ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルマンに必要な資格/語学/学歴は?英語ができない、高卒でも大丈夫?

ホテルマンに必要な資格や持っていると有利な資格

ホテルマンと資格

ホテルマンになるにあたって、ホテルによって資格が必要なケースとそうでないケースに分けられます。資格が必要なケースでは、国際ホテルや一流ホテルなどに就職する場合があてはまることが多く、主に「ホテルビジネス検定」や「サービス待遇実務検定」、「ホテル実務技能検定」などを取得していなければならないことがあります。ですが職種によっては資格が必要でないこともあり、客室清掃員やフロント業務などでは資格を取得していなかったとしても有名ホテルに就職することも充分に可能です。

また外資系ホテルのフロント業務では、外国のお客様の接客をする機会が一般的なホテルと比べると多く、「TOEIC」の資格を取得していなければならないケースや取得しておくと有利になるケースがあるので、求人募集要項をしっかりと確認しておきましょう。

ですが、求人募集要項に必要な資格が明記されていない場合でも、ホテル業界での経験が必要なケースもありますので充分に注意が必要です。

このようにホテルや職種によって資格が必要な場合とそうでない場合や持っていると有利な資格が存在するので、就職先を探す際は必要な資格の欄をしっかりとチェックしておきましょう。

ホテルマンの国家資格とホテリエ検定

ホテルマンになるために必要な資格は、基本的には民間の資格となっており国家資格はありません。また日本ホテルスクールが行っているホテリエ検定というものが存在していますが、国家資格や民間資格ではありませんので注意してください。また検定は一級から三級までが存在しており、二級以降は三級に合格していることと受験票が必要になります。内容としては、ホテルに関する基本的な知識を身に着けられるようになっており、受験料などは一切必要なくどなたでも受験することができます。また合格された方には認定書が送られるようになっているので、記念に自宅に保管しておくこともできるため、「ホテルに関する知識が身についた!」と実感できるメリットもあります。

さらにインターネットからアクセスすることができるので、検定を自宅や職場などで空いた時間に受験できるといったメリットもあります。

ですが就職の際には資格として履歴書に記載することができないので、あくまでも自身のスキルアップのために利用するようにしましょう。

つまりホテリエ検定は、ホテル業界に詳しい人の場合、自身の知識がどの程度なのか知るために利用したり、未経験でこれからホテルマンを目指している人は、新たな知識を身に付けるために利用してみるとよいでしょう。

このようにホテルマンの資格にはさまざまなものがありますが、国家資格ではなく民間資格がほとんどであるということなのです。

ホテルマンの学歴は高卒、大卒、学部や国公立などが重視されるの?

ホテルマンは高卒でもなれる?

ホテルマンは部署によっては、高卒でもなることができるケースもあります。ですが支配人やマネージャー、広報担当などへの就職は難しく、基本的にはフロント業務や客室清掃員の仕事になります。またホテルによっては採用されないこともありますが、外資系のホテルや一流ホテルなど以外では採用の可能性があると考えてよいでしょう。

雇用形態については正社員での採用やアルバイト、契約社員などがあり、高卒の場合はまず、アルバイトや契約社員からのスタートになることも珍しくありません。その後、ホテルによっては、規定に基づいて正社員への登用が行われることもあるため、正社員を目指しているのであれば事前に確認しておくとよいでしょう。

また採用後すぐに正社員として採用してもらえるホテルも存在しているので、アルバイトや契約社員から下積みを積むことが億劫と感じている場合は、高校卒業のみでも採用されるホテルの求人を探してみるとよいです。

このようにホテルマンになるには、大卒や大学院を卒業していなくても大丈夫ですが、高卒の場合の職種は限られているということを頭に入れておきましょう。また高卒の場合は大卒よりも時間はかかりますが、下積み期間や経験年数によっては、ホテルの支配人になれるチャンスもあるのでキャリアステップを諦める必要はありません。

ホテルマンに学歴は重要?

ホテルマンは上記のように、高卒で国公立の大学や大学院を卒業していなくてもなることができますが、支配人やマネージャーなどの管理職や企画・営業などのホテルの業務に携わるにはある程度の学歴が必要になります。一般的なホテルの場合も同様ですが、特に一流ホテルや有名ホテル、外資系のホテルでは一流のサービスを提供したいと考えているため、さらに学歴には厳しい見方をしているのが現状です。また学部によっても採用されやすい学部や採用されにくい学部があり、特に語学に関連した学部だと有利になる傾向があります。

その他にも大学や大学院の他にも、ホテルに関する知識を学ぶために創設された専門学校が存在しており、卒業することができれば、一流ホテルや外資系ホテルの就職も可能となっています。

さらにホテルマンには学歴が重要であることから、就職後のキャリアステップは高卒よりも難易度が低く、視野を広げて業界内の色々な分野で活躍することが可能なのです。今後、ホテル業界でさまざまな職種に挑戦し、将来キャリアアップしていきたいのであれば、高校だけではなく国公立の大学や大学院、専門学校などに通っておくと良いでしょう。

ホテルマンに英語、韓国語、中国語は必要なの?

ホテルマンは英語ができない場合でもなれる?

ホテルマンはホテルや部署によっては、必ず英語ができないといけないこともあります。特に支配人やマネージャーは、さまざまな国籍のお客様と接する機会が他の部署と比べると比較的多いことから、英語が話せなければ職務に支障がでることもあります。

また、支配人やマネージャー以外にも英語力が必要とされている部署がフロントで、ご宿泊に来られたお客様のチェックインやチェックアウト業務を担っていることから、その際に外国の方の対応をしなければならないことが多々あります。特に外資系ホテルや都市部のホテルでは、外国の方の利用客が一般のホテルと比べると多いことから、求人募集要項の必要な資格や経験にTOEICや語学スキルについて記載されていることがほとんどです。

ですが、ホテルによっては接客マニュアルに英語での対応の仕方を記載しているケースもあるため、必ずしも英語ができないといけないということはありません。

このように、ホテルや部署によっては英語ができないといけないこともありますが、すべてのホテルで必要になるということではないので、TOEICや英語のスキルが必要なのかについては求人募集や面接の際に確認しておくとよいでしょう。

ホテルマンに韓国語と中国語は必要?

ホテルでは、さまざまな国や地域から多くのお客様がご宿泊に来られるため、英語のほかにも韓国語や中国語を話さなければならないこともあります。ホテルマンの中でも、部署によっては必要なスキルの一つとして挙げられている英語ですが、韓国語や中国語のスキルは英語と比べると重要性は低くなっています。理由の一つとして、韓国や中国からの宿泊客の多くが英語を話すことができるため、フロントや接客時の対応では英語を利用することが一般的になっているためです。ですが必ずしも韓国や中国から来られたお客様が英語を話せる訳でもないため、管理職やマネージャーなどの立場のスタッフは韓国語や中国語を話せなければならないケースもあります。

各ホテルの求人募集要項には、英語力や英語に関する資格について記載されていることはありますが、韓国語や中国語についてはほとんど記載されていません。

つまり、一般的には外国からホテルに来られたお客様への対応は英語となっているため、韓国語や中国語を話すことのできるスタッフは必要ではありますが少数で良いということなのです。

ホテルマンの仕事、就職・転職、給料、採用・求人情報を知る_アイキャッチ
ホテルマン(ホテルスタッフ)の仕事内容/種類(職種)/やりがいホテルマン(ホテルスタッフ)とは ホテルマンって何? ホテルマンとは、ホテルで働く従業員の総称であり、それぞれの持ち場ごとにホテルを...
最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる