ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルのドアマンの仕事内容/年収(給料)/きついこと/やりがい

ホテルのドアマンの仕事をお探しではありませんか?今回はホテルのドアマンの仕事内容や年収、働き方、雇用形態など気になるノウハウをご紹介します。ドアマンについて理解を深め、就職や転職を成功させましょう。

ホテルにドアマンがいる意味

ドアマンは一言で言えば『ホテルの顔』になるポジションになります。ホテルスタッフの誰よりも先にお客さまとご対面し、ホテルに着いたお客さまを一番最初に対応することになるためです。

よく耳にするのは、『フロントが花形・ホテルの顔』ということでしょう。しかし、ドアマンのポジションがあるホテルでは、フロントのスタッフよりも先にお客さまと関わるためドアマンがホテルの顔となります。よって、ゲストが心地の良い滞在になるかどうかは、ドアマンの対応で変わってくるのです。

また、ドアマンの対応によってホテルの第一印象や評価が決まるので、とても重要なポジションです。お客さまからは、来館時と退館時だけでなく、ロビーなどのさまざまなところから常に見られています。ドアマンのさりげないお声掛けや行動で、お客さまから『このホテルは素晴らしい。教育が行き届いている。』と評価されることもあるのです。お客さまと最初に関わるドアマンのひとつひとつの言動が、ホテルの評価を大きく左右します。

ドアマンは、ホテルの常連さまの顔と名前を一致させることも大切です。これひとつで、常連さまの滞在中のご機嫌が大きく変わります。ここでミスをしてしまうと、ホテル全体のスタッフで共有してフォローする必要が出てきます。このように、常連さまに限らず、お客さまのホテル滞在に対する心地よさを左右するポジションでもあるのです。

ホテルのドアマンの仕事内容

ホテルのドアマンの仕事

ドアマンはホテルの看板を背負っている重要なポジションです。お客さまが最初に関わるドアマンの行動1つで、ホテル全体の評価に大きく関わってきます。お客さまの滞在を、心地の良い非日常的な時間にできるかどうかは、ドアマンの仕事に掛かっているのです。

細かな気配りをしつつ、お客さまのお出迎えやお見送りをします。時には雑談に付き合ったり、ホテル館内や周辺の案内をすることもあります。ここはドアマンの腕の見せどころです。個人として評価されたり、ホテルの教育に好感を抱いてもらえたりすることがあります。ドアマンの仕事ぶりに感動することで、自分の常連さまになることもあります。そのようなときには、お客さまの顔と名前を一致させて覚えておくことが重要です。

お客さまから直接感謝の声を聞くことが多いので、やりがいを感じ、モチベーションを常にキープすることができます。反対に、なんとなくで出来る仕事ではありません。館内や周辺の情報はいつ尋ねられてもいいように、把握しておく必要があります。また、常にお客さまの行動や表情から察知して、お声掛けすることも大切です。このようなことから、気配り上手な人や、お世話好きな人に向いている仕事といえます。

ホテルのドアマンの具体的な仕事内容

ドアマンの仕事内容は主に、ゲストをお迎え・お荷物のお預かり・お見送りをすることです。ゲストのお車が見えたらお辞儀をし、ホテル玄関前まで誘導します。まずはお客さまに笑顔で挨拶をして、労りの言葉をお掛けします。ホテルへいらっしゃったことに感謝することが1番大切なためです。

そしてお荷物を丁寧に預かります。お荷物が多い場合は、お荷物を横にしても大丈夫か確認を取ってからワゴンに乗せます。お荷物が少ない場合は、床にお荷物の一部が付いて引きずることや、どこかへ置くことのないように持ちます。お客さまが自分で駐車場まで運転する際には、駐車場の案内をしつつ、預かったお荷物のなかに貴重品が入っていないか確認をとることが必要です。そのあとはベルスタッフへ引き継いで持ち場に戻り、次のゲストの対応をします。

お出かけするお客さまや、お帰りのお客さまを見えなくなるまでお見送りします。丁寧なお見送りは、ホテルへの最終的な評価を左右するためです。この姿はロビーにいるお客さまからも見られているので、忙しいからと言って手を抜くことはできません。お客さまによって対応や態度を変えることは、トラブルにつながるので厳禁です。

お客さまが出入りする度にドアを開けてお声掛けすることも仕事です。『いってらっしゃいませ』『お帰りなさいませ』など、状況に応じてさまざまなお声掛けをします。また、ホテル館内のことだけでなく、近くの観光地や飲食店などの案内を頼まれることも多くあります。ちょっとした雑談をすることも、心地よい滞在をしてもらう上で大切なことです。

他には、ドア周辺などに落ち葉が集まってきたら落ち葉を処分するなどの掃除もします。また、困っている人を見かけたらすぐにお声掛けをします。このように、自分が気が付いたことはどんどん積極的に動くことがドアマンの仕事でもあるのです。

ホテルのドアマンの給料(年収)/チップ

ホテルのドアマンの給料(年収)はどのくらい?

ホテルのドアマンの年収はホテルの敷居の高さによって、300万円~700万円と相場は大きく異なります。また、ドアマンはホテルの正社員であることがほとんどで、給料が上がるさまざまなシステムが整えられています。もしお客さまからチップをいただいた場合は会社への報告が必要です。

各種手当も充実しており、資格取得の必要経費支援や、出張手当などもあります。ボーナスは夏と冬の年2回です。

年収 300万円~700万円程度
月収・月給 20万円~50万円程度 ※賞与は別
日給 8,000円~2万円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 1,000円~2,500円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

ご覧いただいた通り最低額から最高額で大きな差が生まれています。この理由は、ドアマンは雇用形態がホテルの正社員であることが多いためです。つまり給料は、一般的なホテルや高級ホテルなどのホテルによって大きな差があります。

一般的なホテルでの年収は300万円~500万円で、月収は20万円~25万円、時給になると1,000円~1,300円です。日本数カ所の高級ホテルやアメリカ、ラスベガスのホテルでは年収500万円~700万円で、月収は30万円~50万円、時給が2,000円~2,500円と、一般的なホテルとは全く異なります。

給料の変動に関しては、試験を受けることでスタッフとしてのランクが上がったり、継続年数の蓄積や資格取得などで昇給することが多いです。また、勤務可能なエリアを都道府県内に留めるスタッフと、全国各地のエリアに異動可能なスタッフでは給料も変わってきます。全国各地のエリアに対応可能にしているスタッフは通常の給料より5%アップなど、会社によって規定があるのです。

ホテルのドアマンの手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

ドアマンにも、深夜手当・残業手当などの各種手当はあります。他にも、資格取得の支援も充実していることが多いです。資格取得のためのテキスト代や、試験会場への交通費・宿泊費など、半額から全額の負担をしてくれる会社もあります。また、人手不足などで他のホテルへ応援に行く場合は、出張の期間に応じて出張手当なども出ます。

正社員であれば、ボーナスも夏と冬の年2回もらうことができます。ボーナスによっても年収は大きく変わってきます。また、ボーナスは各事業所の前期と後期の成績で左右されるようになっています。成績が決まるのは売り上げ金額だけではありません。書類の管理や衛生面などが、会社のルールに従われているかも事業所ごとに入念にチェックされ、ランク付けされるのです。

ホテルのドアマンの仕事はチップはもらえるの?

お客さまからチップをいただくことはあります。しかし会社によってはチップをいただいたことを報告し、預ける規則もホテルによってはあるため、必ず事前に確認しておくことをおすすめします。

ホテルのドアマンの勤務形態/働き方

ホテルのドアマンの勤務時間(労働時間)/休憩/残業/シフト/休み

ドアマンの基本的な勤務時間は8時間前後で、休憩は1時間あります。拘束時間は1日9時間以上です。

業務が忙しくて、所定の時間に休憩が取れなかった場合でも、退勤前や残業時間になっても必ず合計1時間は休憩します。労働の法律で決まっているためです。休憩をとれているかどうかのチェック表もあります。

繁忙期では、遅番の人は深夜12時前後まで業務のある日も存在します。ドアマンもホテルスタッフの一員であるため、ベルマンなどのほかの部署の応援に行くことがあるためです。

残業に関しても深夜の業務と同じく、応援などで残業が生じることもあります。また、他の部署のスタッフが法律で定められた残業可能な時間を超えそうな状況のときも、応援体制に入ります。ドアマンとしての業務だけでなく、ホテル全体の状況に応じて残業する可能性があるのです。

勤務時間はシフトが毎月作成されるのでシフトに準じて出勤します。早朝からの出勤では、お昼頃に中抜けして夕方からまた出勤するシフトもあります。休みに関しては、2月は月に7~8日間で、ほかの月は月に9日間の公休があります。しかし繁忙期には、休みの日も出勤を頼まれることもあります。その場合は休日出勤の手当てが出ます。

ホテルのドアマンの通勤方法/研修

通勤の方法は、主に交通機関の利用になります。しかし交通機関のない時間の出勤や退勤に関しては、タクシーチケットの利用が認められ、会社の規定に沿って使用します。会社によっては、それぞれの出退勤時間に合わせてバスを出してくれるところもあります。また、事情のある人や地位のある人に関しては届け出を提出して認められた場合のみ車での出勤が可能です。

研修は、入社時・2年目・5年目など複数回にわたってあります。特に入社時は、本社での1週間ほどの研修やエリアごとの研修など多くの研修が用意されています。その他、衛生面についてや会社のシステムについてなどの全員参加の研修も年に4回ほど開催されます。

ホテルのドアマンの雇用形態

ドアマンの一般的な雇用形態は正社員であることが多いです。基本的にドアマンの雇用形態はホテルの正社員です。

しかし近年インバウンドの利用が上昇してきていることから、日本語と外国語を話すことのできる外国人の派遣社員や契約社員も増えてきています。とくに中国語を話せる方々が多くなってきています。

正社員になるためには、新卒の募集で応募するのが一般的です。他には契約社員として会社に規定されている実務経験を積み、正社員への昇格試験を受ける必要があります。試験内容はドアマンとしての知識ではなく、企業理念や方針など、会社に対する理解度です。

オリンピック開催に向けて人手不足なため、アルバイトを雇って人員補充しているところもあります。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり あり まれにあり

また、正社員は主に高卒や専門卒、大卒から募集します。その他は契約社員として募集し、数年の勤務を経験した後に会社の試験を受け、合格すれば正社員になるシステムです。パートに関しては、もともとは正社員であった人が出産復帰後にパートの雇用形態になるケースがあります。人手不足なため、学生のアルバイトを募集することもあります。

パートやアルバイトであっても、仕事内容は変わりありません。ただし常連さまや特別なお客さまの対応は、慣れるまで任されることはまずないです。

ホテルのドアマンになるには

ホテルのドアマンになるにはどうすればいいの?

ホテルのドアマンになるには、学校に来る新卒の求人に応募するか、公式ホームページや転職サイトから中途採用などを探すことが必要です。学校に来る求人はほとんどが正社員雇用での募集です。公式ホームページでは、職種に限定されて正社員での中途採用もあります。しかし、ドアマンの正社員の募集は僅かです。他には、アルバイトから正社員登用制度を利用する方法もあります。こちらは数年の実務経験を得て、試験を受ける必要がある場合がほとんどです。

まとめると、ドアマンになるためには、4つの方法があります。1つ目は、新卒のホテルスタッフの募集に応募して、ドアマンを希望することです。ホテルスタッフの求人は高校にも来るので、進路担当の先生に聞いてみましょう。2つ目はドアマンやホテルスタッフの育成に特化した専門学校に通うことです。3つ目は、公式ホームページでドアマンの採用情報が出るのを待つことです。そして4つ目は、転職サイトなどでホテルのドアマンに絞られたアルバイトの募集に応募することです。

ホテルのドアマンへの応募で注意するべきことは、本当にドアスタッフの募集であるかです。確認不足だと、他の部署に配属される可能性があるのでしっかりと確認しましょう。

ホテルのドアマンになるには専門学校やスクールに通う必要はあるの?

特別専門学校などに通う必要はありません。ドアマンになるために専門学校やスクールに通うことが必須ではないため、高卒でも募集しているホテルがほとんどです。

しかし専門学校に通うことでホテルに関する資格を得られることや、専門卒の肩書きがあることで、入社後の研修内容や基本給に影響がでてきます。専門学校に通うことは必須ではないですが、資格取得の面では通うことがおすすめです。

専門学校であれば、資格取得のためのカリキュラムが整っています。就職して働きながら勉強して資格を取るよりも、はるかに楽です。また、独学では理解が難しい応用なども、学校のサポートがあると理解するスピードが変わってきます。

さらに専門学校によっては、在学中に伝手のあるホテルでアルバイトをさせてもらうことができます。実際の現場で体感して学ぶことで、ベルマンの仕事をより理解することが可能です。経験したことがあれば、面接での大きなアピールポイントにすることができます。

このようなことから、専門学校やスクールに通って損になることはありません。しかし高卒時よりも、手強いライバルは増えることになります。

ホテルのドアマンになるのに必要なスキル/経験/資格

ドアスタッフとして採用されるために特別必要になるスキルや資格はありません。そもそもドアマンの資格自体が存在しないのです。しかしホテルのドアマンは、ホテルスタッフとしてのサービスの基本的な知識は必要です。基本的なサービスは入社時に研修で教わることもありますが、研修だけではどうしても補えない部分が出てきます。そのため、ホテル実務技能認定試験やホテルビジネス実務検定、サービス接遇検定などの資格を取っておくと便利です。このような資格取得は専門学校のカリキュラムに含まれていることがほとんどになります。専門学校に通わない場合は独学でも取得したほうが、面接の際のアピールポイントになります。

しかし、ホテルへ就職すると資格取得の支援が整っている場合もあります。支援では、テキスト代や試験会場への交通費を出してもらうことが可能です。ドアマンの資格自体はないことからも、金銭的な余裕がなければ無理して取得する必要もありません。

ホテルのドアマンのやりがい/大変なこと/向いてる人

ドアマンのやりがいは、お客さまから多くのお声掛けをいただくことです。直接『ありがとう』と感謝されることや退館時に『また来たときもよろしくね』とお声掛けいただくことが多々あるのでやりがいがあります。

ドアマンの大変なところは、覚えることが多いことです。ホテル館内のことだけではなく、交通機関や地域の観光スポットなどさまざまなことを尋ねられます。ドアマンはお世話好きで細かい点に気付ける人に向いています。

ホテルのドアマンの仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方

面接や履歴書・職務経歴書の志望動機では、企業が理想とする人物像を捉えて反映させることがポイントです。特に面接では、あなたがホテルで勤務している姿を想像できるような立ち居振る舞いをしましょう。

ホテルのドアマンの面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツ

面接のコツは、あなたがホテルマンになったつもりで面接を受けることです。面接では、質疑応答の内容よりも表情や姿勢、話し方をよく見られます。面接官は、自分のホテルであなたに接客された時を想像しながら面接しているためです。常に明るい表情で、はきはきと喋ることが大きなポイントになります。志望動機の内容は、自分がホテルで体験したことをもとに応えると説得力が増します。また、他のホテルと企業理念などを比較して、貴社が理想であったということを伝えましょう。

履歴書や職務経歴書は、あなたの丁寧さが伝わる文章・文字で書くことがとても重要です。少しでも雑に見える箇所があれば、迷わず新しく書き直しましょう。写真は真面目で堅い表情よりも、柔らかい表情のほうが好感度は高くなります。また、志望動機欄は詳しく記載せず、面接官が尋ねたくなるような内容を記載することがポイントです。あなたに対して興味が湧くような内容にします。

ホテルスタッフは経歴よりも人柄が最重要になります。より丁寧さが伝わるように手間をかけて作成しましょう。

ホテルのドアマンの求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

ホテルのドアスタッフの求人は、各ホテルの公式ホームページに採用情報が記載されています。中途採用で正社員を目指すのであれば、公式ホームページから応募するのがベストです。しかし募集は人手不足になりやすいレストラン関係が多くなっています。根気よく公式ホームページを開き続けることが必要です。

また、転職サイトや転職エージェントの活用も有効です。転職サイトであれば、ホテルのドアマンで検索するだけで全国の求人情報が出てきます。また、あらゆるサポートをしてくれる転職エージェントであれば、求人の情報だけでなく、採用に関する情報も得ることが可能です。

就職や転職をする際に役立つ情報は、全て公式ホームページに載っています。公式ホームページを熟読すれば、企業の考え方なども記載してあるので、履歴書の作成や面接準備に役立てることができます。面接で尋ねられる内容は、仕事に対する想いや会社の方針の理解度、そして人柄を判断できる内容です。ですから必ず公式ホームページは確認しておきましょう。

 

これまでホテルのドアマンの仕事についてご紹介してきました。仕事内容や年収など、ホテルによって大きく異なってきます。企業理念などで比較して、より理想的なホテルで働きましょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる