ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルのフロント(受付)の仕事内容/給料(年収)/きついこと/やりがい

ホテルを利用したことのある人ならば、フロントで礼儀正しいスタッフに出迎えられたことがあるでしょう。今回はホテルのフロントの仕事内容や、就職する方法などを詳しく解説していきます。

この記事の見出し

ホテルのフロント(受付)/フロントクラークとは

レセプショニストやレセプションクラークとも呼ばれるホテルのフロントクラークの仕事は、宿泊客の予約やチェックイン、ホテルを利用される方の対応などです。フロント業務では、ホテルを利用される方と接する機会がもっとも多くなるため、マニュアルに沿った丁寧な接客を心がける必要があります。

そのためホテルの顔といっても過言ではなく、ホテル全体の評判にも影響を及ぼすほどの重要な役割を持ったポジションなのです。つまりホテルのレセプションクラークの印象がホテル全体の印象として、利用されたお客様の中に残るということでもあります。

このようにホテルのフロント(受付)の仕事はとても重要な役割を担っているのです。

ホテルのフロント(受付)の仕事内容

ホテルのフロント(受付)の仕事

ホテルのフロントはお客様からすればホテルの顔のようなものであり、フロントクラークの印象がホテル全体の評価に大きく影響を及ぼします。レセプショニストやレセプションクラークと言われることもあり、接客態度が良くなければ務まらない仕事であるため、常に笑顔で接することが大切になります。

ホテルのフロントの仕事では、主にお客様のチェックインやチェックアウトなどの受付業務を行いますが、電話での対応やインターネットからの予約の管理も行っています。またモーニングコールや周辺の案内、観光地へのアクセス情報などもご案内することもあるため、事前にホテル周辺のことを調べてスムーズにお客様の質問に答えることでホテルの評価が高くなるのです。

フロントの仕事では、ほとんどの時間が立ち仕事になるので、足腰に負担が掛かりやすいといった大変さがあります。ですがホテル内ではお客様と接する機会がもっとも多いため、たくさんの感謝の言葉をいただけるといった点では非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。また人と接することが好きな人や、人の役に立ちたいと考えている人にも向いている仕事でもあります。

このようにホテルのフロントの仕事は、さまざまな役割を担うとともにホテルの看板として重要な役割を果たしているのです。

ホテルのフロント(受付)の具体的な仕事内容と業務

仕事内容は受付業務だけではなく、予約管理やモーニングコールなどさまざまな業務を行います。

ホテルのフロント(受付)の仕事内容:受付業務・お客様対応

セプショニストの主な仕事でもある受付業務では、宿泊されるお客様のチェックインやチェックアウトの手続きを行います。完了したらお客様をお部屋までお連れするために、ベルボーイにバトンタッチします。このように他部署とうまく連携をとることによって、お客様をお待たせしないようスムーズに受付業務をこなすこともフロントの役割なのです。

またお客様の対応をする際は正しい姿勢で明るく対応しなければなりませんし、業務中のほとんどの時間は立ちっぱなしになるので体力のいる仕事でもあります。そのため始めのうちは仕事内容がきついと感じることもありますが、業務をこなしていくうちに次第に慣れていくでしょう。

ホテルのフロント(受付)の仕事内容:予約管理

またお客様と直接やり取りする以外にも、電話でのやりとりやインターネットからの予約の管理などもフロントの仕事になります。電話での対応ではお互いの顔が見えませんので、お客様にとって気持ちの良い対応を取ることも大切になります。対応が悪ければクレームを受けたり、ホテル自体の評判や印象も悪くなってしまうので注意しなければなりません。基本的には各ホテルごとにマニュアルが完備されているので、マニュアルに沿った対応をすれば良いでしょう。

またインターネット予約の管理では、パソコンを使用しなければなりませんのでパソコン操作の知識が必要になります。予約の管理に関しても入力漏れや予約ミスなどがないように細心の注意を払わなければなりません。

このように電話対応やインターネット予約の管理もホテルのフロントの重要な役割となっているのです。

ホテルのフロント(受付)の仕事内容:モーニングコールなど

上記のような受付業務のほかにも、朝のモーニングコールや観光地やホテル周辺の案内なども行うことがあります。モーニングコールでお客様のお部屋に直接電話をかける場合は、メモを残したりして忘れないようにしなければなりません。またシフトの都合で他のスタッフに引き継ぐのであれば、退社前にモーニングコールの依頼があったことを伝えておく必要があります。

ホテル周辺の案内では地図やパンフレットを使用して分かりやすく説明をしたり、事前に調べておいた情報を元にお客様にお伝えしたりします。そのため周辺の情報に詳しく無い場合は、どのような観光地があってどのような公共交通機関が利用できるかを調べておくことが大切になります。

ホテルのフロント(受付)スタッフの給料(年収)

ホテルのフロント(受付)スタッフの給料(年収)はどのくらい?

ホテルのフロント(受付)スタッフの年収は250万円~400万円程度で、月収は18万円~30万円程度になります。

またフロント(受付)には24時間スタッフがいなければならないため、交代制の勤務になることがほとんどです。

時間外労働や深夜手当に関しては、労働基準法で定められた方法で計算された金額が給料に加算されます。簡単に明記すると、時給に換算された金額の1.25倍が時間外労働に対して支払われる金額となり、月の時間外労働が60時間を超えたものに対しては1.5倍の計算になるので注意しておきましょう。

年収 250万円~400万円程度
月収・月給 18万円~30万円程度 ※賞与は別
日給 6,000円~10,000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 750円~1,250円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

ホテルのフロント(受付)スタッフの手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

フロントの仕事では時間外勤務や深夜勤務をした場合、残業代が固定残業手当で支給されるパターンと超過した時間を計算して支払われるパターンに分かれます。

どちらの方法で支払われるかは各企業によって異なるため、求人票や面接の際に確認しておくとよいでしょう。

また残業代については法律で、月収を時給に換算した額の1.25倍が支払われることになっており、月の残業時間が60時間を超えた時間に対しては時給の1.5倍の計算で算出された金額が支払われます。ですが、中にはサービス残業を強いるケースもあるので、そういった時は労働基準監督署に相談してみましょう。

フロントの仕事では業務上やむ負えない場合は残業になることありますが、基本的に交代制の勤務形態となっていることから時間外労働は少ない傾向にあります。深夜手当に関しては通常、交代制となっていることがほとんどなので、深夜勤務に従事する機会もありますが、月給制のホテルの場合だとあらかじめ月収の中に含まれていることが大半です。

賞与については各ホテルによって支給される場合と、支給されない場合があります。基本的には規模の大きいホテルではボーナスが支給されることが多く、規模の小さいホテルでは支給される金額が少なかったりまったく支給されないといったケースもあります。賞与の有無に関しては応募する前に求人情報で調べることもできますし、電話で直接尋ねてみたり面接の際に聞いてみるとよいでしょう。

ホテルのフロント(受付)の勤務時間(労働時間)/休憩/シフト/休み/研修

フロントの労働時間は8時間~10時間程度であることが多く、一時間程度の休憩が認められています。ホテル自体がどのようなシフトを組んでいるかにも左右されますが、実際に働く時間は多くても10時間程度です。

休憩時間はしっかりとありますが、お客様の対応に追われている時は時間をずらして休憩することもあります。また労働基準法では、8時間以上の労働に対しては1時間以上の休憩時間を確保しなけれえばならないと明記されています。

休日については基本的にはシフト制となっているため平日や休日関係なく、週に2日程度が休みになります。また不規則な勤務になることから、従業員の体調面を考慮して、夜勤での勤務明けの翌日が休日となるようなシフトの組み方をしているホテルが多いです。

この他にも2交代制のホテルもあれば、6時間程度の短い時間帯のシフトが細かく分かれていることもあります。どのようなシフトがあるのかについては直接聞いてみるか求人票などで確認してみるとよいでしょう。

通勤方法は基本的には自由としていることが大半です。

研修については、入社後に仕事をしながら接客マナーややるべき仕事について、しっかりと指導してもらえるので業界未経験だったとしても心配ありません。

ホテルのフロント(受付)の夜勤/夜間業務/24時間勤務

24時間体制のシフト制になっていることから、ホテルのフロント(受付)には深夜の勤務もあります。

ホテルのフロント(受付)は2交代や3交代などの交代制の勤務になるため、深夜帯の勤務もしなければなりません。稀に深夜のみの勤務になっているホテルもありますが、ほとんどの場合は週に1回~2回程度の深夜勤務になることが多いです。

また、深夜勤務の場合は労働時間が長くなるケースが大半であるため、深夜2時~早朝5時程度までは仮眠時間としているケースもあります。

ですが、電話がなったりお客様がフロントに来られた際にはホテルのフロント(受付)はすぐに対応しなければなりません。たまにネット上で、ビジネスホテルのフロント(受付)の夜勤は楽だと書いてあることを見かけますが、お客様対応の可能性は24時間変わらないので、常に気を引き締めて業務をする必要があります。

ホテルのフロント(受付)の雇用形態

ホテルのフロント(受付)一般的な雇用形態は、正社員、契約社員、派遣社員、パート・バイトのすべての働き方で募集されています。

正社員以外で入社した場合でも、数多くのホテルでは正社員登用制度を採用しており、のちに正社員として働くことも可能です。そのため業界未経験でも、契約社員や派遣社員、バイトで入社して経験を積むことのできるメリットがあります。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり あり あり

パートやアルバイトでも仕事内容は正社員とほとんど同じです。具体的にはお客様のチェックインやチェックアウト業務や予約受付、管内の見回りなどの業務をこなします。またフロントでは外国の方の対応をしなければならないこともあるので、必要最低限の語学スキルは身に着けておいたほうが良いでしょう。

アルバイトが正社員と違う点としては、勤務日数や勤務時間が少なく、自身の都合に合わせて働くことができるといった点があります。

正社員とアルバイトではホテルによって勤務する日数や時間に違いがあり、少ないところだと最低でも週に2日以上の勤務で5時間程度の時間で働くことができます。また、正社員への登用制度を設けているホテルもあるので、未経験からステップアップを目指すのであれば最も適した働き方とも言えます。

ホテルのフロントになるには/年齢制限/学歴

ホテルのフロントに年齢制限はなく、何歳まで可能といったことは基本的にはありません。しかしホテルによっては、若い人を優先してフロントに雇用している会社もあるようです。昨今は人手不足の状況なので、年齢制限についてはホテルを選ばなければそこまで気にする必要はないでしょう。

また、ホテルのフロントになるには学歴はそれほど重視されず、人柄を重視します。

フロントになるには、スクールや専門学校から就職する場合と、中途採用で就職する場合の2パターンがあり、専門学校には、ホテルに就職することを前提として、専門的な知識やビジネスマナーを学ぶべる学校が存在しています。中途採用の場合は実務経験があれば採用されやすいですが、そうでなければ専門学校から応募するほうが採用されやすいです。

専門学校から就職する場合は、入社後から3ヶ月程度の研修が行われることがあり、日常業務をこなしていけるように指導していただけます。研修が終わると各配属先に振り分けられえますが、希望通りの部署にいけるかはわかりません。ですが、内定をもらうときに配属先が決まっているケースもあるので、確実にフロント業務に就きたいのであれば応募する前に確認しておくと良いでしょう。

もちろん、大学や専門学校を経由しない応募の場合でも、志望動機や人物重視で採用される可能性は充分にあります。

ホテルのフロントに必要な資格

ホテルのフロントになるのに必要な資格/スキル

ホテルのフロントに必要なスキルとしては、最低限の接客マナーや基本的なパソコンの操作ができることが求められます。パソコン操作については、インターネットからの予約やお客様情報の入力などで必要なスキルです。

また資格については特に必要はありませんが、接客に関する資格で接客サービスマナー検定という資格を取得していれば面接の際に有利となり採用されやすくなります。

この他にも、「ホテルビジネス実務検定」、「ホテル実務技能検定などがあり、大手外資系ホテルでは、英会話スキルで英検2級や1級などの資格取得をしていなければならないこともあります。

ですが基本的には研修を通して業務内容を覚えていきますし、外国人の対応についての対応マニュアルも完備されているため、何も資格を持っていなかったとしても採用される可能性は充分にあります。

もちろん資格が多ければ高い評価を得られますので、取得できるものは取っておくと良いでしょう。

ホテルのフロントで働くには英語/中国語/フランス語が必要?

