ホテルマン/ホテルスタッフの仕事情報

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事/給料

ホテルの素敵なディナーイベントの企画は、マーケティング専門のスタッフが行っています。いったいどのような仕事内容なのか具体的に見ていきましょう!給与面やマーケティングの仕事に就く方法もご紹介します。

この記事の見出し

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報は、ホテルの集客を促す重要な役割を持っています。

主な仕事内容は、季節に合わせたイベントの企画や自社ホームページの運営などです。また他の部門との連携も必要で、他部門でイベントを開催する場合は綿密な打合せを行います。そのため企画力はもちろん、コミュニケーション能力も必要な仕事となっています。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事の役割

ホテルのマーケティングホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の役割は、イベントの企画や広報活動を行い広告を利用してホテルへの集客を促す重要な仕事です。

トレンドに合わせた企画書の作成を行う必要があり、各企画の反響によってホテルの評価や利用されるお客様の数に大きな影響を及ぼします。そのためホテル自体の売上販促にも関わってくる仕事となっているため、企業からも重要なポジションとして認識されているのです。

またホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報はサービス業である反面、お客様と接する機会は他の部門と比べると少ないですが、ホテルのイベントの企画やホームページの運営までもを任されているので、お客様にホテルの印象を与える部分の多くを支えています。

他にも企画力やコミュニケーション能力の必要な仕事ですが、サービス向上に努めるとともに販促プランニングを行い、与えられた役割を果たすことでホテルへの集客を担うやりがいのある仕事でもあります。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事内容

ホテルのマーケティングホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事内容は、年間のスケジュールに合わせたイベントの開催や自社のホームページの運営、ディナーショーの企画などを行います。

年間を通して季節ごとにさまざまな行事やイベントがあるので、当日までに打合せを行って企画書を作成し、広報活動などにも力を入れます。

またホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報にとっては、各部門との連携も大切なポジションでもあり、宿泊部や宴会部などとのやりとりで今後のスケジュールについて決定していきます。イベントの際にはポスターの作成や、インスタグラムやツイッターなどのSNS、公式ホームページ上で告知を行ない、広告を通じて多くの人に認知してもらうことでホテルへの集客を販促することも大切な仕事の一つです。

ホテルによってはアーティストを招いてのディナーショーを開催することもあり、招待するアーティストへの出演交渉や選定も、企画・マーケティング部門に任されているので重要な部門といえるでしょう。

また季節ごとのイベントでは、七夕や年末年始、夏祭りなどさまざまな行事があるので、ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報はその都度お客様の喜ぶようなイベントを設計、企画しなければなりません。

イベントの開催日に向けて企画書の準備をしていきますが、広告、広報活動で集客を行っているので必ず当日までにすべての準備を完了する必要があります。万が一ポスターや公式ホームページ上で告知しているにもかかわらずイベントを中止してしまえば、ホテルの信用度が下がることはもちろん、お客様が今後のイベントにも参加されなくなる可能性もあります。そのため、プランニング・マーケティングの仕事では、しっかりと計画性をもって業務を進行することが求められているのです。

またホームページの設計、運営では、イベントの広報活動とホテルの最新情報の更新を行い、訂正しなければならない点や不具合があればすぐに修正を行います。ホテルをご利用されるお客様は、公式ホームページをご覧になってご来客してくださるケースがほとんどなので、ホテルの設備やイベント情報はもちろん、アクセス方法など詳細に記述しなければなりません。またホームページを初めて見てくださる方や、ご高齢の方でも分かりやすくサイトを作成するように心がけることも重要な課題です。特にアクセス方法に関しては、初めてご宿泊される方が迷子にならないように、スムーズにホテルまで足を運べるマップを設計したりもします。

各部門との連携においては、ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事は他の部門から制作物の依頼があれば迅速に作成します。内容については各部門の責任者や担当者と打ち合わせを行い、綿密なやり取りのもと作業を進めていくこととなります。そのため軽快なフットワークで、うまくコミュニケーションが取れていると他の部門からも信頼を得られるので、お互いがスムーズに業務に励むことができるのです。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事の給料(年収)

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事の給料(年収)はどのくらい?

年収 400万円~700万円程度
月収・月給 30万円~50万円程度 ※賞与は別
日給 15,000円~25,000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 1,800円~3,000円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

ホテルの企画・マーケティングの年収は400万円~700万円程度です。月収だと30万~50万円程度となっており、一流ホテルの場合だと年収が1,000万円を超えるケースもあります。

ホテルの部門ごとに見ても比較的年収、給料の水準が高くなっており、月収、時給共に高い部門でもあります。ですが残業が多い半面、残業代を稼げるとともにボーナスを支給している企業がほとんどです。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の手当(深夜・残業など)/賞与・ボーナス

ホテルの企画・マーケティングの仕事では、業務時間内に仕事が終わらないことがあります。その場合は時給換算された残業手当が支給されますが、深夜勤務はほとんどありません。

年収、月収が高い傾向があるので、時給自体も高くなっており、残業が多い月だと給料がかなり多くなることもあります。また賞与については支給されるケースが多く、規模の大きいホテルではボーナスの金額が100万円を超えることもあります。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の勤務時間(労働時間)/休憩/残業

基本的な労働時間は8時間程度ですが、企画・マーケティングの仕事では業務の進行状況によって大きく異なり、さらに長くなることもあります。

休憩時間は、法律で6時間以上の労働に対しては最低でも1時間の休憩時間を設けるように定められているため、どのホテルにおいても最低1時間の休憩時間が設けられています。

また休日は週に2日程度です。

ホテルの企画・マーケティングの仕事では残業になることはありますが、深夜勤務になることはほとんどありません。またスムーズに作業が進んでいれば、残業をすることなく定時で帰宅できるので迅速に業務をこなすことが重要になります。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の雇用形態

ホテルのマーケティングは、正社員又は契約社員のみ募集を行っています。アルバイトやパート、派遣社員での採用はないので注意しましょう。また契約社員を経て正社員になることもできるので、そういった制度があるのか面接や求人票で確認しておくとよいでしょう。

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 なし あり なし あり

マーケティングの仕事は、正社員以外では契約社員での募集を行っているホテルがあります。ですが、アルバイトやパート、派遣社員での募集は行われていないので注意が必要です。

また契約社員から正社員になることが可能な企業も存在しているので、正社員として企画・マーケティングの仕事に携わりたいのであれば事前に確認しておくとよいでしょう。

いち早く正社員として働きたいのであれば、正社員での募集を行っているホテルに応募してみるのも一つの方法です。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報になるには

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報になるにはどうすればいいの?

マーケティングプランナーになるには、専門学校や大学から新卒として採用されるか、営業部門で採用されたのちにマーケティング部門に配属してもらうケースなどがあります。どちらの場合でもマーケティングに関する知識や営業力、コミュニケーション能力などが求められているため日々スキルアップに励むことが大切です。

またマーケティング職へのキャリアステップは、営業職やマネジメントの経験者、店舗運営経験を経て採用されたり、大学や大学院から新卒として採用されて就くことができます。また、ホテルによっては年間の優秀者を表彰する制度を設けていることもあるため、実績として自身の凄みとなってさらに格式高いホテルのマネジメント職への道も切り開くことができます。

新卒採用でホテルのプランナー(プランニング)職が募集されることはあるの?経験者や中途採用だけ?

ホテルの企画・マーケティングの仕事の募集は、一般的には経験者や中途採用になりますが、新卒での採用がまったくないわけではなく、ホテルによっては毎年新卒の募集を行ってるケースも多くあります。

新卒の場合は、大学や大学院を卒業している又は卒業の見込みがあるといった条件を提示している企業が大半で、高卒で採用されることありません。

また中途採用の場合では、マネジメントやコンサルティングの経験、店舗運営の経験などさまざまな経歴を必要としている場合がほとんどです。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報に採用されるのに必要なスキル/経験/資格

ホテルのマーケティング・プランニング職にはさまざまな経験とスキルが必要とされています。

  • マネジメント力や営業力
  • コミュニケーション能力
  • スーパーバイザーやコンサルティング業の経験
  • 店舗の運営経験(主にサービス業)
  • ホテルのレベニューマネジメントの経験
  • インターネットやSNSを使用しての情報収集能力 など

さらに営業力やコミュニケーション能力なども必要なスキルとして挙げられており、自身の経歴や面接の際の態度、人間性などが採用の可否に大きな影響を及ぼすこととなります。

このようにホテルのマーケティング・プランニングはさまざまなスキルや経験が求められている職であり、各ホテルの求人募集要項では上記以外の経験やスキルが必要であると明記されていることもあります。

そのため応募する際は、その都度ホテルごとに必要な経験とスキルを確認していなければならなく、基準を満たしていない場合は採用の可否で不利になる可能性も否めません。また資格に関しては特に必要ではなく、実務経験や個人の能力など人物重視での採用を心がけている企業が多いです。

ですのでホテルの企画・マーケティング職に採用されるために特に重要なポイントとしては、

  • 各ホテルごとの応募要項を満たしているかしっかりと確認する。
  • 面接や履歴書で強みとなる実務経験を積む。

この2点を押さえておくと良いでしょう。

また未経験の場合は、営業職や他の部門で採用されたのちにマーケティング部門への配属を目指すことも視野に入れておきましょう。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事のやりがい/大変なこと/向いてる人

ホテルのマーケティングプランナーの一番のやりがいは、一生懸命考えた企画やイベントに来られたお客様に喜んでいただけることでしょう。常にアンテナを張り巡らせて情報をキャッチしなければならなく、促進プランニング、企画・運営のほとんどの部分を任せられているので大変な仕事でもあります。また企画力やコミュニケーション能力に長けている人が求められており、マネジメントに挑戦してみたい人に向いている仕事といえるでしょう。

人と接するのが好きだったり、企画を考えるのが好きであれば自身に向いている仕事の一つといえるでしょう。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方

面接の際の志望動機や履歴書、職務経歴書についても自身のアピールポイントを抑えて、企業側に分かりやすく伝えるように心がける必要があります。

ホテルの企画・マネジメントの求人情報は、職業安定所やインターネットの転職サイトから探すことができます。どちらの方法で検索したとしても給料や休日についての記載はあるので、自身の状況に合わせて利用しやすいものを使ってみるとよいでしょう。

ホテルのプランナー(プランニング)・企画・広報の面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツ

ホテルのマーケティングの求人に応募した場合、必ず行われるのが就職面接です。就職面接では志望動機や現在までの経歴、通勤方法、給料についてなどさまざまな事柄について質問されます。特に志望動機に関しては採用の可否に大きく影響を与える質問であるため、事前にしっかりと考えておく必要があります。またマーケティングの仕事では、スキルや経歴のほかにも人物重視で採用か否かを決定する傾向があるので、一つひとつの質問に対して自信を持ってしっかりと受け答えするように心がけましょう。

また履歴書や職務経歴書を記載する際にも、丁寧な字で誤りのないように注意する必要があります。特に就職面接の前に書類選考が行われるケースでは、履歴書と職務経歴書の重要性はかなり高いものとなってきます。

就職面接と履歴書のどちらにおいても、自身のセールスポイントをしっかりと企業側に伝えることで、採用について前向きに検討してもらうことができるのです。

ホテルの企画・マーケティングの求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

就職や転職の際のホテルの企画・マーケティングの求人情報は、職業安定所やインターネット内の転職サイトで探すことができます。職業安定所は各都道府県ごとに存在しており、基本的には平日の日中の時間帯に利用可能となっています。求人募集の検索方法は、施設内に設置してあるコンピュータから行うようになっており、アルバイトやパート、正社員など新着の求人情報が更新されています。また求人に応募するためには、求職者登録をしなければならないので注意しましょう。年収や給料についても記載されているので、各ホテルごとに比べることもできます。

インターネットで求人募集を探す方法では、転職サイトを利用するとスムーズに自身にあった求人を見つけることができます。転職サイトにはさまざまなサイトが存在しているので、使い勝手の良いサイトを見つけて登録しておくと良いでしょう。登録自体は無料となっているサイトがほとんどなので、一つのサイトに限らず、いくつかのサイトに登録してみるのも策といえます。

 

ホテルのマネジメント職は、お客様の楽しめる企画を考えたり、各部門と連携してホテルをより良いものにしていく重要な役割を持った仕事です。お客様の満足した笑顔がやりがいとなって、今後のホテルの成長へと繋がっていくことでしょう。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる