ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの仕事/給料(年収)

非日常を味わうことのできる優雅なホテルライフには、ベルスタッフによるお客様へのサポートが欠かせません。今回は彼らの仕事内容や給料、ベルスタッフになるための方法を解説していきたいと思います。

この記事の見出し

ベルボーイ/ベルガール/ベルキャプテン/ベルデスクとは

ベルボーイ/ベルガールとは

ホテルのベルスタッフは『ベルボーイ』や『ベルガール』、『ベルパーソン』と呼ばれ、彼らの主な役割はホテルの正面玄関に到着されたお客様をホテル館内の目的の場所まで迷わないように案内したり、ポーターとして滞在中にお客様の必要なものを部屋に届けるなどホテルでの滞在が快適なものになるようにサポートすることです。

ベルボーイやベルガールはフロントスタッフやコンシェルジュと異なり、常にホテル館内を歩き回っているため、館内の至る所でお客様から様々なリクエストを受ける機会があります。そのため、ホテルについての幅広い知識や、柔軟な対応が求められます。

このような役割のため、ベルボーイやベルガールはお客様と接する時間も他の部署と比較して長くなり、お客様のホテルの印象を大きく左右する重要なポジションだと言えます。

ベルデスクとは

ベルデスクはベルボーイやベルガールが常駐しているフロントの近くにたいていは設置されている場所のことを指します。

ホテルのベルは『ホテルの血液』と例えられ、ホテル館内の様々な場所でお客様に接客サービスを提供する機会があるため、お客様のホテル滞在の満足度に強い影響を与える存在です。ベルボーイやベルガールはホテル館内全域でお客様対応をおこなわなければならないため、彼らが常駐するベルデスクではお客様からのどんなリクエストにも対応する柔軟性が求められます。

また、ホテル館内の最新情報も常にベルデスク内で把握しておき、お客様が求める情報を提供しなければなりません。

お客様ひ必要とされることの多いベルボーイやベルガールがすぐに見つけるように、また彼らがすぐにサポートを必要としているお客様をみつけられるようにベルデスクはわかりやすい場所にあります。

ベルキャプテンとは

ベルキャプテンとはベルボーイやベルガールを統括するポジションのことです。ベルキャプテンはホテルを見渡しながら、ベルボーイやベルガールが適切な動きをしているかどうか管理し、通常のベルマンの仕事に加えて、お客様から要望を受けたときにタクシーの手配や観光の手配も行います。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの仕事内容

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの仕事とは

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの仕事というと、一般的にはお客様のお荷物をお預かりして、お部屋まで運ぶ役割やお客様をフロントからお部屋までエスコートする役割のイメージが強いですが、それ以外にも依頼された客室アメニティのお届けやホテルカーやハイヤーの手配、お部屋へお届けする新聞の手配などもおこなう場合があります。

また、多くのホテルでベルデスクは正面玄関近くに設置されており、外出するお客様から近くの観光情報やレストラン情報を聞かれる機会も多くあり、コンシェルジュのような役割も求められます。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの具体的な仕事内容

ベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの主な仕事内容はお客様のエスコート業務とポーター業務です。

まず、エスコート業務では、正面玄関に到着されたお客様の来館の目的を確認して、目的の場所まで迷わないように案内します。初めて宿泊されるお客様を案内する際には、フロントデスクまでエスコートしながら様々な会話をして、お客様の緊張をほぐしながら、館内各施設の必要な情報を提供します。無事にチェックイン手続きが済んだお客様を客室まで案内したら、客室の各設備の案内もおこないます。宿泊ではなくレストラン利用のお客様の場合にも、レストランまで迷わないよう、必要な情報の提供やレストランまでエスコートをします。宴席がある場合には、来館者を会場まで迷わず案内するのもベルボーイやベルガールです。

ポーター業務では、ドアマンが正面玄関で預かったお客様の大きな荷物や滞在中のお客様から依頼のあったシャンプーや携帯電話の充電器、アイロンなどの各アメニティを部屋まで届けます。お客様が大量に購入されたお買い物袋などを正面玄関で預かり、客室まで届ける場合もあります。

これらの主な仕事内容の他にも、ホテルによってはお客様からホテルカーやハイヤーの依頼があれば、手配をおこなうのもベルデスクの仕事です。ホテルカーのドライバーへの運航ルートの指示や、ハイヤー会社へ車両手配をおこなうための発注書の作成もおこないます。また、お部屋に届ける新聞の手配や客室でお客様の宅配便の預かり、伝票作成や集荷依頼など細かい手配業務をおこなう場合もあります。

また、多くのホテルでベルデスクは正面玄関の近くに位置しているため、外出をするお客様やホテルに到着されたお客様から、ホテル周辺の観光案内やおすすめのレストランなどの情報を求められる機会が多く発生します。ベルで対応ができない複雑な手配などはコンシェルジュへお願いすることになりますが、ホテル周辺の有名な観光スポットやレストランは最低限の知識として情報を持っておかなければなりません。ベルデスクにはホテルの周辺情報があるため、必要に応じてお客様へ地図やパンフレットも渡します。自分自身でも、すぐにお客様へ案内ができるように手帳に最低限の情報をまとめておく必要があります。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの給料(年収)

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの給料(年収)はどのくらい?

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの給料は、年収や月収、時給で見てもフロントやハウスキーピングなど現場で仕事をする他の部署とほぼ同等です。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの年収は一般的に250万円~400万円が主流と言えます。月収は18万円~30万円となります。ホテルは24時間365日稼働しているため、基本的にはシフト制の勤務となります。

時間外勤務や深夜手当は、多くのホテルで労働基準法で定められた基準で支払われます。ベルの時間外勤務についてはシフト制の勤務形態のため、比較的少なく済む傾向にあります。

年収にも影響する賞与はホテルの業績によって支給されるかどうかが決まります。

年収 250万円~400万円程度
月収・月給 18万円~30万円程度 ※賞与は別
時給 950円~1,200円程度

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンに手当(深夜・残業など)や賞与・ボーナス

ベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンは時間外勤務や深夜勤務をすると手当が支払われます。支払いは給料の中に残業手当として含まれるパターンと、給料に残業手当は含まれず残業した分だけ給料に上乗せされるパターンがあります。

ゴールデンウィークや夏休みなどホテルの稼働率が高い時期には時間外勤務が発生することがあります。繁忙期を除けばシフト勤務形態であり時間外勤務時間は少ない傾向にあるため、月収に加えての多額の残業代は期待できません。

年収にも影響する賞与については、ホテルの業績によって支給される場合と支給されない場合があります。外資系のホテルでは業績に対してシビアであり、業績が悪ければ全く賞与が支払われないこともあります。

ホテルのベルのチップ

ベルの仕事は他の部署と比べて、チップをもらう機会は多いです。特に、チップの習慣のある外国人宿泊客が多い外資系ホテルでは、日系のホテルよりチップをもらう機会が多くなります。ホテルに泊まり慣れている日本人の宿泊客からもチップをもらうこともあります。大抵のホテルはベルがチップを受け取ることを禁止していません。チップが多い月は若干月収が上がります。

チップをもらうタイミングとして多いのは、荷物を部屋に運んだ時です。もらえるチップの金額は時給にも相当する500円~1,000円が主流ですが、高額になると5,000円~10,000円の場合もあります。あまりに高額のチップを受け取った際には、上司に相談することもあります。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの勤務形態/働き方

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの勤務時間(労働時間)/休憩

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの労働時間は7.5時間~10時間程度が主流となっており、シフト勤務時間内で一時間の休憩があります。

アルバイトやパートとして雇用される場合には、もう少し短い時間での勤務も可能です。

休憩時間は食事なども含めて1時間しっかりとることができますが、業務の状況によって、休憩開始時間が毎日異なることもあります。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの深夜の仕事/残業/仮眠

ホテルは24時間365日稼働しているため、2交代や3交代のシフト制が基本となっており深夜勤務があります。一度、深夜勤務をすると身体が慣れるため連日で深夜勤務のシフトに入ることもあります。

一部のホテルでは、深夜勤務シフトが長いこともあり、ベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンは業務が落ち着く深夜2時~5時の時間帯に仮眠をとります。

深夜はスタッフの人数も少ないため、仮眠中であっても必要に応じて同僚のサポートに入る必要があります。勤務時間が他のシフトと同じ場合には1時間の休憩をとります。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの仕事のシフト/休み

ベルの仕事はシフト制のうえ、一般の人々がお休みの時に仕事をするという特性から、休みは平日に割り当てられることが多くなります。

ゴールデンウィークや年末年始なども勤務をしなければなりません。友人たちと予定を合わせることは難しいですが、休日に出かける際にはどこでも空いているというメリットもあります。長期休暇をとる際にも繁忙期を避けて、前もって申請をしておけば、問題なくとることができます。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの通勤方法/研修

通勤方法については、特に制限などはありません。服装も自由です。

入社した際に、言葉遣いや立ちふるまいなどの接客マナーについて集中して学ぶ研修があります。研修が終了しても、日々業務の中で上司や先輩から業務について学ぶ機会もあります。

接客サービスに力を入れているホテルでは入社以降も定期的に研修があります。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの雇用形態

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの雇用形態については、正社員、契約社員、パート・アルバイトが一般的です。

契約社員やパート・アルバイトという雇用形態で入社をしても、仕事ぶりが認められれば、正社員に登用してもらえる機会も多くあります。特に、外資系ホテルでは契約社員やパート・アルバイトという雇用形態からスタートすることが日系のホテルよりも多くなります。

雇用形態による業務の違いはほとんどありません。契約社員やパート・アルバイトであってもお客様から見ればホテルのスタッフということは変わらないため、正社員と同様の接客スキルが求められます。唯一、雇用形態で違いが出る点は、契約社員やパート・アルバイトのほうが勤務日数や時間の融通が利きやすいところです。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 あり あり なし あり

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンとして、パートやアルバイトとして雇用されても、業務内容は正社員とほぼ変わりません。エスコート業務やデリバリー業務をはじめ、各種細かい手配などもおこなわなければなりません。理由として、お客様からは正社員やパート・アルバイトは見た目ではわからず、ユニフォームを着ている限りホテルのスタッフと見られるためです。パートやアルバイトであっても、ホテルから求められるスキルは高いということを理解しておく必要があります。

唯一、雇用形態で違いが出る点は、契約社員やパート・アルバイトのほうが正社員と比べて勤務日数や時間の融通が利きやすいところです。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンになるには

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンになるにはどうすればいいの?

ベルになるには、専門学校や大学、短大を卒業して新卒で就職する方法と他の業界やホテルから転職して中途採用として就職する方法があります。日系のホテルでは、毎年新卒を募集しているホテルが多い中、外資系ホテルでは、その年によって新卒を募集せず中途採用のみとなることもあります。

ベルのキャリアとしては何年か経験を積んだ後、ベルキャプテンとして複数のベルを管理する役職に就くことが一般的です。まずはベルキャプテンを目指すベルパーソンが多いです。その先には、宿泊部のアシスタントマネージャーやマネージャーというポジションもあります。ベルとして積んだスキルや知識を元にフロントやコンシェルジュなど他部署へ異動することも可能です。

入社以降、退職するまでベルとして仕事をするケースは稀であり、キャリアについては幅広い選択が可能となっています。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンになるには専門学校やスクールに通う必要はあるの?

専門学校やホテルスクールでは、ホテルのオペレーションから経営までホテルに関する幅広い知識を得ることができますが、必ずしもホテルスクールなどの専門学校へ通う必要はありません。大学や短大から就職する人や他業界から転職する人も多くいます。

専門学校やホテルスクールに通うメリットは、実習などで学生の頃からホテルの業務を経験できるため、ホテルに就職してから即戦力として活躍できることです。また、専門学校やスクールとホテルとの強いパイプがあり、就職活動の際には多くのホテルの求人情報が集まるため、選択肢を増やすことができます。一方で、専門学校やスクールによっては、ホテルとの関係を考慮して、複数のホテルの求人に併願できないというデメリットもあります。

ホテル業界では、専門学校やスクールの卒業生が多く活躍しているため、他のホテルとの横の繋がりや、就職したホテルの先輩に卒業生がいれば、日々の業務の悩みを相談できることも専門学校やスクールに通うメリットと言えます。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンになるのに必要なスキル/経験/資格

ベルは外国人のお客様の対応をおこなう機会も多いため、語学力が重要となります。英検やTOEICなどの資格があれば大きな強みとなります。

ベルになるためには、必ずしもホテルスクールなどの専門学校へ通う必要はありませんが、『英検』や『ホテル実務技能認定検定』など各種資格を保有していれば採用されやすくなりますが、最も重要になのは明確な志望動機があるかどうかです。

ベルは外国人のお客様の対応をする機会も多いため、語学力が非常に重要となります。ホテルによっては、採用の際に『TOEIC〇〇〇点以上/英検〇級』という明確な基準を設けています。そのため、採用の際に英検やTOEICなどの資格を保有していれば大きな強みとなります。

語学以外にも『ホテル実務技能認定検定』や『ホテルビジネス実務検定』といったホテルに特化した資格もありますが、これらは採用の必須条件ではなく、あればより良いというレベルです。

就職や転職の際に接客業務の経験があれば、採用に有利になることはありますが、基本的な接客マナーについてはホテルに入社してから研修や現場で覚えていけるので、採用の段階ではそれほど重要視はされません。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンのやりがい/大変なこと/向いてる人

ホテルのベルの大変なこと/きついこと

ベルの仕事は、常に館内を歩き回っていたり重い荷物を運んだりするため、ホテルの仕事の中でも特に体力が求められます。

ベルボーイやベルガールはホテル内をくまなく移動してお客様のサポートをしたり、重い荷物を運ぶなど、非常に体力が求められます。お客様と接する時間も長いため、クレーム対応の回数も多く、精神的な強さも必要となります。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンのやりがい

お客様に接する機会もホテルの他部署と比べて多く、お客様と強い関係構築もできるやりがいを感じる業務です。常にお客様に寄り添って、そばで役に立ちたいと考えている人に向いている仕事です。

感謝される機会が多いのも事実であり、お客様との強い信頼関係を築くことができます。常にお客様に寄り添って、そばで役に立ちたいと考えている人にとっては、自身のホスピタリティを発揮できるやりがいのあるポジションです。

ホテルのベルの仕事はきついって聞くけど女性でもできる?

館内を歩き回り、時には重たい荷物を持つベルの仕事は、男性向けのポジションに思えますが、多くの女性がベルガールとしてやりがいを持って活躍しています。ベルボーイには無いベルガールならではの気遣いがお客様のホテル滞在をより良いものにするため、ベルガールは重要なポジションと言えます。

昼夜逆転で体力が求められる勤務ですが、多くの女性スタッフがベルガールとして活躍しています。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方を教えて

ベルの仕事に就くためには、専門学校や大学、短大を卒業して新卒で就職する方法と他業界や別のホテルから転職して中途採用として就職する方法があります。外資系ホテルでは、その年によって新卒を募集せず中途採用のみとなることもあります。

また、ホテルの求人情報は各求人サイトやハローワークなどで検索することができます。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツ

採用面接では、志望動機が非常に重要です。『なぜ、ホテル業界で仕事がしたいのか』、『なぜ、そのホテルを選んだのか』、『なぜ、ベルとして仕事がしたいのか』などは、明確にしておき面接で採用担当者へ伝える必要があります。また、自分の強みをアピールする際には、過去の具体的な経験や事例を含めてアピールができるよう、面接の前に準備しておかなければなりません。

履歴書や職務経歴書は、空欄がないように作成したほうが採用担当者の印象が良いです。中国語検定やフランス語検定など、第三言語の資格をとっているのであればたとえ4級であっても記載するべきです。重要なことは、資格をとろうと努力できる姿勢をアピールすることです。どんなに小さい資格や実績であっても積極的に記載してください。志望動機もしっかり記載するべきです。また、書類選考の際に採用担当者は応募者の写真も確認します。特に、ベルなどお客様と直接接する機会が多いポジションの場合には、写真の表情からベルに向いている、向いていないと判断することがありますので、表情の柔らかいものを使用する必要があります。

ホテルのベルボーイ/ベルガール/ベルパーソンの求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

就職や転職の際にベルの求人情報を探す方法としては、インターネット上の求人サイトや求人雑誌の閲覧や、ハローワークの求人募集情報の確認があげられます。

求人サイトの中には、ホテルやレストランなど接客サービス業に特化したものもあるので、ホテル間の年収や月収、時給を比較できるなど効率的に求人情報を探すことができます。

ホテルによって、求人情報を登録している求人サイトが異なる場合があるため、複数の求人サイトへ登録したほうが、幅広く情報を集めることができます。

専門学校やスクールは、ホテルとの強い関係が築かれており、ホテルの採用担当者から直接学校へ求人情報が送られることもあります。

また、新卒の学生が主な対象となりますが、採用活動をしているホテルが一同に集まる就職イベントが毎年開催されており、各ホテルの採用担当者と直接話を聞くことができます。ホテルによっては、採用イベントを自らおこなうこともあるため、気になるホテルについては、インターネットなどで求人募集情報を集めておく必要があります。

 

お客様と接する機会が多いベルの仕事は、幅広い知識や柔軟な接客スキルなどが求められ、体力的にもハードです。しかし一方で、お客様から直接感謝をされたり、強い関係を構築できる非常にやりがいのある仕事です。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる