある重要なお仕事です。

他にも皆さんが知っている所では「ブライダル」があります。プロデュースのイメージが強いですが、こちらも立派な営業職です。しかし独立した部署になっているケースが多いですが、先に上げた「ホテルの窓口」の仕事内容でお客様を新郎新婦に置き換えていただければ容易に想像できると思います。

ホテルの営業(セールス)職の給料(年収)を教えて

ホテルの営業(セールス)職の給料(年収)はどのくらい?

年収 240万円~800万円程度
月収・月給 15万円~50万円程度 ※賞与は別
日給 7,500円~25,000円円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 937円~3,125円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

年収・給料は経験値で差が出てきます。先ほども書いた通りホテルの総合プロデューサーである以上、ホテル内部を熟知しているか否かで任せられる規模が変わってきます。

当然売り上げが良ければ評価が上がり、役職も上がってきます。ホテルによってはインセンティブ制を導入してますので、売り上げが良ければ給料も上がります。

また、新卒と中途採用の経験者の転職では、年収・給料にはかなりの開きがあります。

基本給は高くありませんが、役職など手当や残業代で年収が設定されていきます。地方は月収が安いケースが多く見受けられますが、寮が完備されていたり食事が出たりなど給料に見えないオプションがあります。月収だけを見ずになるべく情報を集めましょう。

外資系ホテルでは、月給制ではなく年俸制になるケースもあり、年単位の契約社員になるケースがあります。

ホテルの営業(セールス)職の手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

手当は販売実績に対してのインセンティブが付く場合があります。または賞与に評価が反映される場合もあります。地方への出張に対しても出張手当・通勤手当や交際費・被服費など企業によって異なってきます。

外資系は年収が高く書いてあることが多くありますが、そのほとんどはインセンティブが付いた場合が多く、給料に関する契約はしっかり聞く必要があります。

ホテルの営業(セールス)職の勤務形態/残業/休み/研修

基本的には平日の日勤がメインです。セールスの相手となる旅行会社や企業の活動時間に合わせますので、営業窓口にもよりますが、日勤の中で早出と遅出があります。

お客様のアポなどもありますので、出勤時間や休憩時間は自己管理になることが多いですが、閑散期などは有給を含めてまとめて休みを取るチャンスもあります。

基本的には深夜の仕事(泊まり・夜勤)はありません。

残業については、個人の業務効率も関わってきますが、担当の本数や進行状況によって波があるのが現実的です。ただし、時給でしっかり付くケースとみなし残業で付くケースがありますので、契約時に確認をしましょう。

休みについては年間100日を超えるところが増えてきました。休日は土日が多い傾向もありますが、担当の関係で平日になるケースもあります。

外回りの場合は、直行や直帰が認められる場合もあります。ただ、個人情報が厳しい時代でもありますので、認めないホテルもあります。都市部では公共交通での通勤、地方の場合は車通勤になります。

セールスの研修については、先輩につくケースが多いです。少しずつ顔を覚えてもらうことから始めます。

ホテルの営業(セールス)職の雇用形態

ホテル売り上げの根幹となる部署になるため、正社員での募集のみとなります。アルバイトやパートでは責務が重く任せられないのが本音です。新卒者未経験からいきなりセールス部門への就職はなかなか難しいですが、将来の目標として考えていればチャンスは必ず巡ってきます。

同業種の転職・経験者で育児のために退職した人がパートとして復職し営業事務として手伝うケースもありますので、諦めずに問い合わせしてみましょう。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 なし まれに なし あり

※外資系は稀に扱いが契約社員になるケースがあります。(中途採用のみ)

また、正社員では経験者以外でホテルの営業職になることは難しいです。まずは現場での正社員で経験を積むことで、将来セールスへ異動することが最善の方法です。

ホテルの営業(セールス)職になるには

ホテルの営業(セールス)職になるにはどうすればいいの?

新卒(未経験者)と転職(経験者)ではセールスへのアプローチは変わってきます。転職の場合経験者はかなり優遇され、ストレートにセールス(営業)に就職できるチャンスがあります。未経験者や新卒の就職においては、ホテルの地元出身であればにパイプがあったり知り合いが多いことで地元宴会セールスに期待が持たれますが、下積みとして現場部署の経験が必要となるのが普通です。求人票や説明会や面接時にしっかり確認することをお勧めします。

セールス(営業)になるにはまずはホテルの基礎を熟知することが重要です。ホテルの専門学校でホテルの基礎を学ぶことをお勧めします。ホテル関係の求人票がたくさん来ますし、夏休みなどでは実習という名目でホテルでアルバイトするケースがあります。

経験値を上げられますし、実習での経験が志望動機になり実習先でそのまま就職したケースも多く見受けられます。ホテル内の様々な部署を経験してセールス担当になる人も多くいますので、新卒では他の部署への就職も視野に入れましょう。

新卒については、最初からセールス1本というのは難しいと思います。経験を積んで将来的にセールスとやりたいと伝えるのが得策です。ただ、申し出した以上ちゃんとした理由がないと面接時には減点となりますので気を付けてください。ホテルの基礎知識は当然必要ですし勤務先のホテルの特徴から弱点まで熟知する必要があります。

セールスになることを意識しつつ、色々な部署の経験をされることが一番の近道ですので、色々勉強しながら経験を積んでセールスをやりたいと伝えるのが良いでしょう。

経験者については、どういったパイプがあるのか具体的な業務経験を示すことが強みになるでしょう。旅行会社系が強いや法人関係で担当者との知り合いがどれくらいいるのか、得意分野を示すことが採用につながります。

ホテルのセールス(営業)になるのに必要なスキル/資格

特にこれが必要というものはありませんが、今の時代インバウンド(外国客)が多く入ってきます。セールスの中でも海外担当もありますので語学関係はホテル業務では活かされますのでお勧めです。直接関係がなくても簿記など認知度の高い資格は、採用時には評価対象になることは多いです。

面接のときには資格・スキルについて聞かれるケースもあります。ぜひ多くの資格・スキルを身に付けてください。求人票に資格保有者優遇と書いてあれば給料にも反映されるケースもあります。また、地方については生活や通勤で車が必要になるケースが多いので、この辺も留意しましょう。

ホテルの営業(セールス)職のやりがい/大変なこと/向いている人

やりがいはお客様から『ありがとう』の一言です。セールスと言いながらも、サービス業です。お客様に喜んでいただくことが一番です。

大変なところは、お客様の要望とホテルで用意できる内容が隔たりがあるときです。お客様に納得いただかなければなりません。重要なのは『コミニケーションと調整力』です。お客様だけではなく、ホテル内の関係する部署への相談や許可など、お客様の要望を叶えるためにたくさんのスタッフの協力を得なければなりません。目標に向かって進む意思が強い方におすすめです。

ホテルの営業(セールス)職の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方

最近での就職活動はWEBから情報を取ることが一般的ですが、企業からはあまり出したくない情報もありますので、WEB上では曖昧な記載が多く見受けられます。画面上だけではなく、そのホテルに出向いてみたりお客として利用してみるなど、実際に見学することをお勧めします。

ホテルの営業(セールス)職の面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツ

まずはサービス業が好きであることが重要です。ただし、面接では志望動機を問われて居酒屋やファミレスで単に働いて好きになったという単純な答えはお勧めしません。ホテルはマニュアルがないサービス業とも言われます。その場その場でお客様が求めているものに答えていく必要があり、少し格が違います。

新卒の方の面接では自身の旅行等で利用したホテルの経験から興味をもった経験談や最終的には宴会セールスや宿泊セールスを担当したいなど入社後の目標を伝えると有効でしょう。

転職の方の面接は、実績を強調しすぎないように今まで従事してきた職務と役職(マネージャー・課長など)を書かれた方が無難です。面接のときも志望動機を問われた際には、自身の実績は誇大過ぎずに心掛けつつも、希望する職務を問われた際には「宿泊セールス」や「宴会セールス」・「マーケティング」などしっかり伝えましょう。

ホテルの営業(セールス)職の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

一般的な転職サイトや就職サイトにも情報が載っています。ホテル求人専門サイトも増えており、就職・転職・アルバイト・パート・正社員など募集内容は充実しています。求人サイトではホテル名ではなく、親会社の名前で募集を出して職種にホテルセールスと書かれているときもありますので、見落とさないことも大切です。

現在ホテル業界も人出不足の状況ですので、新卒採用・中途採用とも積極的です。募集内容も大まかに書いてあるケースが多いので、分からないことがあれば電話かメールで問い合わせしましょう。問い合わせのコツとしては最初のメールで1度電話で話したい旨を伝えてください。電話応対が丁寧であれば、その時点で評価をいただき採用に加点されます。もちろんメールも丁寧な文章が必要です。問い合わせする時点で面接が始まっていると意識してください。転職サイトによってはLINEなどSNSで問い合わせのケースがありますが、あまりお勧めしません。短文になりやすく先方の担当者が面倒になるケースがあるためです。最初の印象が大切なので、問い合わせも計画的・戦略的に行いましょう。

 

セールスの仕事内容や年収などの給料関係など理解したうえで、就職活動や転職にお役立てください。給料面はなかなか就職サイトや転職サイトにハッキリ書いてあるケースは稀です。しっかり話し合って、後悔のない就職・転職をなさってください。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる