ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事/給料

ホテルがいつも綺麗なのは、陰ながら掃除をしてくれている清掃員(ハウスキーパー)さんがいるからです。一体どのようにすればハウスキーパーになれるのかや、具体的な仕事内容、給料面について見ていきましょう。

この記事の見出し

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事内容

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事

ホテルの清掃員の仕事はハウスキーパー(ハウスキーピング)とも呼ばれており、客室を綺麗に保つために重要な役割を果たしています。ハウスキーピングの仕事の役割は、チェックアウトされたお客様のお部屋を清掃し、次にご利用されるお客様に気持ち良くご利用していただくことです。

ハウスキーピングの仕事は、次にお部屋を利用されるお客様のために、ベッドメイキングや清掃、備品の補充などを行います。その他にもお部屋の臭いを除去したり、浴室内の水滴を拭き取ったりもしなければなりません。細かい気配りができるとお客様から喜ばれますし、ホテル全体の評判も良くなるので重要な仕事であることは間違いありません。

ホテルにはフロントや厨房などさまざまな部署があり、それぞれの部署によって任されている仕事が異なります。いくつもある部署の中でも清掃員は、客室の清潔さを保つ重要な役割であるためホテルにとって必要不可欠な存在と言えるでしょう。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事内容と業務

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事内容は、主に客室の清掃(ルームメイク)やベッドメイキングなどです。基本的にはお部屋の隅々まで点検や確認を行い、汚れやゴミを見逃さないように徹底的に綺麗にしていきます。またいくつもの部屋を室内清掃して回るのでスピードが必要な仕事とも言えるでしょう。

ハウスキーパーの清掃が終わると、次にお部屋に入られるのはお客様です。室内清掃の際に充分に清掃されていないと、お客様からクレームがでることもあるのでホテルの評価にも影響を及ぼします。そのため清掃員の作業が最終確認となることから、不備のないように客室を綺麗にしなければならないのです。

ホテルのベッドメイクの仕事

ベッドメイキングでは、シーツや枕カバーを新しいものに変えたりベッド周辺に目立った汚れがないかなどをチェックします。布団の畳み方や枕の置き方などにはホテルごとのマニュアルがあるため、一度覚えてしまえばスムーズにベッドメイキングをこなせるようになります。

ホテルのルームメイクの仕事

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事にはルームメイクもあります。ベッドメイキングの他、洗面所の使い捨て歯ブラシなどの備品の補充や、お客様が忘れ物をしていないか確認する作業がルームメイキングには含まれています。備品については常時補充するものの他に、アメニティー類や貸し出しの備品を提供しているホテルもあるため、予約の際にお客様が希望しているものがあれば用意していなければなりません。

またベッドメイキングや清掃に加えて、お部屋の臭いを除去することも忘れてはなりません。室内清掃をして客室が綺麗であったとしても、お部屋に臭いが残っているとお客様は不快に思ってしまいます。さらには浴室の床や壁に水滴がないように拭き取ることも怠ってはなりません。お部屋が綺麗になればお客様も喜ばれますし、自身にとってもやりがいを感じられるでしょう。

仕事内容が大変だと思うかもしれませんが、ひとつひとつの作業自体は数分程度でこなせるものばかりなので、慣れてしまえば1部屋にかかる時間は15分~20分程度です。

このようにハウスキーピングの仕事では、

  • ベッドメイキング
  • お部屋の清掃・臭いの除去
  • 備品の補充
  • 小さなごみや浴槽の水滴の除去

などが挙げられます。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の給料(年収)

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の給料(年収)はどのくらい?

年収 220万円~280万円程度
月収・月給 16万円~21万円程度 ※賞与は別
日給 8,000円~10,000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 1,000円~1,300円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の年収は220万円~280万円程度です。年収自体はホテルスタッフの中でも少ない傾向にありますが、規模の大きいホテルでは賞与が支給されることもあります。また時給は1,000円~1,300円程度となっており、残業をした場合は時給の1.25倍の金額が月収に加算されます。

ですがホテルの清掃員の仕事では、基本的に残業になることは少ないため、残業代が支給される機会はほとんどないでしょう。また清掃員の仕事は日中の業務であることから、深夜手当についても同様のことが言えます。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事では、すべての客室の清掃が完了していないと残業になることがあります。ほとんどの場合は勤務時間内に作業が終わるので、トラブルが起こったり人手が足りないという状況以外ではあまり残業になることはありません。

やむを得ず残業になってしまった場合は、労働基準法で定められた金額が給料に加算されます。残業代の算出方法は、月給や日給の場合、月収を時間給に換算した金額の1.25倍です。給料形態が時給の場合はそのまま1.25倍すれば良いということになります。またひと月の残業時間が60時間を超える場合は、時間給の1.5倍になるので覚えておきましょう。

ハウスキーパーの仕事は、日中の業務になるので深夜に働くことはありません。そのため清掃員の仕事では、深夜帯に働くと加算される深夜手当をもらう機会は滅多にないでしょう。参考として深夜手当については、残業代と同じく月収を時間給に換算した1.25倍の金額が手当として加算され、深夜残業になると時間給の1.5倍の金額が加算されます。

ボーナスについては各ホテルによって異なりますが、清掃員の仕事では支給されないケースのほうが多いです。ですが正規職員であれば支給されることもあり、主に大手のホテルでは賞与が支給されるケースが多くなっており年収が高い傾向にあります。そのため年収や賞与について気になるのであれば、各ホテルの求人情報からボーナスの有無を確認しておくと良いでしょう。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の勤務形態/働き方

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の勤務時間(労働時間)/休憩

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の勤務時間は短い場合だと3時間程度のケースもありますが、基本的には6時間~8時間程度です。また労働時間が6時間を超える場合は1時間以上の休憩を取ることができます。

基本的には客室が空室の状態の時にお部屋の清掃をするので勤務時間が短い傾向にあるのです。つまりお客様がチェックアウトされてから、次にご利用されるお客様がチェックインするまでの間に作業しなければなりません。また客室の清掃以外の時間は、ルームクリーニングで必要な掃除道具や備品を用意したりします。

ホテルではお客様がお部屋を利用される際に、チェックインとチェックアウトの時刻が定められています。一般的なホテルでは、チェックインの時間は15時前後、チェックアウトの時間は10時前後であることが多いです。

そのため、客室の清掃はお客様がチェックアウトされた後に行うので、客室に誰もいない10時~15時の時間帯が勤務時間となるケースが大半です。ですが8時~17時の時間帯で募集しているホテルもあるため、自身の都合に合わせて働くことができるメリットもあります。

休憩時間については労働基準法で定められている通り、6時間以下の労働は休憩はなく、8時間の労働であれば最低でも1時間の休憩が義務付けられています。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)のシフト/残業/休み/通勤

ホテルは24時間365日稼働していることがほとんどであるため、平日や土日祝日問わず働かなければなりません。そのためシフト制の勤務になることがほとんどなので、休みが平日になることが多くあります。

シフト制の場合は月の終わりに翌月のシフトが出るパターンもあるので、用事や都合の悪い日などがあれば事前に相談しておくとよいでしょう。また楽な仕事のように思うかもし得ませんが、年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどの長期休暇は基本的にはありせん。ですが長期休暇がない分、定期的に休みが取れるメリットもあります。

ホテルの清掃スタッフの仕事では日中に仕事をするので、基本的に深夜勤務や残業になることはありません。また労働時間も客室が空いている時間帯になることから、お客様がチェックインされた後の清掃はできないので残業にならないのです。

通勤方法については特に規定を設けていることはありません。ですので自家用車や公共交通機関など、自身の都合の良い通勤手段を利用できます。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の研修

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事ではマニュアルに沿った清掃を徹底しなければならないので、ホテル側が仕事を任せられると判断するまでは研修を受けることになります。ですがホテルによっては二人一組で作業をすることもあり、分からないことがあればすぐに聞けるので自然と仕事を覚えられる環境と言えるでしょう。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の雇用形態

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事は正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、アルバイトなどすべての雇用形態での募集があります。そのため自身にあった働き方ができるので、正社員でフルタイムで働いたり、2、3時間程度の空き時間でアルバイトとして働くこともできるのです。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり あり あり

パートやアルバイトの作業は、基本的には正社員や契約社員の仕事内容とほとんど変わりありません。客室の清掃や備品の補充、ベッドメイキングが主な仕事内容になります。またホテルによっては温泉や共用部の清掃をすることもあり、稀に皿洗いをしなければならないケースも存在するため楽ではありません。ですがほとんどのホテルでは、客室の掃除とベッドメイキングなどがアルバイト、パート従業員の主な仕事となっており、大きく違うのは年収や給料面のみです。

ホテルの清掃における人手不足の状況

ホテル業界では慢性的な人手不足の状況に陥っています。2015年頃からインバウンドの旅行客が海外から多く訪れるようになったため、ホテルの建設ラッシュがすさまじい勢いで進みました。

また、そうでなくとも日本は少子高齢化の世の中になってきているため、ホテルではなかなか人がとれず、中でも清掃員の人手不足は深刻な状況です。

そうした中、ホテルではロボットを使って人手不足対策をしたり、アルバイトなどで外国人や高校生のスタッフを増やしてなんとか対応しようとしている状態が続いています。

ホテルの清掃は高校生や外国人や男性でもできるの?

ホテルによっては高校生や外国人でも採用されることもあり、基本的にはアルバイトでの採用となります。また、ホテルの清掃は女性というイメージがあるかもしれませんが、男性スタッフも多く活躍しています。シニア層の清掃員も最近は増えています。

アルバイトの場合でも仕事内容は正社員とほとんど同じですが、勤務時間が短かったり客室清掃のみであることが多いです。勤務時間については短い場合だと2、3時間程度、長い場合でも4、5時間程度になります。

高校生や外国人の作業に関しては稀に施設内の温泉の清掃や厨房の皿洗いなどに従事することもあるので、各ホテルごとに求人の募集要項を確認しておくとよいでしょう。

ホテルの清掃スタッフが高校生も募集しているかどうかは確認方法は簡単で、各ホテルの求人募集要項欄に高校生可と記載されていれば高校生でも応募することができます。

ですが学校の規則でアルバイトが禁止されている場合は働くことができません。またアルバイトは認められているが、学校からの許可が必要な場合、のちにトラブルにならないよう許可を申請しておくとよいでしょう。許可を取らずにアルバイトで働いていることが発覚してしまうと、勤務先のホテルに迷惑が掛かってしまうので気を付けなければなりません。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)のきついこと/大変なこと/向いている人

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)のきついこと/大変なこと

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の仕事の大変なところは、ベッドメイキングの際にしゃがんだり布団を持ち上げたりしたり、シーツの交換や床の清掃などで足腰に負担が掛かることです。

きつい部分としてよく挙がるのは、いくつもの客室を清掃しなければならないので、チェックインの時間帯に間に合うようにスピードも必要になる点です。ですが慣れてくれば1部屋にかかる時間は15分~20分程度になるので、慌てて作業しなければならないといった自体になることはないでしょう。

一般的にはチェックインの時間は15時前後、チェックアウトは10時前後であるため、10時~15時の時間帯が清掃員の勤務時間となっていることが多いです。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)に向いている人

客室清掃がきちんと行われていれば、客室のアンケートにお客様からのメッセージでありがとうの言葉をいただけることがあります。自身の頑張りが素直に褒められるのは、仕事をする上では非常にやりがいを感じられる場面でもあるでしょう。ハウスキーパーに向いているのは、掃除が好きな人や体力に自信のある人、細かい気配りができる人と言えます。また興味があるといった場合でもぜひ、チャレンジしてみるとよいでしょう。

また清掃の仕事に向いている人は、

  • 体力に自信がある
  • 掃除が好きだ
  • 細かい気配りができる

といった人でしょう。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)のアルバイトの仕事は本当は楽という評判は事実?

アルバイトやパートの仕事時間は短い場合で2時間~3時間、長くても4時間~5時間程度であることが多いです。アルバイトは正社員と違い、責任ある立場での職務に就くことがないので、客室の清掃が終われば業務終了となります。そのため長時間勤務になることはなく、比較的短い時間での勤務となっているのです。そのため、アルバイトの評判としては良好で、楽だと感じている人もいるようです。

またほとんどのホテルでは短期の勤務や勤務時間の調整を行ってくれるので、副業の場合は空いた時間だけ働くこともできます。これもホテルの

また給料をたくさん稼ぎたいのであれば、面接の際に相談しておくとよいでしょう。ホテルにもよりますが、可能な範囲で希望する労働時間について考慮してもらえます。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の面接、履歴書作成のコツ、求人募集の探し方

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の面接のコツ

清掃員の仕事に就職するために必要な資格は基本的にはありません。ですが資格がいらない場合でも、ベッドメイキングの経験や、清掃員の業務経験があると面接の際に有利になるため採用されやすくなります。

清掃員になるには必要な資格はありませんが、清掃員の仕事の経験やベッドメイキングも経験があれば採用されやすくなります。

ホテルの求人に応募したのちに行われる面接では、志望動機や仕事の経歴、希望する勤務日数などさまざまなことを質問されます。質問事項の中でも重要となるのが志望動機で、返答の際は清掃の仕事に興味を持った理由や、ハウスキーパーの役割の重要性などを認知していることを織り交ぜるたりすることで、面接官の関心を引くことができます。

面接の際には、通勤方法や短期での勤務か長期での勤務かや、勤務可能な時間帯などを質問されます。特に新卒の場合は質問事項の中でも志望動機はかなり重要となるため、すぐに答えられるように事前に内容を考えていなければなりません。

また未経験であったとしても、やる気や熱意を伝えることでホテル側に信頼と安心感を与えることもできます。もちろん自身で考えた内容を、自信を持って受け答えすることが非常に重要なポイントでもあるため、必ずしも型に沿った返答である必要はありません。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の履歴書や職務経歴書作成のコツ

就職面接の際には面接官が履歴書を確認しながら質問するので、記載した内容はしっかりと覚えておきましょう。そうすることで、面接官の質問に対してすぐに回答できるので、良い印象を与えることができます。

履歴書に記入する際の注意点としては、

  • 丁寧にきれいな字で書くことを心がける。
  • 記入漏れの無いように書き終えた後に確認する。
  • 前職の入社、退社年月日や資格の取得年月日などの日付は間違わないように記載する。

などが挙げられます。就職面接のほかにも履歴書や職務経歴書も重要な判断材料となっているため、誤字脱字の無いように丁寧に記入することを心がけましょう。

主に正社員での募集の場合は、履歴書の他に職務経歴書の提出を求められる場合もあります。ですがアルバイトの雇用形態では基本的に履歴書のみ必要となることがほとんどです。職務経歴書に記載する内容は、今まで勤めた会社の入社、退社年月日と従事していた担当部署や業務内容、業種などです。履歴書と違って細かく記載しなければなりませんので、嘘、偽りの無いように記入しましょう。

採用の可否で重要となるのは、

  • 就職面接の際の志望動機。
  • 履歴書が丁寧に記載されているか?
  • 職務経歴書がしっかりと書けているか?

などになります。

事前にしっかりと準備をして、万全の状態で面接に望みましょう!

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

ホテルの清掃員の求人は、各都道府県にある職業安定所や求人雑誌、転職サイトで探すことができます。基本的には職業安定所は平日の日中のみ利用可能となっており、求人雑誌は一週間に一度程度の発刊となっていますが、転職サイトは24時間いつでも求人情報の閲覧が可能となっています。自身の都合に合わせて、利用しやすいものを使ってみると良いでしょう。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の求人を探す方法①:職業安定所

まず職業安定所で仕事を探す場合は、求職者登録をする必要があります。施設内には求人閲覧専用の機械が設置されており、閲覧のみ未登録の人でも可能となっています。ですが新卒や中途問わず、求人募集に応募する場合には必ず求職者登録が必要となっているため、未登録の場合は応募することができません。応募する際は求人票を窓口に提出することで、企業に連絡をして面接の日程や必要な書類の確認を行うことができます。

メリットとしては、

  • ハローワークに紹介状を書いてもらえるので、個人で応募するよりも短期間でスムーズに求職活動ができる。
  • 求人掲載情報はインターネットからも閲覧可能となっているため、自宅にいても新着の求人を確認できる。
  • 自身が応募した企業の応募者数を知ることができる。
  • 中途採用でも簡単に応募できる。

といったことが挙げられます。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の求人を探す方法②:求人雑誌

求人雑誌についてですが、コンビニや路上に設置してある求人雑誌専用のボックスで手に入れることができます。ほとんどの求人雑誌は週に一度発刊されるので、機会があれば利用してみるとよいでしょう。

ホテルの清掃員(ハウスキーパー/掃除)の求人を探す方法③:転職サイト

最後に転職サイトで求人募集情報を探す方法ですが、スマホやパソコンからいつでも検索することができます。また転職サイトにはさまざまなものが存在しており、すべての職種を扱っているサイトや運送業や一部の業種に特化したサイトなどがあります。さらに、会員登録をすれば新着の求人情報や、お得な情報などをお知らせしてくれるサイトも存在しており、ほとんどのものが無料で登録することができます。

このように求人掲載情報の探し方には3つの方法があるため、新卒や中途などの違いに合わせて自身にあったものを利用すると楽に探すことができるでしょう!

 

ハウスキーパーはホテルにとって重要な役割を果たしており、お客様が快適にご宿泊するためには必要な存在となっています。やりがいのある仕事でもあるホテルの清掃員に採用されるよう、学んだ知識を存分に活用して就職を目指しましょう!

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる