ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルのゲストリレーションズの仕事内容/給料(年収)

ホテルに関わる職種のなかで、人気の高いもののひとつがゲストリレーションです。その一方で、業界の関係者でなければその業務がイメージしにくい傾向もあります。ここではその業務、給料、採用について詳しく説明します。

この記事の見出し

ゲストリレーションズとは

ホテルのゲストリレーションズとはどんな役割をしているのか

ホテルのゲストリレーションズとは、宿泊客のホテル滞在時の相談スタッフとして様々な要望に応え、サービスを提供する役割です。

例えば、アメニティの追加希望であったり、予約の受付、チェックイン、チェックアウトのフロント業務などが挙げられます。チェックインからチェックアウトまで、宿泊客の身近な相談役としてホテル滞在をサポートします。

ゲストリレーションには、そのような宿泊客に直接にサービスを提供する業務の他にも、宿泊客のルームコントロールや宿泊客の予約一覧のリスト作成など、ホテル全体の運営も担うこともあります。ゲストリレーションの仕事内容を一言で表すなら、ホテルのサービスが円滑に宿泊客に提供されるように、宿泊客を繋ぐ役割を担う仕事と言えます。

ゲストリレーションズとコンシェルジュの違い

ちなみに、ゲストリレーションと似た仕事にコンシェルジュがあります。いずれも、宿泊客の相談役としての役割を担っているのは共通ですが、その性格は異なります。

ゲストリレーションは宿泊客に対して、ホテル側から提供すべき必要なサービスを滞りなく提供するのが仕事です。それに対してコンシェルジュは、一人一人の宿泊客に合った付加価値のあるサービスを提供するのが仕事です。例えて言うなら、宿泊プランに記載されているような宿泊客が期待するサービスを提供するのがゲストリレーションで、宿泊プランにはない期待以上のサプライズを宿泊客に提供するのがコンシェルジュです。

同じような仕事であっても、あくまでホテル側の視点でホテルの管理運営を行うのがゲストリレーションで、宿泊客の視点に立ちホテルのサービスに付加価値を与えるのがコンシェルジュと、その性格は対照的です。

ホテルのゲストリレーションズの仕事内容

ホテルのゲストリレーションズの仕事

ゲストリレーションとは、宿泊客の相談役として宿泊客の様々な要望に応えるサービスを提供し、またホテルの運営全般を担う仕事です。

主な具体的業務は、VIPも含めた宿泊客からの相談への対応です。客室やホテル設備に関する問い合わせや、近隣の観光スポットに関する問い合わせ、航空券の手配相談や予約内容変更の連絡などその内容は様々です。

ホテルの業務全般に広く関わるゲストリレーションは、宿泊客との接点が最も多いスタッフといえます。様々な接客業務、ホテルの管理運営に関わる業務を臨機応変にこなす器用さが求められる職種であるとも言えます。

ホテルのゲストリレーションズの具体的な仕事内容

ゲストリレーション(ゲストリレーションズ)の主な業務としては、宿泊客からの相談への対応にあります。具体的には、客室やホテル設備に関する問い合わせや、近隣の観光スポットに関する問い合わせ、航空券などの手配相談や予約内容変更の連絡などその内容は様々です。ホテル全般のみならず、近郊の観光スポットなども含めた幅広い知識が求められる仕事と言えます。

それ以外にも具体的な業務は多岐に渡り、VIPを含めた来客のチェックインおよびチェックアウトの受付、クロークの管理、ホテル館内や近隣の観光名所の案内や、予約対応、タクシー送迎の手配などを担当することもあります。

これらの業務について、求人によってはフロントでのチェックインアウト業務やルームコントロールを担うフロントスタッフ、ゲストの送迎などを担うドアスタッフという形で明確に分業されている場合もあります。しかし、ゲストリレーションの求人においては、これらの業務、スキルも全般的に求められることが多いです。

その要因として、VIP宿泊客への対応であれば、宿泊客により密着したサービスが求められることも一因として挙げられます。ホテルにおいて宿泊客が満足するようなサービスを自らスタッフのなかで率先して行うだけではなく、ホテル外での観光名所や航空券のチケット手配など、やれらホテルの接客サービスに関わる幅広い業務スキルが必要になります。

ホテルのゲストリレーションズの給料(年収)

ホテルのゲストリレーションズの給料(年収)はどのくらい?

求人によれば、ホテルのゲストリレーションズの給料は正社員で年収300~550万円、月給20~35万円が相場になっています。新卒と中途採用でも異なりますが、新卒であれば月給16~20万円(大卒)程度、15~18万円(短大卒)の求人が多いです。

もちろん初年度の給料であり、勤続年数に応じて昇給が期待できます。また、アルバイトやパートの時給は900~1300円程度が相場となっています。時給については、最低賃金と相関する形で、例えば都内だと高く、地方だと安い傾向がみられます。

年収 300万円~550万円程度
月収・月給 20万円~35万円程度 ※賞与は別
日給 1万円~1.7万円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 900円~1300円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

ホテルのゲストリレーションズの手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

ゲストリレーションズの仕事内容には、深夜の受付など深夜業務もあります。そのため、深夜や残業手当などの有無は気になるところです。週休2日のシフト制の雇用形態が多いですが、所定の勤務時間を超える深夜業務や残業に対しては手当が支給されます。

正社員であれば賞与(ボーナス)は年2回支給の求人が基本です。賞与の支給額については、月給1ヶ月分など記載のある場合もありますが、各求人を確認する必要があるでしょう。契約社員であれば、記載のない求人も多いですが、正社員への登用が募集要項に含まれる場合が多いです。

ホテルのゲストリレーションズの労働時間/休憩/残業/シフト/休み/研修

勤務時間は1日7.5~8時間で、休憩時間は1時間程度になります。正社員、アルバイトに関わらずシフト制で勤務時間が組まれている求人が多いです。

シフト制が取られている場合が多く、夜勤として深夜の仕事が割り当てられることもあります。深夜の業務には、客室からの電話対応だけでなく、当日の精算処理や、翌日チェックインの宿泊客のリスト作成などの仕事があります。残業なども時にありますが、残業代の支給や、深夜業務の深夜手当(25%増)などは支給されるのが基本なので、求人の確認、応募の際に確認してみるのが良いでしょう。

シフトは日勤と夜勤に分かれている場合が多く、朝のチェックアウト、夕方のチェックインのタイミングで交代します。有給休暇は初年度で10日間ほど付与され、その後は勤続年数に応じて有給の日数が1~2日間ほど増えるケーをスが一般的です。

また、通勤代は全額支給されます。社員登用の場合などは数ヶ月(3か月程度が多い)の研修期間が設けられています。

ホテルのゲストリレーションズの雇用形態

正社員、あるいは契約社員(正社員登用あり)、パートやアルバイトなどの雇用形態があります。社員であれば週休2日、1日8時間程度の勤務、パートやアルバイトでは、勤務には自由度があります。

いずれの場合もシフト制であるため、特に社員の場合であればカレンダー通りの長期休暇などは取りにくい傾向がありますが、自身の結婚や出産、身内の不幸などのタイミングで3~5日の慶弔休暇なども付与されるケースも多く、福利厚生は比較的に充実している傾向があります。

パートやバイトの場合も、フロント業務など、宿泊客の対応を仕事としています。正社員と同様に、海外からの宿泊客対応を行う場合もあるため外国語ができると採用されやすかったり、高時給案件があったりします。

全体的に比較的に高時給の求人も多く、パートやアルバイトは週1日からでもOKの求人もあり、自分のスタイルに合った求人を探しやすいでしょう。

ホテルのゲストリレーションズになるには

ホテルのゲストリレーションズになるにはどうすればいいの?

中途採用ならば求人、転職サイトから希望の求人に応募できます。

基本的には、まず書類選考があり、面接を行い採用という流れになります。面接では志望動機やこれまでの経験、海外からの宿泊客への対応ができるか(英語力)などを聞かれることが多いようです。

案件によっては、複数回の面接があったり、SPIなどの試験がある場合があります。

ホテルのゲストリレーションズになるには英語や中国語が必要?

ゲストリレーションの仕事は、コンシェルジュとも言われますが、その業務上、海外からの宿泊客に対応する機会が多いです。正社員、契約社員、派遣社員など雇用形態を問わず、特に英語力が求められるのが他に募集されている求人と異なる特徴です。採用にあたって、TOEIC700点以上のスコアがあれば内定へのプラス材料になることが多いようです。もちろん、中国語もできれば好印象です。

ホテルのゲストリレーションズになるには専門学校やスクールに通う必要はあるの?

雇用形態によって学歴が重視されることもあります。具体的にみていくと、アルバイトやパートとして勤務する場合は、学歴などは求められておらずスクールには通う必要はないといえます。一方で、正社員や契約社員、派遣社員として勤務する場合には専門学校やスクールなどで経験や資格を積むのが即戦力として就職に有利となるでしょう。現場での実経験だけではなく、英語能力についても学習する機会が与えられるため、一般的な四年制大学などよりも専門性は高いと言えます。

ホテルのゲストリレーションズになるのに必要なスキル/経験/資格

ゲストリレーションの仕事は、その業務上、海外からの宿泊客からの相談に応じる機会が多いです。採用にあたり、語学力や国際教養など、一朝一夕では身につけられないが、実務で要求される能力が重要視される傾向があります。

学歴としては、正社員や契約社員、派遣社員として勤務する場合には専門学校やスクールなどで経験や資格を積むのが即戦力として就職に有利にはなるでしょう。

ゲストリレーションのような宿泊客の相談に対してその場その場で対応する職種は、長年の現場経験で培われたサービスの引き出しの多さや、ホテルの周辺地域に関する情報などをいかに熟知しているかなどが、業務のクオリティに直結します。

他方で、これらの能力を身につけた即戦力が好ましいことは間違いないでしょうが、これらは現場で培うのが最も効率的であることも述べておきます。

そのため、逆に言えば応募にあたっては、経験がないことを心配する必要はないでしょう。それよりも、語学力や国際教養など、一朝一夕では身につけられない能力が重要視される傾向があります。日本にいるとあまり感じることはありませんが、世界的には宗教の戒律などを重要視している国々は多いです。TOEICや英検などで数値や資格で示せる結果があれば、より好ましいでしょう。

ホテルのゲストリレーションズのやりがい/大変なこと/向いている人

ゲストリレーションのやりがいは、宿泊客に直接さまざまなサービスを提供できること、またサービスに対するリアクションを宿泊客から直接に受け取る機会が多いことにあります。

求められる資質とは、国内外を含むさまざまな宿泊客の要望に素早く的確に応えられるレスポンスの良さです。これは、接客経験、コミュニケーションスキルだけでなく国際教養や語学力などに裏打ちされたものだとも言えます。

ホテルの業務全般に広く関わるゲストリレーションは、ホテルに関わる職種の中でも、宿泊客との接点が最も多いもののひとつです。業務を通しての宿泊客からの直接のリアクションは、ホテルのサービスやスタッフの接客に対する感動であったり、時に不平不満を受けることもあります。それが、やりがいでもあり時に大変さでもあります。

様々な接客業務、ホテルの管理運営に関わる業務を臨機応変にこなす器用さが求められる職種であるとも言えます。

ホテルのゲストリレーションズの仕事に就職・転職するための方法や求人情報や募集の探し方

ゲストリレーションになるにあたっては、求人、転職サイトから希望の求人に応募できます。基本的には、まず書類選考があり、面接を行い、採用という流れになります。

面接が複数回ある募集もあり、面接での対応も就職にあたって重要な項目のひとつです。自分の言葉で、なぜゲストリレーションの仕事に携わりたいのか、志望動機を伝えることが求められるでしょう。

求人募集や転職情報は、多くの求人を横比較できるため、インターネット上の求人、転職サイトから検索するのが効率的でしょう。

ホテルのゲストリレーションズの面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツ

採用にあたっては、面接が複数回ある募集もあり、面接での対応も就職にあたって重要な項目のひとつです。自分の言葉で、なぜゲストリレーションの仕事に携わりたいのか、志望動機を伝えることが求められるでしょう。その際には、自分の素直な感情を伝えることも印象的なアピールには効果的です。例えば、「お客様とホテルを繋ぐ役割を担いたい」よりも、「お客様が喜ぶ姿を見るのが嬉しい」の方が仕事に対するやりがいや意気込みが伝わるでしょう。

転職の場合は、職務経歴の書き方にも工夫が必要になるでしょう。応募する転職先のゲストリレーションという業務に、これまでの経歴がいかにマッチングするかを伝える必要があります。

ホテルのゲストリレーションズの求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

求人募集や転職情報は、インターネット上の求人、転職サイトから検索するのが効率的でしょう。月収、年収、時給などの給料に関わる情報、新卒や中途のいずれの募集か、勤務地などを含めて複数の求人を横比較しやすいです。新卒の場合は初年度の給料は一律であるため、通常は募集要項で確認できます。一方で中途の場合は、応募者のスキルによって変動するものであり、内定に近づいた段階で提示されるものであるので、その点は求人情報のみからは推し測れないことに気を付ける必要があるでしょう。

 

ゲストリレーションはホテルの中核を担うスタッフとして、魅力的な仕事です。是非、本記事を読んで気になった方は目指してみてください。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる