ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ウエディングプランナーの仕事内容/給料(年収)/なるには/資格

多くのホテルで行われている結婚式。この結婚式に欠かせない存在がウエディングプランナーです。女性が活躍できる職業として注目されていますが、具体的にはどのようなお仕事をするのでしょうか。

この記事の見出し

ウエディングプランナーとは

ウェディングのための営業と打ち合わせを主な仕事内容とするのがウエディングプランナーです。

営業は結婚式場を検討している新郎新婦にホテルの魅力を伝え、会場の案内や見積もり作成などを行います。結婚式の日取りや時間、披露宴会場、予算など、全ての条件を新郎新婦に納得してもらえるよう導き、成約を目指す役割です。

新郎新婦の理想や抱えている問題を引き出し、寄り添いながら答えを見つける姿勢がもとめられ、成約に至らなかった時には引きずらないというポジティブさが必要不可欠といえるでしょう。

あわせて、結婚式に関わる雑誌やネットの企画を立て発信する広報や、ウエディングパンフレットの発送、ブログの更新も大切な業務内容であり、パソコンスキルが必要とされる仕事です。

打ち合わせでは新郎新婦1組に対し1人のウエディングプランナーが専属としてつくことがほとんどです。

結婚式当日表舞台に出ることはありませんが、打ち合わせの段取りや各関連職種との連携の中枢を担う役割を果たします。

自分が成約まで導いた新郎新婦を打ち合わせも担当するというパターンもありますが打ち合わせが始まって単価アップを提案しにくくなるという点から営業と打ち合わせで業務内容を分けているホテルも少なくありません。

どちらもそれぞれに大変さがありますが、お客様との関わりはいずれも深くやりがいは十分だといえるでしょう。

ホテルのブライダルに関わる仕事の種類と仕事内容

ホテルウエディングに携わる職種は多岐にわたり大きく分けると下記のようになります。

  • 料飲・・・ウェルカムドリンクや披露宴でのコース料理、ケーキなどの提案、用意
  • サービス・・・結婚式当日の新郎新婦や列席者の誘導、婚礼料理の配膳
  • 電音機器・・・会場のBGMや照明の提案、操作、写真や動画撮影
  • 演出・・・司会進行、キャンドルサービスなど演出の手配、卓上装花、ペーパーアイテムの提案
  • 衣裳・美容・・・新郎新婦および列席者の衣装決め、ヘアセット、メイクアップ

料飲とサービスに関わる職種はホテル内スタッフが行うことが多く、それ以外の職種はホテルにテナントとしてはいっているか、プランナーから発注をうけて打ち合わせに参加することが多いです。

新郎新婦の個性やこだわりを大切にするため、関連職種は細分化されており、数えきれないほど多くなっています。複数の職種が共同で新郎新婦の希望を叶えることもあり、プランナーは全ての職種との連携、意思の疎通を図らなくてはなりません。

なお、ホテルウエディングはホテルスタッフ全員のおもてなしを強みとしているため、広義的にとらえるとホテルに勤めるスタッフ全員が関連職種といっても過言ではありません。

ホテルのウエディングプランナーの仕事内容

ホテルウエディングに関わる職業はたくさんありますが、ウエディングプランナーの仕事は大きくわけて会場を検討中の新郎新婦への営業と、結婚式までの打ち合わせの二つです。

ホテルのウエディングプランナーの営業

営業はブライダルフェアへ来場した新郎新婦へのご案内がメインとなる仕事です。

営業では新郎新婦にホテルの魅力を伝え、成約に至るまでご案内するため、トーク力や見積もり作成のスキルが求められます。1組に対し3時間程度、1日に多くて3組ほど新規営業を行います。

1組に対し専属でご案内することが多く、新郎新婦の理想とする結婚式をヒアリングし、そこに合わせてホテルの強みをアピールしていきます。

挙式会場や披露宴会場のご案内、過去にあった素敵な結婚式の紹介、見積もり作成、日取りの提案、クロージング。といった順序で行うことが多く、1組のご案内に平均で3時間ほど要します。

ブライダルフェアのあとは、お礼状を送付したり電話でその後の状況を伺うなどすることが多く新郎新婦の人柄やなれそめなどを忘れないよ記録を残しておくことも必要です。

ウエディングプランナーというと楽しい打ち合わせを想像しがちですが実際では営業力にたけた人物が活躍する職業でもあります。

ホテルのウエディングプランナーの打ち合わせ

打ち合わせにおいてはたくさんの業者と新郎新婦との間にはいり、結婚式当日がスムーズにすすむようサポートしていきます。

新郎新婦ともっとも連絡を取り合い結婚式のイメージを共有していくため、結婚式の第一人者といってよいでしょう。担当の結婚式を当日見に行くことができない場合がほとんどのため、前日までに自信をもって完璧な準備をする必要があり、その責任は大きいです。

打ち合わせは結婚式の3か月前から始まることが多く、招待状発送のお手伝いや婚礼料理の決定、席次表の作成、各関連職種との打ち合わせ日程の調整などを行います。

どのスタッフも結婚式についての情報が一目でわかるよう、書類や進行状況を整理するスキルが問われます。

打ち合わせは全部で4回程の場合が多く、限られた時間の中で新郎新婦の希望を叶えていかなくてはなりません。

大変なことも楽しいことも一番共有する役割のため、結婚式当日は新郎新婦から感謝を伝えられることが多いです。

営業、打ち合わせ共に土日は接客の時間が多くなりますが、平日はお客様の要望を書面に落としたり、お礼状を書いたり、発注書を書いたりという事務作業を行います。

ホテルのウエディングプランナーの給料(年収)

ホテルのウエディングプランナーの給料(年収)はどのくらい?

年収は280万円から360万円ほどが一般的で、時給換算すると1000円以上とサービス業においては平均的です。

基本的に残業や早め出勤になることが多いため、超過分が支給されるかどうかによって年収が大きく左右されるでしょう。中には新規営業の成約件数や打ち合わせでの単価アップに伴い歩合給が加算される場合もあり、歩合給制度がある場合には個人の裁量によってより高いお給料を得ることも可能です。

年収 280万円~360円程度
月収・月給 16万円~25万円程度 ※賞与は別
日給 8000円~12500円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 1000円~1563円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

月収制、あるいは基本月収+歩合制をとりいれているホテルがほとんどになります。

やりがい重視の職業のため高い給料がもらえることは多くありませんが、残業代やインセンティブがつく場合には夢のある職業だといえるでしょう。

打ち合わせが長引いた日や、披露宴のお開きが遅い時刻の日は業務が深夜にいたることもあります。春や秋の繁忙期は残業が80時間程になる月もあり、多くの場合残業は土日祝日に偏ります。

打ち合わせと結婚式本番が集中するため毎週末は疲れも感じますが、新郎新婦と楽しい時間を過ごしたり、幸せな姿を見ることでやりがいを感じることが出来ます。

やりがいと同じように福利厚生も大切にしたいという方は深夜手当の有無や残業手当がみなしになっていないかなど確認しましょう。

また、ウエディングプランナーとしての経験を積むことでマネージャーや育成担当に転身することもあり、その場合は年収アップが見込まれます。

なお、新規客営業や打ち合わせを担当するウエディングプランナーは新郎新婦と同世代のほうが価値観が合う可能性が高いため、20代から30代がもっとも活躍している職業です。

この間にしっかりと経験を積み、スキルを磨くことで40代50代はマネジメントや広報に特化した形でブライダル業界で活躍し続けることが出来ます。

実力が認められたウエディングプランナーは講演会や営業の講師に呼ばれることもあるため、その場合にはより一層高額なお給料を獲得することができます。

ウエディングプランナーとなり他ホテルへ転職する場合には過去の成約率や単価アップ率を聞かれることが多く、相手の期待値に添える成績であれば年収の交渉も可能な職業です。

ウエディングプランナーの裁量次第で婚礼部の売り上げが決まるため、数字に貢献できるようになれば多方面に活躍の場が広がるといっていいでしょう。

ホテルのウエディングプランナーの手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

正社員の場合は深夜手当や残業代、賞与などは各ホテルの条件と同じことがほとんどです。

また、契約社員や派遣社員の場合は雇用側に確認するのが間違いのない方法です。ボーナスとは別に、インセンティブという歩合給がお給料に加算される場合もありますが、その場合は基本給がやや低めに設定されていることが多いので営業力に自信がない人は注意が必要です。

また、残業が多くなることが多いため、残業代をすでに給料に含んでいる場合もあります。この【みなし残業】といわれるものは【20時間まで】など際限が決めてあることが多いので注意してみるとよいかもしれません。

金銭的な手当ではありませんが、ホテルには従業員食堂があることが多く、その価格は250円~500円と安価です。制服も付与され、クリーニングもホテルで無料で行えることが多いため、普段の出費がおさえられるという点は大きなメリットになります。

ホテルのウエディングプランナーの勤務形態/働き方

結婚式は土日祝日に開かれることが多いため、土日祝日の出勤が必要になります。週休2日、シフト希望制で平日にお休みをとることが一般的でしょう。土日祝日は打ち合わせや披露宴のお開きに合わせるため出勤時刻や退勤時刻が読めにくくなりますが、一方で平日は予定をたてやすいことが多いです。

婚礼アイテムの発注や書類整理など、自分で要領よく進めることが出来れば平日は定時に帰ることも可能です。

年末年始はホテルの婚礼サロン自体がお休みになることも多く、サービス業では稀な年末年始休みが叶いやすい部署といえます。

ホテルのウエディングプランナーの勤務時間(労働時間)/休憩

朝~夜の間で9時間拘束8時間労働を基準としていることがほとんどです。

ホテルのウエディングサロンの電話受付が10時~19時の場合が多いため、求人サイトではこの9時間を勤務時間としているホテルがよく見られます。

土日祝日は、当日結婚式を行う新郎新婦や打ち合わせにいらっしゃる新郎新婦の動きが最優先となるため、残業や早め出勤になることが多く、繁忙期には勤務時間が深夜に及ぶこともあります。

休憩は原則1時間となっていて、自分のスケジュールやお客様管理が上手くいった場合はしっかりととることも出来ます。

営業も打ち合わせも1組に1人の担当制のため、自分のスケジュール管理力が問われるといっていいでしょう。

全員で同じタイミングに休憩をとるということはなく、共に働く仲間とタイミングを見計らって休憩をとります。

ホテルのウエディングプランナーに深夜の仕事や残業はあるの?

春や秋の繁忙期に一時的に業務がたてこみ深夜まで残業になることもありますが、基本的に深夜に仕事をすることはありません。

お客様の都合で打ち合わせが夜にしかできない場合など事前にわかっている場合には、出勤時刻をあらかじめ遅めに調整することも可能なことがあります。

残業は行うことが多く、特に土日祝日はその確率が高くなります。自分の担当した披露宴のお開きが遅い時刻である日や、打ち合わせが長引いてしまった日は、定時で帰ることは難しくなります。

どうしても定時で帰りたい日があれば、自分の担当するお客様との打ち合わせをいれないようにするなど、事前に配慮しておくと定時で帰れる日も作ることができます。いずれにせよ、当日の披露宴のオペレーションや打ち合わせのスケジューリングが大切になります。

ホテルのウエディングプランナーの仕事のシフト/休み

毎月シフト希望をとるホテルが多く、平日であれば休み希望が通りやすい職業です。

土日祝日のお休みにこだわらず平日の空いている観光地などが好きな人にはとても向いてるといえるでしょう。

連休についてはスタッフが交代で夏休みを1週間程度ずつ回すことが多く、その期間は担当のお客様とのアポイントをいれないように注意します。

また、年末年始はブライダルサロンへの来客が著しく少ないため、婚礼部署全体を年末年始お休みにするホテルもあります。一般的なサービス業がお休みをとりにくい年末年始に休暇をとりやすい点はブライダル関連職種の大きなメリットです。

ホテルのウエディングプランナーの通勤方法/研修

ホテル利用者優先の都合上、都心や繁華街にあるホテルでは公共交通機関を指定する場合がほとんどです。

研修はホテルによってさまざまですが、まずはウエディングプランナーの先輩や上司に同行し、仕事内容を学ぶことが多いでしょう。パソコンに見積もり作成や顧客管理専用のシステムを持っているホテルも多く、ソフトの利用方法の研修が行われることもあります。

ウエディングプランナーは常に幅広い分野において新しい知識を問われるため、婚礼料理の試食会や電話対応練習、ドレスの見学会など、研修内容も多岐にわたります。研修で得た知識を接客にいかすことで、成約率アップやお客様との信頼関係構築につながるため、ウエディングプランナーにとって研修は大切であるといえます。

ホテルのウエディングプランナー雇用形態

ホテルのウエディングプランナーとして働くには、求人サイトやハローワークで募集案件を探し、ホテルの正社員あるいは契約社員として婚礼部に配属となるか、ウエディングコーディネーターを派遣している会社に登録し、提携先のホテルでウエディングプランナーとして働くかのいずれかになります。

業務上多くの個人情報を知ることが多く、高額な金銭のやりとりなどもあるため、アルバイトやパートといった雇用形態での募集はありません。また、打ち合わせや結婚式は時間通りにいかない場合も多いため、決まった時間の勤務だと支障がでるということもアルバイトやパートで雇用をしない理由となります。

社員として諸々の規約に同意し、責任をもって仕事をするということが求められる職業です。

ホテルのウエディングプランナーの一般的な雇用形態

一般的には正社員か契約社員、派遣社員のいずれかの雇用形態になります。

長期間働いてほしいという点や責任が大きい仕事であることが、アルバイトやパートでの雇用をしない理由のようです。

また、正社員や契約社員の場合は婚礼以外の部署も経験してもらうことが出来るという点もホテル側にはメリットになります。

ホテル側の意向としては、そのホテルならではのよさや空気感、ブランドイメージを把握したうえでこそ結婚式を売っていくことが出来ると考えているため、急いで婚礼部門に配属するよりも他の部署を知ってほしいという考えがあるからです。

とくに新卒で入社する場合はいくつかの部署を回ってから婚礼部門に配属となることがほとんどで、3年から5年ほど他部署での勤務を経て婚礼部門へ配属となることが多いです。

婚礼部門までの道のりが長くデメリットに感じますが、ウエディングプランナーは新郎新婦の宿泊やレストランの手配等も行うので、各部署に仲間をもつことも大きなメリットになりますし、お客様へホテルの魅力を伝えやすくなるためより生きた接客を行うことが出来ます。

派遣社員についてはウエディングプランナーとしてのスキルを持っていることが前提になり、婚礼部門全体が派遣会社の管轄になっている場合もあります。ホテルが独自で婚礼部門を持たず、派遣会社に委託しているような形です。月給+歩合制のことが多いですが、なかには結婚式をてがけた数により給料が決まるというスタイルの会社もあるようです。

雇用形態により福利厚生に大きな差が生じますので、求人サイトやリクルートページの募集要項をよく確認することが大切です。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 なし あり あり あり

ウエディングプランナーになるには

ウエディングプランナーに必要とされる資格はありませんが、アシスタントブライダルコーディーネーター検定 通称ABC検定という結婚式に関わる仕事のスキルをあらわす資格が存在します。就職の際に資格の有無を確認されることは多くありませんが、アピールポイントにはなるでしょう。

専門学校やスクールはホテルや観光についての科と併設されていることが多いです。結婚式に関する歴史や、宴会マナーなどを学ぶことができ、ホテル業界や婚礼業界への就職に強いことが特徴です。

ホテルのウエディングプランナーになるにはどうすればいいの?

ホテルに就職をして婚礼部門へ配属されるのを待つか、どこかでウエディングプランナーとしての経験を積み経験者として婚礼部門の採用面接を受けるかのどちらかになることが多いです。

ホテルやブライダル業界に未経験という方はまず、ホテルの宴会サービスなどで披露宴の一般的な流れや仕組みを知るとことから始めるとよいでしょう。

ウエディングプランナーの仕事を覚える以前に、結婚式の一般的な順序や常識を知っていることは極めて重要です。プランナーの仕事はアルバイトなどで経験出来るものではありませんが、披露宴での配膳サービスを募集している会社は派遣会社に多く、高い時給の求人も容易に見つけることが出来ます。

ホテルのウエディングプランナーの募集は求人サイトに載っていることは少いので、気になるホテルのホームページからリクルート画面を閲覧するか、電話で採用担当者に問い合わせるなどするとよいでしょう。

熱意や営業スキル、パソコンスキルが認められれば未経験でも採用に結び付く可能性もあります。

キャリアステップとしてはウエディングプランナーとして新規接客営業と打ち合わせを両方できるようになり、合わせて数字にも強くなることで次のステップが開きます。

具体的にはブライダルフェアの企画や後輩の育成、予算の管理やクレームの対応等を行うようになります。

女性の就業率が男性より圧倒的に多い職場なので、女性社会で上を目指したいという方にはキャリアアップを見込みやすいといえるでしょう。

一方で週末に休みをとれないことや、お客様優先でのシフト作成など、結婚生活や子育てと共に行うには少し厳しい環境です。キャリアステップを踏むためには家族の十分な理解が必要になります。

ホテルのウエディングプランナーになるには英語は必要?

必ず求められるスキルではありませんが、話せることのメリットはたくさんあります。

外国人旅行客が増えている今、グローバルな人材を求める動きはホテル業界においてより大きくなっています。

英語での接客が可能という強みがあれば、外人カップルの受け入れも可能になり、成約率アップにつながるでしょう。

特に神前式を売りにしているホテルであれば、和装での挙式に憧れている外国人カップルを招きいれる大きな強みになるはずです。また、産休や育休をとった後ウエディングプランナーでの復職は難しいという場合、ホテル内の他の部署へ異動する時にも英語スキルは歓迎されるでしょう。

ホテルのウエディングプランナーになるのに必要な資格/スキル/経験

最も必要とされるのは、明るい人柄と責任感です。そのうえで、高い営業力やパソコンスキル、ホテルや結婚式についての専門知識や就職経験があるとより採用率が上がるでしょう。

経験としては保険レディやホテル内での勤務経験があると優遇されます。ホテルのウエディングプランナーは営業色が強いため、お客様を説得できる魅力的な会話を出来ることは大きな強みになるからです。

また、ホテル全体の構図や結婚式に関する一般的な常識を把握している必要があるため、ホテル業界を知っているということも大きなメリットとなります。

特別必要な資格はありませんが、アシスタントブライダルコーディネート検定や色彩検定を持っているとアピールポイントになるでしょう。

見積もり作成やお客様とのメールやりとり、ブログ更新など、パソコンを使用する業務も多くあるため、パソコンの一般的な操作ができることも必要なスキルです。

ホテルのウエディングプランナーになるには専門学校やスクールに通う必要はあるの?

ホテルのウエディングプランナーになるために、必ず専門学校やスクールに通う必要はありません。しかしホテルの新卒採用を狙うのであれば、専門学校やスクールに通っていることは有利になります。

専門学校の先輩が就職し活躍しているホテルでは出身校が同じ人を優先的に採用してくれる場合もありますし、専門学校やスクールの先生がホテル側と顔見知りの場合はプッシュしてくれることがあるからです。

また、就職してからホテルのウエディングプランナーになるためには、まず他のセクションで経験を数年積んでから異動という形で婚礼部署に配属となることが多く、ウエディングコーディネーターになりたいという思いをアピールし続けることが大切です。

新卒で就職した時はレストランや客室、宴会サービスなどの部署を経験してからウエディングプランナーになることが多いことを理解しておきましょう。

経験者の中途採用ですと婚礼部門の配属と決定しているため、はじめからウエディングプランナーとして勤務したい人はまず、専門結婚式場などでブライダル関連のスキルを身につけてから、中途採用してもらうとよいかもしれません。

ウエディングプランナーのやりがい/大変なこと/つらいこと/向いてる人

やりがいを最も感じるのは、お客様が結婚式当日に幸せな姿でいるのを目にした時です。新郎新婦やその親族にお礼の言葉をいただいた時は自分の心も温まり、頑張ってきてよかったと思うことが出来ます。

結婚式がお開きになってからも毎年記念日にホテルに遊びにくるカップルも多くいるため、新郎新婦の変わらぬ幸せな姿を見ると疲れも癒されるでしょう。

一方で失敗が許されないというプレッシャーがかかることや、新規接客営業の成約率を上げなくてはいけないことウエディングプランナーの大変さといえます。

大きな費用がかかり、新郎新婦の大切な人たちが集まる結婚式では些細な失敗も許されません。綿密な打ち合わせを新郎新婦と繰り返し、各職種と間違いなく情報共有するというのは非常に難しいことです。

新郎新婦の門出を一緒にお祝いする明るさや責任感があり、段取りをきちんと組むことが好きな人に向いている職業です。

また、接客と同じくらい事務作業の時間も多いため、パソコン操作や電話対応も得意な方は尚向いています。

お給料面ではとてもよいといえる職種ではありませんが、新郎新婦はもちろんその家族や列席者から感謝の言葉をもらうことも多く、大きなやりがいを感じる職業です。営業職が好きな人、計画を立てるのが好きな人、こまめな連絡や数字管理が得意な人、人の幸せな瞬間に立ち会いたい人に向いているといえます。

ホテルに関する知識も問われるため、ホテル内の他の部署を経験してから配属されることも多い仕事です。

ホテルのウエディングプランナーの仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方を教えて

ホテルのウエディングプランナーは求人表に載っていることが少なく、見つけるのが難しいです。

求人サイトにのっていても新卒か経験者の中途採用の募集がほとんどとなるため、未経験の人はまずホテル業界、ブライダル業界での経験を積むことが大切です。

ブライダルサロンの受付などであれば、パートやアルバイトでの募集も稀にですがありますのでそこをきっかけにしてもいいかもしれません。

ホテルのウエディングプランナーは求人を出さずに管理職の人が人づてに探していることも多いため、まずはホテル業界に身をおくことが得策です。あるいはホテル以外の場所でウエディングプランナーとしての経験を積みホテルへ転職をするか、専門学校やスクールへ通い新卒として面接を受けることが選択肢としてあるでしょう。

ホテルのウエディングプランナーの面接で志望動機を聞かれたりした時や履歴書や職務経歴書作成のコツは?

新卒採用でも中途採用でも、まず求められるのはウエディングコーディネーターという仕事を適切に理解しているかどうか、という点です。

例えば【新郎新婦と素敵な結婚式をつくりあげたい】というような漠然とした志望動機はあまり歓迎されません。ただ仲良く結婚式を作り上げたいというニュアンスで相手に志望動機が伝わると、

【実際に仕事が始まった時にすぐ嫌になってしまうのではないか】という危機感を面接官にあたえてしまうのです。

【ホテルの良さを新郎新婦に伝えて、たくさんのカップルのお手伝いをしたい】、【忙しくても最後まで手を抜かず、お客様と向き合うプランナーに憧れている】、というような、実際の仕事内容に少し触れた内容のほうが面接官の心象はよいでしょう。

また、履歴書や職務経歴書を作成する際には、丁寧な文字や簡潔で明瞭な言い回しを意識することも大切です。

ウエディングプランナーはお客様に感謝状など手紙を添えることも多いため、文字から人柄を見られるといっても過言ではありません。

中途採用の場合は職務経歴が必要となりますので、アピールポイントとなる経歴にはどんな仕事内容であったかわかるような書き方をするとよいでしょう。

具体的には

【○○○○株式会社 販売部入社 新規開拓営業担当として】というような書き方です。

業種に関わらず、営業や打ち合わせなどの経験があることは大きなアピールポイントとなります。面接や履歴書提出は、ウエディングプランナーの仕事に少しでも生かせそうな自身の経験を見つけてから臨むことが大切です。

ホテルのウエディングプランナーの求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

経験者であれば、転職サイトから探すことも可能です。

未経験の場合も探すことは出来ますが、面接の受け入れをしてもらえない可能性を理解しなくてはなりません。また、極少数名を募集のため転職サイトなどに求人を載せていないホテルも多くあります。気になるホテルがあればホテルの公式ホームページからリクルート画面を閲覧し、確認してみるのがよいでしょう。

なお、第三者からの声掛けにより転職が決まることも多くあります。ホテル業界やブライダル業界に精通している人が知り合いにいる場合には、自分がウエディングプランナーを志望していることを公言しておくと思わぬところから声がかかるかもしれません。いずれにせよ、多方面にアンテナを伸ばしておくことが大切です。

 

華やかでかっこいい印象のあるウエディングプランナー。最良の日のため、相応の努力が必要になりますが、得られるやりがいは想像以上です。ホテルの中でもお客様との関わりが非常に深い職業といえるでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる