旅館の仕事情報

旅館の支配人の仕事内容/給料(年収)

ホテルとは一味違った楽しみ方のできる温泉旅館には、施設の責任者といえる支配人の存在があります。一体どのようにすれば旅館の支配人になることができるのか具体的に見て行きましょう!

この記事の見出し

旅館の支配人の仕事内容を教えて

旅館の支配人の仕事内容をざっくり言うと

旅館の総支配人の役割は、旅館の最高責任者として事業を円滑に運営していくとともに、各部門の従業員の指導、教育を行うことです。また施設内で発生したトラブルの責任を負わなければならない立場であり、業務上の問題点が見つかれば迅速な対応をしなければなりません。

仕事内容については、人事やスタッフのシフト管理、お客様の対応などさまざまです。また支配人として最も重要な仕事は、旅館の用度や売上管理、コストコントロールです。売上の管理に関しては事業を円滑に展開していくうえで最も重要な業務のひとつであるため、総責任者である支配人がその役目を担っているのです。お客様対応では通常のフロント業務と同様で、電話対応や予約の受付を行います。

このように支配人というのは責任ある立場でありながら、さまざまな業務に従事しなければならないため大変な一面もあります。ですが一つの旅館を自身の手で動かしていける上、トップとして従業員を先導していけるやりがいのある仕事ともいえるでしょう。特に、リーダーシップや向上心がある人にはとても向いている職業でもあり、未経験であっても支配人の仕事に興味があるのであれば挑戦してみるのも良いでしょう。

旅館の支配人ってどんな役割の仕事?

旅館の支配人は、旅館の総責任者という立場で従業員の統率を任されている重要な役割を担っています。また現場の最高責任者として従事し、事業を円滑に運営させていく上でも重要なポジションとして捉えられています。

旅館には各部門ごとに多くの従業員が勤めており、それぞれの部門の責任者が指揮を取ることが一般的です。その責任者の上司ともいえるのが支配人であり、各部門の責任者への指示を任されています。つまり現場の最高責任者である支配人の指示が、各部門の末端まで影響を及ぼすので些細なミスも許されないのです。ですが各部門ごとに従事している責任者たちは、協力的に支配人を支えるような仕組みが構築してあるのが一般的であるため、なにか問題があったとしても部門内で対処できるように信頼できる人物が配置されています。そのため支配人又は総支配人がすべての問題に対して解決する必要はなく、各部門で処理しきれない問題にのみ対処するようになります。

旅館の支配人って具体的にどんな仕事や業務をするの?

旅館の支配人、総支配人の仕事内容にはさまざまなものがあり、

  • 旅館で働くスタッフのシフトの管理、人事
  • お客様からの予約対応・電話対応
  • 人材の育成
  • 旅館の売上管理・コスト削減

などが挙げられます。

まず旅館で働くスタッフの管理では、適切な人員の配置や各従業員ごとのシフトの管理などを行います。特に重要となるのが人員の配置であり、それぞれのスタッフの力量を把握していなければなりません。個人の能力や適性に応じて人員の配置を行い、円滑に業務の進行ができるよう努めるのが旅館の支配人の仕事なのです。

次にお客様対応については、旅館のフロント業務とほとんど変わりありませんが、会社役員の方や著名な方がご来客されたときに対応に当たるのは旅館の支配人の仕事です。その他のお客様対応では、一般のフロントスタッフと同様に、電話での宿泊の予約対応やお問い合わせ対応などの内務を行います。またお客様からのクレームで一般従業員で解決できない場合は、旅館の支配人が直接お客様と立ち合い、クレーム処理をすることもあります。ですが基本的には支配人が対応しなければならないクレームはほとんどなく、各従業員が旅館で定められているマニュアルに沿った対応をして問題を解決できるよう努めています。

人材の育成では旅館で働く従業員の指導を行い、スタッフ全体がスキルアップを図れるよう努めます。特に各部門の責任者の育成を担うことが支配人の役目であり、それぞれの責任者が各部門のスタッフの指導、育成を行います。すべてのスタッフにマニュアルを徹底させるとともに、旅館をご利用されるお客様により良いサービスを提供できるよう最善を尽くさなければならないのです。

また旅館の支配人の重要な役目として、旅館の売上の管理やコストコントロールが挙げられます。売上の管理、コストコントロール共に企業にとって重要な業務として扱われていますが、特にマネージャー業務のコストコントロールについては、旅館の今後の売上にも直結してくるので豊富な知識や経験が求められています。

このように旅館の支配人の仕事内容にはさまざまなものがあり、責任者として健全な経営ができるよう日々、努力しているのです。

万が一のことがあれば責任を負わなければならない立場でもありますが、トップとして旅館を支えるとてもやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

旅館の支配人のやりがいや大変さはどんなところ?どんな人に向いてる??

旅館の支配人として職務に従事するということは、旅館の総責任者として責務を果たさなければならないため大変な一面もあります。まず責任者として従業員の育成や人事を行う点においては、自身の采配で業務の進行状況が変わってくるためプレッシャーを感じることもあります。ですがうまく配置することができれば各部門の責任者やマネージャーからのバックアップを受けられますし、上層部からの評価を高められる可能性もあります。つまり支配人は重要な任務を任される一方、売上や来客数など成果が目に見てわかるので会社から評価されやすいといった利点があるのです。もちろん評価が高ければ、自身の給料や賞与が高くなることも充分にあり得ます。

上記のことから、旅館の支配人に向いている人は以下のような人です。

  • リーダーシップがあり、人の上に立ちたいと考えている。
  • 温泉旅館の支配人に挑戦してみたい!
  • ホテルのスタッフ又はジェネラルマネージャー経験がある。

上記に1つでも当てはまるのであれば挑戦してみる価値はあるでしょう。また一つも当てはまらなかったとしても、少しでも興味があるのであれば知識として学んでおくと便利です。

旅館の支配人の仕事には大変な一面もありますが、自身の力で旅館をより良いものにしていく、やりがいを感じられる仕事でもあるのです。

旅館の支配人の給料・年収を教えて

旅館の支配人の給料・年収をざっくり言うと

旅館の支配人の年収は400万円~600万円程度です。月収は30万円~40万円となっており、他のスタッフと比べると比較的高くなっています。また賞与については支給されるケースと支給されないケースがあるので、求人情報や面接の際に確認しておくとよいでしょう。

支配人の仕事では、繁忙期の忙しい時期には時間外労働になることが多く、年中残業がある企業ではみなし残業手当を支給しているケースも存在しています。

旅館の支配人の給料(年収・月給・時給)はどのくらい?

年収 400万円~600万円程度
月収・月給 30万円~40円程度

※賞与は別

日給 15,000円~20,000円程度

※一か月あたり20日働いた場合で計算

時給 1,800円~2,500円程度

※一日あたり8時間働いた場合で計算

旅館の支配人に手当(深夜・残業など)や賞与・ボーナスはあるの?

支配人の仕事に携わる上で時間外労働を行った場合、法律に基づいて割り増しされた賃金が支払われます。残業代についての取り決めは労働基準法で定められており、給料を時給換算した金額の1.25倍が加算されます。また深夜手当に関しては、22時から5時の間の時間帯の労働に対して、通常の賃金を時給換算した金額の1.25倍が加算されます。つまり日中から働いて深夜手当の支給対象時間に労働を行った場合は、通常の賃金の50%増しの時給が給料として支払われるということになるのです。

ですが旅館の支配人の仕事では深夜勤務になることはなく、基本的には日中の勤務となっているます。残業については繁忙期の忙しい時期には時間外労働となるケースが多く、企業によってはみなし残業手当を支給している場合もあります。

また月収以外に給料面で年収に関わってくる賞与ですが、企業によってさまざまで支給されるケースと支給されないケースがあります。ですが旅館の支配人は総責任者として役職のある立場であることから、月収が他のスタッフと比べて高く設定されているため、年収自体は安定している傾向があります。賞与の支給の有無については、各旅館の求人情報や面接の際に確認しておくとよいでしょう。

旅館の支配人の勤務形態や働き方を教えて

旅館の支配人の勤務形態や働き方をざっくり言うと

旅館の支配人の勤務時間は、残業がない場合だと8時間程度です。また深夜の勤務になることはなく、基本的には日中の業務となることがほとんどです。

休みに関してはシフト制で管理されているため、土日や平日に関係なく休日が与えられています。ゴールデンウィークやお盆休みなどの長期休暇のない旅館もありますが、時期をずらして休暇を取得できる企業もあります。

通勤方法については特に規定を設けている企業はなく、自動車や公共交通機関などを利用して通勤できます。また支配人候補として入社した場合は、旅館が必要と認めた期間については研修が行われます。

旅館の支配人の勤務時間(労働時間)・休憩はどれくらい?

旅館の支配人の勤務時間は、日中の時間帯で残業がない場合だと8時間程度です。企業によっては年間を通して残業があるケースもあるため、各旅館ごとに確認しておく必要があります。また休憩に関しては、6時間を超える労働に対しては1時間以上休憩時間を設けるよう法律で定められているため、最低でも1時間以上の休憩時間を確保することができます。ですが毎日同じ時間に休憩できないこともあり、現場が忙しい時には時間をずらして休憩することもあります。

旅館の支配人に深夜の仕事や残業はあるの?

旅館の支配人の仕事では、深夜の勤務になることは基本的にはありません。ですが支配人候補として採用された場合は、業務内容を覚えるために深夜勤務になることもあります。また残業に関しては旅館ごとに異なっており、まったく残業がない企業もあれば年中残業があるケースもあります。

旅館の支配人の仕事にシフトや休みはあるの?

旅館の支配人の勤務はシフト制で管理されていることがほとんどです。そのため土日や平日に関係なく休みがあり、ゴールデンウィークやお盆休みなどの長期休暇に関しては、時期をずらして取得するケースもあります。ですが旅館によっては上記のような長期休暇を取ることが困難な場合もあるので注意が必要です。

旅館の支配人の通勤の方法や研修の有無についても教えて

通勤方法については特に規定を設けている企業はありません。自身の状況に合わせて、車や自転車、公共交通機関を利用して通勤することができます。また研修については支配人候補として採用された場合、数か月の間、研修を受けるようになります。

旅館の支配人の一般的な雇用形態を教えて

旅館の支配人の一般的な雇用形態をざっくり言うと

旅館の支配人の雇用形態は、アルバイトやパート、派遣社員での採用はなく、正社員又は契約社員のみとなっています。また支配人には旅館の責任者としての立場があるため、正社員として採用されることが一般的です。ですが支配人候補として採用されるケースにおいては、契約社員での雇用もあるため経験が浅い場合でもチャレンジすることができます。

また支配人候補として採用された場合は、旅館ごとの判断により正社員として支配人を任されることとなります。万が一、支配人として適任でないと判断されれば正社員への登用は困難になるので、研修期間中は上層部から認めらるよう努力する必要があるのです。

旅館の支配人の一般的な雇用形態・契約の種類

形態 アルバイト・パート 契約社員 派遣社員 正社員
募集 なし まれにあり なし あり

契約社員から正社員になることはできるの?

支配人の雇用形態ではアルバイトやパートでの採用はなく、正社員または契約社員のみとなっています。

雇用形態が契約社員の場合は、採用後から支配人として働くのではなく、支配人候補として実務経験を積むケースがほとんどです。支配人候補として採用されたのちには、個人の能力や企業の方針によって一定の期間が経過すると支配人の職を任されるようになります。

支配人として働くようになると、雇用形態が契約社員から正社員に変更されるのが一般的です。ですが企業側に支配人として旅館を任せられないと判断されれば支配人の職に任命されることはなくなるため、研修期間中は業務に専念し、上層部からの信頼を得る必要があります。

上記のことから、支配人候補として採用されたのちに、正社員として支配人に任命される可能性もあるのです。

旅館の支配人の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方を教えて

旅館の支配人の仕事に就職・転職するための方法や求人募集の探し方をざっくり言うと

旅館の支配人になるには、旅館やホテルなどの宿泊施設での実務経験を積んだり、支配人候補として入社したのちに支配人を目指す方法などがあります。支配人としてのキャリアを積めば、有名旅館の支配人への道も開ける可能性も充分にあります。そのため新卒での採用は難しく、基本的には中途採用のみとなっています。

また専門学校やスクールに通う必要はないですが、専門的な知識や宿泊業界について学んでみたいのであれば通うことも視野に入れてもよいでしょう。

支配人に求められるスキルや経験には、

  • 宿泊施設での支配人・副支配人の実務経験
  • 人材の育成経験
  • スーパーバイザー経験
  • リーダーシップや判断力
  • 売上やスタッフの管理能力
  • マネジメント経験 など

があり、ほとんどの企業では経験者を優遇しています。そのため未経験であるのであれば、フロント業務やマネジメント業務での実務経験を積むなどしてスキルアップを図ることが大切になります。

就職面接ではしっかりとした受け答えができるように準備しておくことと、履歴書や職務経歴書についても丁寧な字で記入するように心がけましょう。

また求人情報の検索については、職業安定所やインターネット内の転職サイトを利用するとスムーズに就職活動が行えます。

旅館の支配人になるにはどうすればいいの?キャリアステップは?

旅館の支配人になるには、ホテルや旅館などの宿泊施設で実務経験を積む必要があります。そのため新卒での採用は行っておらず、中途採用が一般的になっています。またどの企業においても未経験や経験の浅い人物に責任者を任せることはなく、経験豊富な人物を配置したいと考えているのです。

また旅館の支配人としての経験が長く、知識も豊富であれば有名な旅館の支配人への道も開けるといったキャリアステップもあります。有名旅館にもなると一般的な旅館とは収入面でかなりの違いがあり、場合によっては年収が1,000万円を超えることもあるので夢のある仕事と言えるでしょう。

旅館の支配人になるには専門学校やスクールに通う必要はあるの?

旅館の支配人になるために、専門学校やスクールに通う必要は特にありません。旅館側としては実務経験やスキル面を重視している傾向があるため、学校で学んだ知識についてはあまり重視していないのです。

ですがホテルや旅館などの宿泊施設で働くための専門学校やスクールでは、フロント業務のほかにも管理者や支配人としての知識を身に着けることができるコースもあるので、実務経験を積んだのちに支配人を目指すのであれば知識を身に着ける上では良い方法のひとつと言えるでしょう。また実習を行っている専門学校やスクールが大半であるため、実務経験を積む前にホテルマンや旅館のスタッフとしての基本的な知識を身に着けられるメリットもあります。

旅館の支配人になるためには専門学校やスクールに通う必要はありませんが、就職する前に専門的な知識を学んでおきたいといった場合や、時間やお金に余裕があるのであれば自身の状況に合わせて利用してみるとよいでしょう。

旅館の支配人に採用されるのに必要なスキル、経験や資格はあるの?

旅館の支配人として採用されるには必要な資格はありませんが、以下のようなスキルや経験が必要になります。

  • 温泉旅館、ホテルなどの宿泊施設での支配人・副支配人の実務経験
  • 人材の育成経験
  • スーパーバイザー経験
  • リーダーシップや判断力
  • 売上やスタッフの管理能力
  • マネジメント経験 など

このように旅館の支配人は、旅館のトップとして業績を向上させていかなくてはならないため、さまざまなスキルや経験が必要とされています。また企業によっては採用条件が異なることがあるので、面接の際や求人情報などでしっかりと確認しておきましょう。

旅館の支配人の面接で志望動機を聞かれたりしたときや、履歴書や職務経歴書作成のコツはある?

就職面接の際には、現在までの経歴や資格の有無、志望動機などについて質問されるため面接官にしっかりと伝わるように答えなくてはなりません。特に志望動機については採用の判断をする際に重要な項目となるため、事前に内容を考えて本番の就職面接に備えておく必要があります。その他にも企業によっては年収や給料面の希望についても尋ねられることがあるため、すぐに対応ができるように頭に入れておくと良いでしょう。

また旅館の支配人の仕事は旅館の経営に大きく影響を与えるので、企業としては経験豊富で信頼のおける人物を選任したいと考えています。そのため新卒での採用はなく中途採用のみとなっており、旅館の一般スタッフの就職面接と比べると、上記以外にもさまざまな質問をされる可能性が高いので注意が必要です。

就職面接と同様に、採用の可否に関わる重要なものには履歴書や職務経歴書もあります。求人募集に応募したのちに面接が行われる場合は直接自身のアピールポイントを面接官に伝えることができますが、書類選考を通過した者のみ面接が行われるといった場合においては履歴書や職務経歴書の内容はかなり重要になると捉えることができます。そのため丁寧に記述することはもちろん、志望動機の欄には自身の伝えたいことが伝わるように分かりやすく記述することが重要です。

履歴書や職務経歴書は誤字脱字がないように気を付けて、就職面接の前には充分に準備しておくと良いでしょう。

旅館の支配人の求人募集や就職・転職情報はどうやって探せばいいの?

旅館の支配人の求人募集は、各都道府県ごとに設置されている職業安定所やインターネット内の転職サイトで探すことができます。職業安定所では、職種やアルバイトやパート、正社員などの雇用形態ごとに分けて数多くの求人募集情報を閲覧することが可能となっており、就職活動の際には非常に役立つ施設として知られています。

求人募集情報の閲覧には施設内に設置されている専用のコンピューターを使用し、気になる求人があればコピーを取ることもできるのです。また求人募集に応募するためには求職登録をする必要があり、未登録の場合は応募できません。ですが、求人情報の閲覧は未登録であったとしても可能なので、時間があれば利用してみるとよいでしょう。

次にインターネットから求人募集情報を探すには、転職サイトを利用すればスムーズに転職情報を見つけることができます。転職サイトにはさまざまなサイトが存在しており、運送業や介護福祉などの特定の業種のみ扱っているサイトや、すべての業種の求人情報を掲載しているサイトがあります。数ある転職サイトの中から、自身にとって使い勝手の良いものや、情報量の多いサイトを利用してみるのが良いでしょう。

 

責任者としてお客様に心から楽しんでいただけるよう努めている支配人。大変な一面もありますが、自身の考え一つで旅館を運営していける魅力あふれた仕事なのです。

最初に登録するなら東京求人センター



東京求人センターは今最も勢いのあるホテルで働きたい方向けの人材紹介会社で、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

理想の働き方に合わせた求人が見つかる【新宿・東京求人センター】

まずは無料で話を聞いてみる