フロントの業務では、ホテルを外国の方が利用されることもあるので、英語や中国語のスキルが必要になります。ですが基本的にはどのホテルにおいても、外国人の対応マニュアルが完備されていることがほとんどです。また英検などの資格を持っていれば採用されやすくなるので、機会があれば取得しておくとよいでしょう。

ホテルを利用されるお客様の中には外国の方もいるため、英語や中国語などが話せなければなりません。特にフロント業務では、チェックインやチェックアウトの際に必ずフロントでやりとりをするため、語学スキルは必要なものとなっています。

そのため外国の方が来られた際に、英語や中国語が話せなければ受付に時間がかかってしまうため、他の利用客をお待たせしてしまうことになってフロントの業務に支障が出てきてしまうのです。採用の面接の際にも、外国語を話せるかや語学に関する資格を持っているかは重要な採用基準として判断されるので、フロントの業務に携わりたいのであれば英会話について学んでおくことが大切になります。

ですがチェックインやチェックアウトなどの受付では型に沿ったやりとりで充分対応できるので、英会話ができなくても大丈夫です。

ホテルのフロントのきついこと/大変なこと/やりがい

ホテルのフロントのきついこと/大変なこと

ホテルのフロント業務ではお客様に良い印象を与えることが重要な役割なので、レセプショニストとして明るく丁寧な接客が求められています。

フロントの仕事で大変な点は、業務上立っていることが多いので足が疲れたりすることです。業務中は立ちっぱなしになるため足に負担が掛かりやすく体力が必要です。

多くのお客様の対応をしなければなりませんし、常に立ち仕事となるため忙しい部署であることは間違いありません。さらにクレームなどの対応もしなければならないため、非常に責任感が求められるのがホテルのフロントだといえます。

ホテルのフロントのやりがい

ホテルのフロントらは、お客様からの暖かい言葉でやりがいを感じられる機会も多いので、きつくても乗り越えられるといった声もあります。女性のスタッフも多く活躍している仕事なので、やる気さえあればホテル側からも歓迎されるでしょう。

お客様からのありがとうといった声を一番多く聞ける部署でもあるため、大変さを忘れるくらいやりがいのある仕事とも言えるでしょう。数多くの女性社員もフロントクラークとして活躍しています。

またホテルのフロントの仕事は人と接することが好きな人や、人の役に立ちたいと考えている人に向いている仕事でもあります。

ホテルのフロント(受付)に未経験で転職するときの志望動機/自己PR/面接

面接の際の志望動機は、事前に考えていなければなりません。中途採用の場合だと自身で面接の対策をしなければなりませんが、専門学校から受ける場合は学校で面接の練習ができます。特に最後の自己PRの部分は念入りに練習しましょう。

また志望動機は履歴書にも記載するので、相違点がないように充分にチェックしておきましょう。取得している資格の記載は、記入漏れの無いように取得した年月日を正しく書き入れるように注意してください。履歴書が完成したら、もう一度目を通して誤字脱字がないかの最終チェックも忘れてはなりません。

転職の場合は、履歴書とは別に職務経歴書というものがありますが、今ままでの自身に職歴を記載するものですので、基本的には中途採用の場合に必要となります。職務経歴書を作成するにあたって、入社した日や退社した日の記述に違いがないように、自身の経歴について記録しておくと記入する際に手間が掛かりません。

ホテルのフロント(受付)の仕事に就職・転職するときの求人募集の探し方

求人募集情報を探すにはさまざまな方法があり、職業安定所や求人雑誌、インターネットの求職サイトから見つけることができます。職業安定所とはハローワークのことで、日々新しい求人情報が更新されています。基本的には平日の日中のみ利用できますが、場所によっては休日に利用できるところもあります。

施設内には求人情報を検索するための専用の機械が設置されており、利用するのは自由ですが、応募する場合は求職の登録をしておく必要があります。また施設外や利用可能時間外でも、スマホやパソコンからでもインターネットを利用してハローワークの求人情報を閲覧することもできます。

インターネットでは求職サイトから求人掲載情報を探すこともできるため、あまり時間のない方でも少しの空き時間で求人情報を探せます。また求人サイトでは無料会員登録を行うと、新着の求人募集やおすすめの求人がメールマガジンで届くといったサービスのもあるので有効活用してみましょう。

大学や専門学校から応募する場合は、学校自体にホテルからの求人募集があるので、自身の興味のある企業に応募してみるとよいでしょう。

 

ホテルの顔として活躍しているフロントクラークには、高い接客スキルや語学力が求められています。きつい仕事ではありますが、お客様からのありがとうの声が届きやすい部署でもあるため、やりがいをもって働ける仕事ともいえるでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる