ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルマン(ホテルスタッフ)になるには?志望動機の書き方を解説!

ホテルマンになるにはどうすればいい?

ホテルマンになりたいと思ったら

ホテルマンになりたいと思ったら、ホテルマンの職種やどのような仕事内容なのか、自身の目指す目標を立てておくと良いでしょう。ホテルマンと一言で言っても、支配人やフロントスタッフ、清掃作業員など数多くの職種が存在しているため、どの職種になりたいのかで、なり方とやるべきことの難易度が大きく異なります。そのためホテルマンになるには、必要最低限の知識やあまり知られていないことなど、当記事を参考にして仕事内容や労働時間、給与面について調べておくと良いです。ホテルマンの職種ごとの詳細は各職種別にまとめていますので、興味のある記事をぜひ一度、目を通してみてください。ホテルマンになるにはどうすれば良いのかを、各職種ごとの給与や労働時間、休みなど項目ごとに詳しく解説していますので業界経験者はもちろん、未経験の方でも分かりやすいように解説しています。

その他にもホテルマンになるには、ホテルごとに就職難易度が異なるため、未経験からホテルマンを目指す際には、求人情報や口コミから情報収集をしておくとよりスムーズに就職活動を行うことができます。また経験があり、キャリアステップを図りたいと考えている場合は、人脈を利用して条件の良いホテルに転職したり、有名な一流ホテルの求人募集が行われていないかなどを随時確認しておくのも一つの手段です。

つまり、どの職種においても当てはまることですが、ホテルマンになりたいと思ったら、まずはホテルマンが一体どのようなものなのか知識として知っておくことと、自身の目指す職種のなり方に合わせたプランを決めておくことが重要といえるでしょう。

ホテルマンのなり方を教えて

ホテルマンになるためには、ホテル関係の専門学校や四年制の大学又は大学院から就職するのが最も確実で良い方法と言えるでしょう。ホテルによっては毎年新卒での採用を行い、新入社員の教育に力を入れていることもあるので大学や専門学校からの就職がベストなのです。

また専門学校では、ホテルマンとしての必要最低限の知識を身に着けることができるので、ホテル側としても指導しやすいといった点や、ホテルマンを目指して頑張ってきたという点が評価できるため専門学校から積極的に採用したいと考えています。大学や大学院においては、専門学校のようにホテルマンの知識を身に着けることはできませんが、某一流ホテルの新入社員の採用者の割合は専門学校生よりも大学、大学院卒の人数のほうが多くなっています。そのため、新社会人としてホテルマンにふさわしい態度で入社試験に望めば誰にでもホテルマンになるチャンスはあるということなのです。

https://hoteljinzai.com/contents/category/school

新卒からホテルマンになるには上記の流れが最も一般的ですが、次に中途採用からホテルマンになるためにはどうすればよいのか見ていきましょう。中途採用でホテルマンになるには、求人情報から自身で応募する必要があり、転職未経験や業界未経験の場合は採用を見送られることも珍しくはありません。ですが、未経験だからといって必ずしも採用されないわけではなく、前職で営業の経験やサービス業でお客様相手の仕事を経験したことがあるなどすれば採用される可能性は高くなります。またホテルによって採用基準がことなっており、一流ホテルは未経験の場合は不採用になる可能性が高いです。そのため、一流ホテルのホテルマンを目指すのであれば、転職未経験でも採用を行っているホテルを探して経験を積むことが一番の近道といえるでしょう。

このようにホテルマンになるためには、新卒と中途では方法が異なるので自身の状況と照らし合わせてしっかりと計画を立てて行動しましょう。

ホテルマンの仕事、就職・転職、給料、採用・求人情報を知る_アイキャッチ
ホテルマン(ホテルスタッフ)の仕事内容/種類(職種)/やりがいホテルマン(ホテルスタッフ)とは ホテルマンって何? ホテルマンとは、ホテルで働く従業員の総称であり、それぞれの持ち場ごとにホテルを...

ホテルマンに必要な能力と覚えておくべき大切なこと

ホテルマンに必要な能力とスキル

ホテルマンに必要な能力やスキルは、お客様相手の商売ですので、接客スキルやコミュニケーション能力があると非常に良いです。支配人やフロント業務、客室清掃員などの職種に関係なく、ホテル内ではお客様と接する機会が必ずあるので、対人スキルが高ければホテルの評価も高くなりますし、お客様から感謝の言葉をいただけることもあります。また支配人やマーケティング業務などでは、ホテルの運営に関わる業務を受け持つこととなるので、企画力やホテルの業績推進に貢献できることも必要なことであり、必要な能力やスキルと言えます。また各部署ごとの連携が取れていなければいけませんので、社会人としての心得としても知られている、報告・連絡・相談がしっかりとできることも必要なことなのです。

このように、ホテルマンにとって必要な能力を知っておくと、実際に業務に携わる際に自身にとってのプラスになるでしょう。

ホテルマンにとって大切なこと

ホテルマンにとって大切なことは、お客様目線に立って行動し、顧客満足度を高い水準に保つことです。一見すれば難しいことのように思うかもしれませんが、丁寧な接客と小さな気遣い一つでお客様からの印象はがらりと変わりますので一人一人が一人前のホテルマンという自覚をもって行動すれば簡単なことなのです。また各部署ごとに任されている役割は異なりますが、業務自体が細分化されていることから自身の役目を果たしやすい環境が整備されており、日々の業務をしっかりとこなすことが大切なことと言えます。

このようにホテルマンにとって大切なことや必要なことは、ホテルをご利用されるお客様に満足していただけるよう業務をこなしていくということなのです。

ホテルマンになるための志望動機の書き方と作成ポイント

ホテルマンになるための志望動機の書き方のポイント

ホテルマンになるには、履歴書や面接で志望動機を記入、又は受け答えしなければなりません。就職試験の際には志望動機が非常に重要な項目となりますので、採用されるためにしっかりとした内容を記述する必要があります。

履歴書への志望動機の書き方のポイントは、以下のようなことが挙げられます。

  • 丁寧な字で誤字脱字がないように注意して記述する。
  • 事実に基づいた内容を記載し、記述に偽りのないようにする。
  • 志望した理由やホテルマンを目指そうと思ったきっかけなどを分かりやすく伝える。

また上記の注意するポイントに加え、志望動機を記述する欄になるべく空白がないように記述することも重要なポイントのひとつです。その他にも、内容が薄いと捉えられるような記述を避けることも大切となっており、上記の条件を意識して書くことでより良い内容の文章を作成することができるでしょう。

このように志望動機の内容で採用の可否が左右されるので、希望するホテルに就職するためにも、事前にしっかりと準備を行うように心がけましょう。

ホテルマンになるための自己PRのポイント 

ホテルマンになるための自己PRのポイントは、自身の気持ちを素直に伝えることが非常に重要といえます。特に面接では面接官と直接会話を行うため、自身の話し方や態度などがそのまま相手に伝わってしまいます。面接が得意であればあまり難しく考えることはありませんが、誰しもがどうしても緊張してしまうものなので、完璧にしようと張り切るよりもリラックスして望むとよいでしょう。なぜならば、面接で重要な自己PRやホテルマンになりたいと思ったきっかけなどを、企業側に正確にわかりやすく伝えられるといったメリットがあるためです。また緊張したままだと自身で考えていることと違う内容が相手側に伝わってしまう恐れがあるため、本番でミスをしないためにも学校や自宅などで何度も練習してみる良いでしょう。面接は練習をするかしないかで、企業側の反応にかなりの違いがでるので覚えておきましょう。このように事前に準備をしておくことで、本番当日も自信を持って面接に望むことができるのです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる