ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

フラワーコーディネーターの仕事内容/給料(年収)/なるには

ホテルの花形であるブライダルの中でも、人気の高い職業がフラワーコーディネーターではないでしょうか。女性の憧れの仕事として知られていましたが、現在では男性も活躍しています。今回はそんなフラワーコーディネーターの仕事内容や、給料面、転職に必要なスキルなどを詳しくご紹介していきます。

フラワーコーディネーターとは

ホテルのフラワーコーディネーターとは、簡単に言うとブライダルのセクションに属し、結婚式のあらゆる場面をお花で彩る仕事です。結婚式といえば、チャペルや披露宴会場に華やかに飾られたお花や、新婦の美しいブーケを思い浮かべると思います。

そういうブライダルで使用するお花全般に責任を持つことが、フラワーコーディネーターの役割です。

フラワーコーディネーターは、ただブライダルのお花をコーディネートするだけではありません。新郎新婦の要望を聞き、コスト面を考えながら、膨大なお花の知識を用いて結婚式を新郎新婦のイメージ通りに仕上げないといけない、とてもプレッシャーのかかる仕事です。

ホテルのフラワーコーディネーターの仕事内容

フラワーコーディネーターの仕事内容をざっくり言うと、結婚式で使う全てのお花のアレンジメントと管理です。新郎新婦から結婚式のイメージや希望を聞き出し、そのイメージに沿ってお花を選び、式場を装飾していきます。そういったことから、この職業は感性も重要ですが、コミュニケーション能力もとても重要になります。

フラワーコーディネーターの仕事内容を具体的に説明すると、まず新郎新婦との打ち合わせから始まります。

結婚式の内容はウエディングプランナーが中心に新郎新婦と打ち合わせを行いますが、お花については直接フラワーコーディネーターが要望を伺っていきます。その時にしっかりと新郎新婦からイメージを引き出し、そのイメージを正確に受け取れるかどうかが重要になります。以前の披露宴会場やブーケの写真を見せたり、インターネットから画像を引っ張ったりしながら、イメージをすり合わせていきます。

イメージが決まれば、コスト内に収めつつイメージ通りに仕上げられるよう、お花の色合いや大きさ、花言葉やそれぞれのお花の管理方法を考えながら、お花やその他の必要なオーナメントを仕入れます。また、イメージ通りだと感動を与えられる仕事にはならないので、想像以上のものに仕上げることも求められます。

フラワーコーディネーターが手がけるのは、チャペルや披露宴会場、ブーケだけではありません。贈呈用の花束やフラワーシャワーのお花、ウェルカムボードやケーキカットに使うナイフといった小物の装飾まで多岐にわたります。

そして、お花のアレンジだけではなく、準備から結婚式が終わるまで、お花を一番きれいな状態にキープする管理も大切です。

結婚式以外の平日は、ロビーの装飾のメンテナンスや、チャペルフラワーのお花の水あげ、キャンドルやリボンのオーダー、新郎新婦との打ち合わせ、ブーケなどのデザインといった、たくさんの日常業務をこなします。

フラワーコーディネーターのやりがい/大変なこと/向いている人

結婚式の雰囲気を一手に担うフラワーコーディネーターは、プレッシャーのかかる重要な仕事で大変ではありますが、同時にとてもやりがいのある仕事だと言えます。

フラワーコーディネーターの職業は、そもそもクリエイティブでアーティスティックな仕事内容でありながら、コミュニケーション能力も問われる仕事です。新郎新婦から直接結婚式のイメージを聞きだし、式場をそのイメージ通りに仕上げる必要があります。

結婚式の雰囲気はお花にかかっているといっても過言ではありません。強いこだわりを持った新婦も多い中で、「できません」を言わずに新郎新婦の満足する会場を作ることは、難しく大変な部分であり、やりがいでもあります。

フラワーコーディネーターは「フラワーデコレーター」「フラワーアーティスト」とも呼ばれており、お花に対するたくさんの知識や、フラワーアレンジメントの技術も必要ですが、色彩感覚や共感性といったセンスも必要な要素になります。

そのため、お花が大好きで責任感があり、イメージを形にするために新しい事にどんどん挑戦していけるような、好奇心旺盛な人に向いています。お花が大好きで探究心があり、責任感の強い方に向いている職業です。

ホテルのフラワーコーディネーターの給料(年収)

ホテルのフラワーコーディネーターの給料(年収)はどれくらい?

年収 180万円~450万円程度
月収・月給 14万円~30万円程度 ※賞与は別
日給 6,800円~15,000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 850円~1,900円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

雇用形態によって給料は変わりますが、正社員であれば、月収16万円以上になる場合ががほとんどです。年収は、大きな会社であれば、実績を積んでいくと500万円以上も夢ではありません。フラワーコーディネーターの給料や年収は、正社員であればボーナスも見込め、安定した収入を得られます。

アルバイトやパートは時給になるので、年収もガクッと下がってしまいます。パートやアルバイトですと、時給が低いので月収は14万円程度と下がりますが、正社員であれば16万円以上で、経験やスキルがあればもっと高い給料を得ることもできます。

手当やボーナスについては、残業手当は付くところがほとんどです。正社員であればボーナスも期待できます。どのくらいの規模のホテルへ就職するかで、ボーナスの金額に振れ幅が出てきます。

ホテルのフラワーコーディネーターの手当(深夜・残業など)や賞与/ボーナス

フラワーコーディネーターに深夜の業務はありません。残業は20時間未満のところが多く、場所によっては、正社員雇用であれば給与に残業手当が含まれているところもあります。

アルバイトやパートでは時給計算になり、ボーナスや賞与は期待できませんが、正社員であればもらえる転職先はたくさんあります。しかし実績次第というところも多いのが現状です。ボーナスの有無で年収は大きく変わってきます。

ホテルのフラワーコーディネーターの勤務形態/働き方

ホテルのフラワーコーディネーターの勤務時間(労働時間)/休憩/残業

フラワーコーディネーターの勤務形態をざっくり言うと、ほとんどが固定時間での勤務になり、だいたいの職場で実働8時間程度になっています。

ほとんどの求人が固定時間での募集になっていますが、8:00~21:00の時間帯の中でシフト制をとっているところもあります。

休憩時間は90分あります。実働時間は8時間前後だけれど、休憩時間が普通より長いので拘束時間も長くなる傾向にあります。

また、結婚式当日は朝から夜まで時間通りに装花を仕上げてセッティングしないといけないので、作業に追われ、休憩時間を取れないことも多々あります。

ただし深夜業務はありません。ホテルによっては、正社員で就職すれば、男性の場合は深夜業務を言い渡されることもあるかもしれませんが、女性の場合は無いでしょう。

残業はあります。しかし残業があっても月に20時間程度で、その残業のほとんどが結婚式当日の、土日祝日になります。

ホテルのフラワーコーディネーターのシフト/休み

ホテルや会社によりますが、固定時間の勤務体制をとっているところがほどんどです。休みはホテルの他部署と同じで、月に8~10日程度です。GWやお盆、年末年始といった連休は期待できません。そういう連休を一年で割り、月の休日数を計算しているホテルが多く、一般的な企業より毎月の休みは多めになっています。

しかし、GWやお盆などの連休に出勤した場合は、必ずと言っていいほど手当が付きますし、オフシーズンには有給や月の休みを組み合わせて連休が作れるので、旅行にも出かけられます。

ホテルのフラワーコーディネーターの通勤方法/研修

通勤方法は、自家用車や公共交通機関を使って出勤します。

フラワーコーディネーターは、フラワーアレンジメントの知識だけでなく、ブライダルの知識も必要になります。そのため、入社2~3ヶ月は研修期間となっており、先輩からしっかり指導を受けられます。また、たくさんの技術と知識がいる職業なので、様々な研修や講習が用意されており、自分が伸ばしたいスキルの研修を受講できるようなシステムをとっているホテルが多いです。

ホテルのフラワーコーディネーター雇用形態を教えて

フラワーコーディネーターは、ホテルや花屋、またブライダル専門の会社からのアルバイト・パートか正社員での求人募集が目立ちます。

契約社員や派遣社員という雇用形態はほぼ無く、花屋に勤めながら提携先のホテルのブライダルも手がけるというスタイルがほとんどです。

パートやアルバイトで就職しても、仕事内容はさほどかわりませんが、お花の水揚げや重い装花を運んだりする雑用仕事から始めるようになります。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり

※契約社員や派遣社員はほぼ無く、花屋にフラワーコーディネーターとして就職し、提携しているホテルのブライダルを任されるという形が多いです。

パートやアルバイトでフラワーコーディネーターを始めると、お花の水揚げや搬入、お花の整理や掃除といった簡単な雑用から任せられます。だんだん慣れてくると、会場のセッティングやアレンジメントの仕事もできるようになっていきます。

より早く、クリエイティブで専門的な仕事がしたいのなら、正社員で就職することをお勧めします。

フラワーコーディネーターになるには

フラワーコーディネーターになるにはどうすればいいの?

フラワーコーディネーターになるには、お花に対するたくさんの知識や技術が必要になります。園芸の専門学校でフラワーデザイナーのコースを選択したり、ウェディングに特化したスクールに通ったりするのもひとつの手です。

ウェディング関係の専門学校の他には、植物や園芸に関する学校で学んでおくことも新卒採用でとても有利になり、フラワーコーディネーターとして早くから活躍できる近道となるでしょう。

とは言っても、絶対必要な学歴や資格はありません。この職業の求人募集には、学歴不問や未経験歓迎という記述があります。しかしホテルスタッフとしてブライダルの経験や、花屋のスタッフとしての経験があると中途採用されやすいでしょう。

アルバイトから始めた場合でも、社員登用制度を設けているホテルもあるので、キャリアアップも目指せます。また、すでに社員で就職できた場合は、経験値やスキルが高くなると役職がつき、キャリアアップとともに年収アップを目指せます。

フラワーコーディネーターになるのに必要なスキル/資格

結論から言うと、フラワーコーディネーターになる為に必要な資格やスキルはありません。しかし、新卒での就職をより有利にするためには、園芸やウェディングに関する専門学校へ通っておくと良いでしょう。

よって採用されるために必要なスキルや資格はありませんが、持っておくと採用に有利になるものがいくつかあります。

ひとつは「フラワーデザイナー資格検定」と呼ばれるもので、フラワーアレンジメントの技量を計る検定です。こちらは通信講座でも勉強できますので、中途採用でも事前に取得しておける資格です。中途採用の場合は、フラワーショップやホテルスタッフの経験があると有利ですが、無い場合は「フラワーデザイナー資格検定」という資格を取っておくとアピールできます。

もうひとつは日本で唯一のフラワーデザインに関する国家資格である「フラワー装飾技能士」という資格です。こちらは実務経験がないと受けられないのですが、専門学校に通っていると2級までなら取得できます。

そのため、これを持っておくと新卒雇用の場合はアピールポイントとなり、確実に有利になります。

ホテルのフラワーコーディネーターの仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方

フラワーコーディネーターの面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツはある?

面接での注意点をざっくり言うと、第一印象を良くすること、立ち居振る舞いに気をつけること、聞き上手を演じることです。

人の印象は3秒で決まります。そのため面接会場へ入り面接官と対峙する瞬間がとても大切だと言えます。しっかり髪はまとめ、手入れの行き届いたスーツと靴で臨みましょう。

そして、立ち居振る舞いや所作に気をつけましょう。面接を受ける前に、面接のマナーや言葉遣いについて、誰かにみてもらうのもいいでしょう。

志望動機は、自分の長所をアピールしつつ、フラワーコーディネーターとして新郎新婦の為にどういう仕事がしていきたいかを、しっかり伝えましょう。志望動機を聞かれた時は、自分のどのような面を活かしながら仕事がしたいかなどの、自己アピールと意気込みをしっかりと伝えましょう。

フラワーコーディネーターに限らずですが、ホテル業では聞き上手であることは高い評価が得られます。質疑応答の際は、適度に相槌を打ちながらにこやかに応答できると好印象です。

履歴書を書く際は、誤字脱字が無いようにしっかりと確認し、園芸やウェディングに携わった経験などは小さなことでも積極的にアピールしましょう。志望動機も面接と同様に、自分の長所とフラワーコーディネータとしての意気込みを書きます。

フラワーコーディネーターの求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

求人募集は、ハローワークかインターネットで探せます。インターネットにはたくさんの求人検索サイトがあり、簡単に情報を集められます。地元以外で働きたい場合は、積極的にインターネットのサイトを活用することで、よりよい給料や条件の転職先を見つけられます。

フラワーコーディネーターの求人募集や情報は、ハローワークやインターネットの求人検索サイトなどを利用すると、情報が集めやすく、要望を満たす転職先を見つけられます。

インターネットでは、転職に特化した求人サイトが多いので、中途採用での求人募集も見つけやすいですし、日本全国で検索をかけられるので、地元にこだわらなければ、より良い条件や高い給料の転職先が見つけられるでしょう。

 

結婚式を美しく彩るフラワーコーディネーターという仕事は、とても魅力的な転職先だと思います。魅力的な反面、たくさんの知識が必要だったり、大変なことも多かったりしますが、とてもやりがいのある職業です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる